• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

盛り上がりは日本に、成長性では米国に軍配

サッカーW杯の“見られ方”を日米比較する(下)

2010年7月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回のコラムでは、サッカーワールドカップ開催中にちょうど日米を半分ずつ滞在することになった私が感じた、両国のワールドカップに対する盛り上がりの違いについて書いてみました。日本滞在中に多くの方から「日本に比べて米国ではワールドカップは盛り上がってるの?」という質問を頂いたので、少なくない方が同じような疑問を抱いているのではないかと思い、まずは私が感じたままを率直に書いてみたつもりです。

 今回のコラムでは、日米のワールドカップの盛り上がりが数字的に見てどれ程のものだったのか、あるいは他のスポーツと比べてどの程度の盛り上がりに相当するのかを検証してみようと思います。

国民的な盛り上がりでは日本に軍配

 まず、単純にテレビ視聴率で日米を比較してみると以下のグラフのようになります。日本の視聴率は関東地区のもので、番組が2部構成になっているものはそれぞれの視聴率を併記しています。また、米国の視聴率は米国全体のものと、いずれの試合でも国内最高視聴率を記録したサンディエゴ地区のものを併記しています(多くの人種・言語・宗教が入り混じる米国では、地区によって視聴率に大きな差が生じるケースがあるため)。

 放送日(平日・休日)や放送開始時間の違いがあるので一概には言えませんが、ざっくりと言うと、代表戦については日本では毎試合、国民の2~3人に1人がワールドカップを視聴していたのに対して、米国では12~30人に1人が視聴していたというようなイメージになります。「代表戦の視聴率」を「盛り上がり」の指標と考えると、少なくとも日本の方が国民的な盛り上がりを見せていたとは言えそうです。

「世界に伍して戦う」ことが好きな日本人

 次に、日米の代表戦で今大会最高視聴率を記録した「日本代表対パラグアイ戦」(57.3%)と「米国代表対ガーナ戦」(8.2%)を例にとって、その試合がそれぞれの国内の他スポーツイベント・競技と比べてどの程度の盛り上がりに相当するのかを見てみることにしましょう。

コメント1

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「盛り上がりは日本に、成長性では米国に軍配」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長