• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

保険会社が変わる

保険支払いの負債に時価会計の大波

2010年8月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 IFRSの波は保険にも及ぼうとしている。保険関連で会計基準が大きく変わろうとしているのは、保険負債と呼ばれるものだ。

 保険会社は、将来保険金を支払うと見積もられる額が現在ならどの程度に相当するかを算出し、保険負債としている。この保険負債を時価評価して負債の大きさを測り直そうというのが、国際会計基準審議会(IASB)が検討するIFRSでの新基準だ。

 実際には保険負債のほとんどは、保険料とその運用益を積み立てる責任準備金として認識されているが、その算出方法が変わることになる。

画像のクリックで拡大表示

 現在、保険契約時の死亡率や、保険会社のコストである事業費率(事業費÷保険料)、契約継続率、金利などを基に計算しているのを、毎年見直し、その時点での基礎的な数値で測り直そうというわけだ。

 この影響は大きい。

 基礎的な数値のうち、特に変動の大きい金利が下落すると「資産の増加よりも負債の増加の方が多くなり、純資産が縮小することになる」(橋本雅博・住友生命保険常務)。結果として、保険会社の健全性を示すソルベンシーマージン(支払い余力)比率も下落しかねなくなるのである。

コメント1

「IFRS 財務諸表が一変する!」のバックナンバー

一覧

「保険会社が変わる」の著者

田村 賢司

田村 賢司(たむら・けんじ)

日経ビジネス主任編集委員

日経レストラン、日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ネットトレーディングなどの編集部を経て2002年から日経ビジネス編集委員。税・財政、年金、企業財務、企業会計、マクロ経済などが専門分野。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長