• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【2回表】 新球団誕生、ファンになってもらうにはどうすればいい?

企画は常に“誰のためか”を考える

2010年7月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2004年11月2日。ライブドアとの激しい新規参入レースを制し、晴れてプロ野球球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」が誕生しました。

 最初の大きな関門を突破し、歓喜に沸く楽天イーグルス創業メンバーですが、それも束の間、この後、次々と難題が降りかかってきます。特にメンバーが苦心したのが、楽天イーグルスにいかに愛着をもってもらうかという点でした。

 楽天イーグルスが、より多くのファンに愛される球団になるために、まずは、楽天イーグルスを知ってもらわなくてはなりません。同時に、世間や球界関係者が持つ「新しい風を吹かせてほしい」「健全経営の模範になってほしい」という期待に応えなければならない、という難しい課題を抱えていました。

 真新しさや奇抜さだけではなく、短期的にも、中長期的にも継続する収益面も考えた企画や仕組みを考えること。その具体的な戦術を練ることが、南壮一郎氏らメンバーに課せられたミッションでした。

 これに対して、南氏は次々とヒット企画を立案していきます。「キッズデイ」「ミスターカラスコ」「ジュニアチアリーダー」「フィールドお泊り会」など、他球団がその後、似た企画で追随したものも少なくありません。

 今回は、これらの企画を紹介しながら、彼の「企画の作り方」に対する考えを見て行きましょう。

日経ビジネスオンライン編集部

はじめから読む)

前回から読む)

 球団の立ち上げに駆け回る中、当時スタッフの間では「3重苦」と呼んでいた3つの課題がありました。

 1つは、地元の反応です。

 実は、新規参入が決定する前から、仙台では楽天よりもライブドアが圧倒的な人気を誇っていました。というのも、ライブドアはプロ野球球団への新規参入を表明した際に、真っ先に仙台をホームにすると発表していたからです。

 当時、様々な話題を振りまいていた堀江貴文社長の人気もあり、楽天は相対的に影が薄くならざるを得ませんでした。その影響は、楽天の新規参入が決まった後も続いていました。

 この逆境をはねのけて、地元から愛される球団を作ることが、重要なミッションでした。

地元に愛されるチームを目指した

 2つ目は、新規参入する球団として寄せられた期待の高さです。球界に新しい風を吹かせるだけではなく、近鉄バファローズが消滅した理由となった「健全経営」を期待されていました。

 最後の課題はメディアとの関係でした。当時、新聞やテレビは連日、楽天イーグルスの新規参入に関する話題を報道していました。我々の一挙手一投足がメディアから常に注目されていたのです。

 多くのメディアに注目されることは、喜ばしいことではあるのですが、半面、出る杭は打たれるという面があるのも否めません。ちょっとしたミスで足元をすくわれないように気を引き締めながら、作業を進めていく必要がありました。

コメント2

「激走!ベンチャー・スタジアム ~僕の楽天イーグルス創業記~」のバックナンバー

一覧

「【2回表】 新球団誕生、ファンになってもらうにはどうすればいい?」の著者

南壮一郎

南壮一郎(みなみ・そういちろう)

ビズリーチ代表取締役

株式会社ビズリーチを創業、2009年4月、管理職グローバル人材に特化した会員制転職サイト「ビズリーチ」を開設。2500社がビズリーチに登録し、ダイレクト・リクルーティングのデータベースとして利用。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長