• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「最初のわらしべ」が出始めた

日本の「経営者育成」事情とは(2)

  • 岡島 悦子

バックナンバー

2010年8月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、「経営のプロ」輩出の3つをケースを掲げ、そのいずれのケースも、日本企業では極めて少なくなっていることを挙げた。一方で、若手の中には、優秀で意欲的な人材も多い。だが、彼らにはその意欲を満たされる機会がない。つまりは、経験を積む機会が極めて少ないのである。

 ビジネスパーソンとしての人材市場での価値を計る時、私はこのような図式が成り立つと考えている。

 「経営知識・スキル」を徹底的に学べる場の1つが、MBA(経営学修士)だろう。企業経営の成功確率を上げるための基礎的な「経営の定石」を知るのである。

 MBAについては、「あんなものは経営には役に立たない」という否定的な見方もコメントにいただいていたが、ではそれ以外に、あれほど短期間で効率よく「経営知識・スキル」を学ぶことができる場がどれほどあるだろうか。

 MBAのような体系的に経営を学べる場が少ないことも、日本の経営者育成には実は大きなダメージであることも認識しておくべきだと思う。

「知っている」と「使える」の間の大きな谷

 だが、真の問題はやはり「業務上の実績」にこそある。いくら「経営知識・スキル」を身につけたとしても、それは知識として「知っている」に過ぎない。「業務上の実績」に結実して始めて、「経営知識・スキル」を適切に使う能力があることが立証できるのである。「知っている」と「使える」の間には大きな谷が横たわっている。

 「業務上の実績」を高めなければ、「能力」として分かりやすく人に評価されることにはつながらない。若手がいくら意欲的に「経営知識・スキル」を身につけたとしても、「業務上での実績」がなければ人に分かりやすい市場価値として評価されず、思うようなキャリアも作れない、ということになる。

コメント1

「岡島悦子の「経営のプロが足りない」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック