• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第1回 「グローバルな人材は社内の飲み会にも積極的に出かける、ってホント?」

2010年7月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 グローバル化の波が押し寄せる中、企業で求められる人材像は大きく変化しつつあります。欧米型の「スーパードライ」な職場環境を良しとするなら、オフィスの人間関係は今後ドライになっていきそう。ですが、単なるドライな社員の集合体では、本来の日本企業の持ち味や強さを発揮できない気もします。

 多くの日本企業が求める「グローバルな人材」とは何か。グローバル化の波の中で、日本企業はどんな職場を目指すべきなのか。つい最近までドライな社員だった(と、自分では思っている)ワタシが抱く素朴な疑問について、元リクナビ編集長で人材育成のプロであるアニキ(前川孝雄氏・FeelWorks代表取締役)と共に考えていきます。いわばグローバル化する日本の職場の“幸福論”です。

 なお、この連載は2010年7月26日発売の日経ビジネスのグローバル人材の採用に関するリポート記事のプロローグとして、企業で働く側の視点に立った内容を掲載していきます。7月26日号のリポートも是非、ご覧下さい。お申し込みはこちらです。

 梅雨明け間近ですが、毎日毎日、本当に蒸し暑いですね。
 こんな日は、仕事帰りに「ぷはーっ」と一杯、ビールでも飲みたいところですよね。

 ――と、ここで質問です。こんなとき、あなたならどちらを選びますか?

A.「ちょっと一杯、行きましょうよ」と、隣の先輩を誘って飲みに行く
B.仕事を切り上げ自宅に帰り、ひとり缶ビールをプシュッと開ける

 ちなみにワタシは、★年前に入社してからごく最近まで、迷わずBを選んでいました。「飲みに行く暇があったら、早く仕事を終わらせなくちゃ。スキルを磨いて、必要とされる人にならなくちゃ」と常に焦っていました。

 でも、最近なんとなくAを選ぶようになりました。今も相変わらず、落ちこぼれ意識でいっぱいなのに、です(締め切りもたくさん抱えてるし)。

 我ながら、「なぜ?」と思っています。一体ワタシに何が起きたのでしょうか。

ネット上で若手とオジサマが大バトル!

前川 孝雄(まえかわ・たかお)氏
リクルートにて「リクナビ」「ケイコとマナブ」など、キャリア応援メディア編集長を歴任。2008年に独立し、人材コンサルタント会社「FeelWorks」を設立。なお、アニキはネット炎上事件(今記事参照)を受けて、7月28日(水)に「脱!無縁職場」と題したシンポジウムを東京国際フォーラムにて開催します。その模様も後日、この連載でお伝えする予定です

 そんな折、数年来お世話になっているアニキ(人物像は右を参照)からメールが届きました。

 「瀬戸ちゃん、大変や! 俺の書いた本が、ネット上で大騒ぎになってて。コメント5000件、ネット炎上や!!」

コメント30

「ドライな社員じゃダメですか? ~入社★年目女子のつぶやきリターンズ~」のバックナンバー

一覧

「第1回 「グローバルな人材は社内の飲み会にも積極的に出かける、ってホント?」」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト