• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

便所掃除を徹底しても、生産性は上がらない

経営者が振りかざす精神論は「良い現場」実現の阻害要因

  • 大矢 昌浩

バックナンバー

2010年7月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 掃除を重要視する経営者は多い。率先して便所掃除に精を出す経営者も珍しくない。当たり前のことを徹底できる組織にするのに、掃除はうってつけということらしいが、筆者はどうも眉唾だと感じている。

 物流現場の運営においても「整理・整頓・清掃・清潔・躾」を意味する「5S」の徹底は管理の基本とされている。実際、何がどこにあるのか分からないような現場では、いちいち時間を無駄にしてしまう。

 しかし、掃除の行き届いた現場が必ずしも良い現場とは限らない。その反対に、雑然とはしているけれど、抜群に生産性の高い現場、儲かっている現場を、これまで筆者は数多く目にしてきた。

 QCサークル活動も同様で、これもまた一般には日本的経営の強みとされ、物流現場でも広く実施されているが、果たしてその活動が生産性にどれだけ貢献しているのか、疑問に感じることが少なくない。

効果がはっきりしない5SやQC

 そんな筆者の違和感を裏付けるような調査結果が手元にある。

 庫内作業の生産性の高い物流拠点、いわゆる“良い現場”は普通の現場とどれだけ違うのか。筆者の発行する「月刊ロジスティクス・ビジネス(LOGI-BIZ)」で国内193社・294拠点の実績データを収集して分析した。今年2月に実施した調査の結果は、図1の通り。

 作業員1人1時間当たりの処理行数(注文数)を生産性の尺度とした時に、生産性の高い上位20%の現場と下位80%の現場では、生産性の平均値に5倍以上の違いがあった。上位20%と全体の平均値を比べても約3倍の差があった。

 同調査では、5SやQCサークルなどの代表的な改善手法についても、その実施状況と各現場の生産性にどのような関係があるのかを調べている。その結果、5SとQCサークルは、その現場の生産性と負の相関にあることが分かった。

 5S活動を実施している現場の生産性の平均値は1人1時間当たり21.5行で、5Sを実施していない現場の平均値25.2行よりも低かった(図2)。

コメント29件コメント/レビュー

>日本のサービス業の生産性が低いとすれば、それは合理性を
>無視した精神論を振りかざし、献身的な活動を現場に強要する
>管理者側に原因がありそうだ。必要以上に掃除を礼賛する経営者は、
>その元凶ではないかと疑っている。

こういうこと言える人がもっと居れば、日本の労働生産性も上がるんでしょうにねぇ。
うちの社長は小山昇っていう、まさにトイレ掃除(しかも素手でw)とかを
やらせて喜んでるコンサルタントに心酔してて、製造業なのに
生産性とは一切関係ない窓のサンの汚れとかを一生懸命掃除させていますわ。

QCサークルも大好きで、赤字と黒字を行ったり来たりの低レベルな業績なのに、
他の企業のお客さんが来ると鼻高々にQCサークルをやってる自慢ばかりしてます。
挙げ句の果てには、業績良くないのに他社のコンサルタントまでやる始末w
あ〜もっとまともな会社に行きたいですw(2017/12/09 02:58)

「すべては倉庫番が知っている」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>日本のサービス業の生産性が低いとすれば、それは合理性を
>無視した精神論を振りかざし、献身的な活動を現場に強要する
>管理者側に原因がありそうだ。必要以上に掃除を礼賛する経営者は、
>その元凶ではないかと疑っている。

こういうこと言える人がもっと居れば、日本の労働生産性も上がるんでしょうにねぇ。
うちの社長は小山昇っていう、まさにトイレ掃除(しかも素手でw)とかを
やらせて喜んでるコンサルタントに心酔してて、製造業なのに
生産性とは一切関係ない窓のサンの汚れとかを一生懸命掃除させていますわ。

QCサークルも大好きで、赤字と黒字を行ったり来たりの低レベルな業績なのに、
他の企業のお客さんが来ると鼻高々にQCサークルをやってる自慢ばかりしてます。
挙げ句の果てには、業績良くないのに他社のコンサルタントまでやる始末w
あ〜もっとまともな会社に行きたいですw(2017/12/09 02:58)

QC小集団活動が物流現場で行われている事例は少ないと思います。トイレ掃除も、物流現場で行っている会社がどれだけあるのでしょうか? かなり少ない事例を取り上げての記事なので、議論が浅すぎると思いました。そもそも、生産性を伝票処理行数のみで比較するという論法も乱暴です。専属の配送センターの話しなのか、営業倉庫の話しなのかも分からない。物流現場のQCテーマで多いのは、「在庫差異をなくす」「貨物破損事故を減らす」「出荷ミスをなくす」と言ったテーマです。結果としてこれらが品質面での事故を少なくし、処理行数が増えていくことにつながると思います。ある意味、シックスシグマをやった方がいいぞ!というような意見にも聞こえました。(2010/07/08)

管理すれば生産性はある程度落ちるのはやむを得ない。単位時間当たりの注文処理件数が増加して生産性が上がるという単純な計算はその通りだろう。しかし、誤処理の復旧・回復、追跡性の問題などはどうなのか。また整理整頓は衛生管理上重要な現場もあるに違いない。(2010/07/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授