• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

一徹上司、女子社員を泣かす。

【第4回】 オールドタイプ上司の可能性と限界

  • 稲垣 公雄

バックナンバー

2010年6月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

これまで、組織にマイナスの影響を残すことが多い管理職「スネオ」型「マスオ」型「ダメおやじ」型を紹介してきた。すると読者から「そろそろプラスの話も聞きたい」という声も聞かれるようになった。そこで、今回ご紹介するのは、「星一徹」タイプだ。部下に厳しいこのタイプはどんな行動が特徴なのか。深夜、丸定商事のオフィスで物語が始まった。

2010年7月1日23時30分。 丸定商事・営業1課――。

 23時30分――。石田美子は時計を見てげんなりした。まもなく、終電の時間だ。とてもじゃないが、間に合いそうにない。この1週間ずっとこの調子だ。自分でもそろそろ限界だと思う。どうしたらいいのだろう? 昼間の「一徹」の声がよみがえってくる。

「もう1回、やり直し――。俺が客ならこの企画書じゃ買わん」

 美子はもともと事務職だった。今年度になってから、初めて営業の仕事に取り組んでいる。6月に入って、初めての営業提案を任されることになった。その提案が明日の午後だというのに、今日の夕方になっても、まだ課長からOKがもらえない。

 美子の上司、星野一哲。営業1課、課長。通称「一徹」。いわずと知れた『巨人の星』の星飛馬の父、星一徹がモチーフだ。

「だいじょうぶか~?」
「中川くん――」
「ほら、差し入れ。石田さんらしくない顔してんなー、今にも倒れそうって顔してるぞ」 「だって…」

 菓子パンとチョコレート。そして、エスプレッソティー。

「ちょっと、見せてみなよ」

 2課の中川は、美子より入社年次は1年下だが、生まれ歳は同じだ。中川は3カ月前に、営業に来たばかりだが、美子は今の部署に異動したのは3年前になる。3カ月前には中川は営業については全くの素人で、美子がいろいろ教えてやった。しかし、この数週間は立場が逆転している。

「私、営業のことならなんでも知っているつもりでいたのに…」
「石田さんはなんでも知っているよ。俺は右も左もわからなくて、いろいろ教えてもらったじゃん」
「でも、私、本当は何にもわかっていなかった――」
「いやぁ、この企画書はそんなに悪くないと思うよ。星野課長には何て言われてるの?」
「それが、具体的には何にも言ってくれなくて――」
「まぁ、そうだろうな。ちょっと待ってろよ」

 しばらくすると、中川は自分が営業になった3カ月前に、初めて取り組んだ企画書のファイルを持ってきた。

「これが、最初に俺が作った企画書。それから、これが最終版。どう?」
「全然、違うね――」
「いや、見た目の違いじゃないんだよ。何が変わったかというと…」

2010年7月2日8時15分。 丸定商事・営業1課――。

 沈黙が続く。星野課長の資料をめくる音だけが早朝のオフィスに響く。星野が、顔を資料に向けたまま口を開いた。

画像のクリックで拡大表示

「――。昨日は何時までかかった?」
「…結構、遅かったです」

 結局、美子は明け方の4時前までオフィスに残って作業をした。タクシーで自宅に戻り、シャワーだけを浴びて始発電車で会社に舞い戻った。星野はいつものように8時すぎには出社してきた。

コメント12

「スネオ課長とマネージャー島耕作」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック