• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の食料品はなぜ高いか

旧態依然の卸売市場がコールドチェーンを分断する

  • 大矢 昌浩

バックナンバー

2010年8月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 関東周辺の地域生協が加盟するパルシステム生活協同組合連合会(本部:東京都文京区)は、商品特性に合わせて温度帯を4つに区分した物流管理を6月から開始した。

 従来は「常温」のほか、マイナス10度の「冷凍」、プラス5度の「冷蔵」の3温度帯管理だったが、冷蔵扱いだった青果物を別にして、葉物野菜などに適したチルド帯(0度設定)のコールドチェーン(低温流通体系)を新たに構築した。

 同時に青果物を収穫してから配達するまでのリードタイムを従来の3日間から2日間に短縮した。一部の青果物では収穫翌日の配達も実施している。

 鮮度が上がれば当然、商品価値は高まる。パルシステムでは4温度帯管理を開始した6月の青果物の平均購入点数が前年同月比17%増の伸びを示したという。

設備のフル稼働でコストを吸収

 加工食品業界でも素材の鮮度を活かしたチルド食品は売り上げが好調だ。2大卸の国分と菱食の業績を見ても、総売上高の減少傾向とは裏腹に、チルド食品の取扱高は両社とも前年比で8%前後伸びている。

 食品メーカーは競ってチルド食品の品揃えを増やし、従来は常温で運ばれていた食品を、品質保持を重視して定温輸送(低温や冷蔵など一定の温度を維持したままで荷物を運ぶ方式)に切り替えるケースも増えている。

 これによって国内の食品出荷額に占める定温輸送商品の割合は50%程度まで拡大したと推測される。10年前には約40%と目されていたものが、10ポイント近く増加した。

 それだけ定温輸送市場は需要が拡大していることになる。しかし、実勢運賃に上昇は見られない。低料金のまま横ばいで推移している。

 冷凍・冷蔵用のトラックは通常のトラックに比べて冷却装置の分だけ車両の購入価格が高くつく。燃料費も3割ほど多くかかる。そのため、1990年代までは実勢運賃も常温輸送より1~2割は高かった。

 しかし、今では常温輸送と変わらない水準まで下がっている。デフレによる商品単価の下落が、物流会社に厳しくコスト削減努力を強いている。

 もともと食品物流は、物流会社にとって楽な商売ではない。景気動向に物量を左右されにくいという利点はあるものの、割高な固定費に加え、労働条件は過酷で、取り扱いに制約のある荷物が多い。

 注文を受けてから納品までのリードタイムは極端に短く、荷痛みや汚れが発生したり、先入れ先出しなどのルールを誤ったりした場合には、物流会社にペナルティが課せられる。

 それでも有力な食品物流会社は不利な条件をバネにして、サプライチェーン全体の効率化を先導することで、一般の物流会社以上に好調な業績を維持している。

 午前中は食品スーパーマーケットの納品に使った車両を、午後からは居酒屋チェーンの納品に回し、深夜には食材の調達に向かわせる。

 保管型倉庫の荷捌き場の空いた時間を利用して、別の荷主の通過型の仕分け作業や流通加工を処理する。

 あるいは同じエリアに出店する中小規模の外食チェーンにしらみつぶしに営業をかけて、庫内作業から納品輸送までのバックヤード機能をまとめて請け負うことで、物流の密度を上げるといった工夫を重ねている。

 荷主が意識することのないまま事実上の物流の共同化を実施して、24時間365日、設備をフル稼働させることで、高い固定費を吸収しているわけだ。

 その効率性とサービス品質は世界的にも抜きん出ている。実際、定温物流最大手のニチレイロジグループ本社(東京都中央区)は、EU(欧州連合)各国で経営の傾いた定温物流会社を次々に買収し、日本のノウハウを現地に移植することで再建するという企業再生を得意としている。

 一般に日本の物流会社の海外事業は現地に進出した日系企業向けの仕事ばかりなのだが、ニチレイロジグループ本社の場合は日本流のサービスを武器に、欧米のグローバル企業や地元の大手企業を荷主に獲得している。

