• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の民主主義には「仁」の精神がなくなってしまった?

渋沢栄一を経てグローバル化した『論語』の旅をたどる〈5〉

2010年7月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 渋沢栄一は、設立にかかわった会社が約470社あり、主な所だけを挙げていっても、次のようになります。抄紙会社(のちの王子製紙)、東京海上保険会社(のちの東京海上火災)、日本郵船、東京電灯会社(のちの東京電力)、日本瓦斯会社(のちの東京ガス)、帝国ホテル、札幌麦酒会社(のちのサッポロビール)、日本鉄道会社(のちのJR)…。

 さらに、かかわった社会事業は600団体前後あるともいわれ、やはり有名どころを挙げると次のようになります。東京商法会議所(のちの東京商工会議所の前身)や、東京株式取引所(のちの東京証券取引所の前身)、東京市養育院、東京慈恵会、日本赤十字社、聖路加国際病院、一橋大学、神戸大学、早稲田大学、二松学舎大学…。

 知れば知るほど、近代屈指の偉人の一人だと思い知らされる活躍ぶりですが、しかし、その割に一般的な知名度はいま一つな面があります。

 たとえば筆者が、さる大企業の研修にうかがったさい、こんな経験をしました。渋沢栄一関連のネタを挟みつつ『論語』関連の講義をして、終わった後に懇親会に出席すると、出席者の一人からこう言われたのです。

 「いやー、渋沢栄一ってはじめて聞きましたが、すごい人なんですね」

 よくよく話をうかがうと、その人は理系畑を歩んでいて、そもそも歴史にほとんど興味がなかったとのこと。確かに、立場を変えて考えてみれば、こちらだって理系の知識は「サイン、コサイン、タンジェントって何だっけ」と思ってしまう程度の理解力しかないので、どっこいどっこいの話なのかもしれませんが…。

 しかし、それにしても活躍の度合いに比べて、知名度が低過ぎると思えてならないわけです。一体なぜこうなってしまうのか…。

 まず考えられるのは、その名前が冠せられる象徴的、かつ派手な団体や事象に乏しいことがあります。坂本龍馬といえば、「海援隊」に「薩長同盟の仲介」。吉田松陰といえば「松下村塾」。岩崎弥太郎といえば「三菱グループ」。福沢諭吉といえば「学問ノスゝメ」に「慶応義塾」。では、渋沢栄一といえば、「第一国立銀行?」「東京市養育院?」……どうにも渋いし、現在では残っていない名前ばかりなんですね。

一つのストーリーに収まりにくい活躍をしたせい

 それともう一つはテレビドラマ、特に大河ドラマで取り上げられていないことが、知名度の低さにつながっているという説もあります。実はこれには大きな理由がありまして――筆者自身も渋沢栄一記念財団の方々に、その理由を教えて頂いたのですが――一言でいえば、

 「あまりに多方面に活躍し過ぎていて、伝記を作成しようとしても収拾がつかなかった」

 ということになるようです。

 実は渋沢栄一には『雨夜譚』(岩波文庫)という自叙伝があるのですが、しかし、これは栄一が大蔵省を辞める時点で終わっていて、肝心の実業人となってからの活躍が記されていないのです。続編を作る動きもあったようですが、残念ながら、完成には至りませんでした。

 では、単に資料を駆使して作ればいいじゃないか、という話になるのですが、ここにかかわってくるのが、冒頭に挙げた話。栄一がかかわった企業の数は、約470社。社会団体は600前後。他にもアメリカや中国への親善活動、タゴール、孫文、蒋介石、グラント大統領との交友…。当然、その過程でかかわった人物や事柄、事件は、とんでもない数に膨れ上がっていくわけです。

コメント1

「明治の男に学ぶ中国古典」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO