• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第6回 最近、大人扱いされない会社が増えてません?

再発防止対策で忘れてはならない現場の思い

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2010年7月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

公共交通機関の乗務員が、絶対にやってはいけないこと

 先週7月21日、西日本旅客鉄道(JR西日本)のベテラン車掌が逮捕された。電車の「防護無線」の予備電源ヒューズを22回にわたって抜き取ったという容疑だ。防護無線とは、非常時の二次災害を防ぐためのものだそうだ。

 このニュースを聞いて、私は2つの点で驚いた。1つはどうして22回になるまで止められなかったのかという点だ。抜かれ続けた1カ月弱の間に非常時が起きていたら、二次災害が発生していた可能性がある。もう1点は容疑者が車掌であったことだ。現段階で本人は、会社に不満があって意図的にやったと認めているという。

 ニュース(7月21日13時47分配信、産経新聞)には、5年前の4月25日に107人の死者と562人の負傷者を出した、福知山線脱線事故の遺族のコメントが掲載されていた。

 「安全を守るべき車掌としてあるまじき行為。会社への不満があったと言うが、なぜそれがヒューズを抜くことにつながったのか。個人の行為ではあるが、再発防止のためにもJR西日本は原因や事件に至った経緯を解明する必要がある」

 事実とすれば明らかに犯罪であり、当該車掌に弁解の余地はない。その一方で私は、このニュースを忸怩(じくじ)たる思いで聞いたJR西日本の同僚車掌や運転士も多かったのではないかと想像した。

 意図的に安全を脅かすことは、彼らにとって、「会社に対してどんなに不満があったとしても、絶対にやってはいけないこと」であるはずだ。公共交通機関の運営に携わる者にとって、安全はすべてに優先される---その意識においては、不祥事を起こしたJR西日本の乗務員のほとんども、他社と変わらないと私は信じたい。

 「ではなぜ、福知山線の事故や今回のような事件がJR西日本で起きたのか」。それについてはこの後触れるが、私が心配しているのは、大多数の乗務員たちの高い意識が、事件後の再発防止策でないがしろにされていないかということだ。それは彼らが会社の中で、「大人扱い」されないことから始まる。結果として再発防止策ではなく、推進策となってしまうのではないかと懸念してしまう。

コメント21

「武田斉紀の「行きたくなる会社のつくり方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長