コメント13件コメント/レビュー

生鮮品の国内流通が高コストなのは判らないとは言いません。ただ、流通コスト論では次の例に対して説明が付きません。◆[1]比べる店は、大阪市内の同一区内の2店。私の足で徒歩15分程度の距離。[2]一方は食品メインのスーパー、もう一方はデパートとして扱われる東証上場企業同士。売り場面積はスーパーの方が広く、駅からの距離等で地代はスーパーの方が安いと推定できる。[3]スーパーで売っている野菜は産地が曖昧か県レベルの表示が多いが、デパートのは県名に加え県内の地名表示があるものが多い。(例:前者はA県産ネギと表示して1種類を売る。後者はA県B地産ネギとC県D地産ネギを並べて売ることもある。)[4]ここまでで、一般論としてデパートの方が高額であっても不思議ではないが、品質・価格ともスーパーの方が劣る例が圧倒的。◆ダイエーが倒産する前、大阪市内で近鉄百貨店の地下生鮮品売り場より、ダイエーの生鮮品売り場の方が肉・野菜とも低品質・高価格でした。上の例はダイエー系ではありませんが、地域住民も気づいたのだと思います。2店で夕方の混雑具合が違ってきましたから。◆この例では、人件費もデパートの方が高いことは十分予想が付きます。スーパーは最低賃金プラスアルファ程度の求人を壁に掲示していますが、それでも新人が採用されています。人件費・流通費・不動産のどれを見ても、スーパーの方が有利と思われる状況で、なぜ低品質商品に高価格を乗せてまで売らねばやっていけない状況なのかの説明がつく理屈を知りたいものです。(2010/08/19)

「すべては倉庫番が知っている」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

生鮮品の国内流通が高コストなのは判らないとは言いません。ただ、流通コスト論では次の例に対して説明が付きません。◆[1]比べる店は、大阪市内の同一区内の2店。私の足で徒歩15分程度の距離。[2]一方は食品メインのスーパー、もう一方はデパートとして扱われる東証上場企業同士。売り場面積はスーパーの方が広く、駅からの距離等で地代はスーパーの方が安いと推定できる。[3]スーパーで売っている野菜は産地が曖昧か県レベルの表示が多いが、デパートのは県名に加え県内の地名表示があるものが多い。(例:前者はA県産ネギと表示して1種類を売る。後者はA県B地産ネギとC県D地産ネギを並べて売ることもある。)[4]ここまでで、一般論としてデパートの方が高額であっても不思議ではないが、品質・価格ともスーパーの方が劣る例が圧倒的。◆ダイエーが倒産する前、大阪市内で近鉄百貨店の地下生鮮品売り場より、ダイエーの生鮮品売り場の方が肉・野菜とも低品質・高価格でした。上の例はダイエー系ではありませんが、地域住民も気づいたのだと思います。2店で夕方の混雑具合が違ってきましたから。◆この例では、人件費もデパートの方が高いことは十分予想が付きます。スーパーは最低賃金プラスアルファ程度の求人を壁に掲示していますが、それでも新人が採用されています。人件費・流通費・不動産のどれを見ても、スーパーの方が有利と思われる状況で、なぜ低品質商品に高価格を乗せてまで売らねばやっていけない状況なのかの説明がつく理屈を知りたいものです。(2010/08/19)

コメントしている方々がちょっと的外れな方向に行っているのが気になります。マグロなどは氷点下60度の倉庫にあれば、年単位で持ちますが、競り場では常温におかれるのではないでしょうか。冷凍物はどこかで温度が上がってしまうとその瞬間に劣化が始まります。青果物も同じで、たとえ低温輸送で市場についても競り場は常温・箱積みでは、品質が保てません。その対応に発泡スチロールケースを利用すれば、かさが増え、保冷部材のコストがかかり、空けないと中が確認できませんから、見本など一部はやはり劣化します。腐敗、劣化したものはロスになります。ロスの分も全体のコストには反映されてしまいます。それを防ぐ方法があるにもかかわらず、市場流通では行っていない、対応できていないことを指摘しているのでは。(2010/08/19)

「日本の食品はなぜ高いのか?」←それは高い値段でも買う消費者がいるからです。でもいくらなら高いかなんて、誰も決めれませんよね。市場以外は・・・(2010/08/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長