• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【最終回】商品、流行そして人間。PRの世界は広がります!

  • 伊藤 美恵

バックナンバー

[1/3ページ]

2010年8月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これまで私は、センセーショナルを巻き起こしたFOREVER 21(フォーエバー トゥエンティワン)や世界的なブランドであるMARC JACOBS(マーク・ジェイコブス)をはじめ、数多くのブランドや企業のPRを手掛けてきました。「もうここまでやったのなら、手掛けたいブランドなんてないのでは?」なんてことを言われることもしばしばですが、とんでもない。情熱をかけている仕事ですから、まだまだ夢は尽きません。

 例えばrepetto(レペット)というブランドがあります。これはバレエダンサーなら誰もが憧れる、フランスで60年以上の歴史を誇るクラシックバレエシューズとウェアのブランドです。実は私も幼少の頃クラシックバレエを習っていて、それこそ小学生の時分から大好きでした。

 repettoはパリのオペラ座近くに本店があり、50カ国以上で販売されている有名ブランドです。

ダンスのシューズやウェアを扱うファッションブランド「repetto(レペット)」

 私に限らず、日本でも根強いファンがいるにもかかわらず、実はこれまで日本では本格的なビジネスとして展開されていませんでした。このほど、日本のディストリビューターがフランス本社としっかりとしたパートナーシップを組み、2011年より独占輸入販売することになりました。そこで、改めてビジネスプランニングが組み立てられることになったのです。私としてはずっと憧れていたブランドだけに、思いつくアイデアは山ほどあります。

バレエをファッションにできる喜び

 repettoのメインはシューズです。トゥシューズ以外にも、フランスを代表する名女優ブリジッド・バルドーらが愛用したことでも有名なフラットタイプのタウンシューズがたくさんあり、1シーズンだけで約50種類が販売されます。

 しかし、シューズだけ見せるよりも、洋服を組み合わせて全体像を見せることでより洗練されたイメージが与えられるのではないかと早くも想像が膨らんでいます。ウェアはレオタードやスウェットなど練習用の動きやすいものがメインなのですが、チュチュもあるのが強み。チュチュをメインとしたショーを行ったブランドがあるくらいですから、組み合わせればファッション誌や敏感な女性はすぐに反応するはず。

 バレエのウェアやシューズをいかにファッションとして成立させるかなんて、考えるだけでワクワクします。VIVIENNE WESTWOOD(ヴィヴィアン・ウエストウッド)然り。私がまだファッションデザイナーだった20代の頃、ロンドンで強烈な個性を放っていて恋焦がれたブランドです。

 そういう憧れのブランドと一緒に長い間日本でのPRを担当し、2005年には大規模な回顧展「ヴィヴィアン・ウエストウッド展」を成功させて信頼を勝ち得ることができたなんて、本当にPR冥利に尽きます。

伊藤美恵氏がかかわった回顧展「ヴィヴィアン・ウエストウッド展」
画像のクリックで拡大表示

オススメ情報

「「共通会話」の見つけ方」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

会社も社員も多少「やせ我慢」をして、長期的に物事を考えるべきだ。

川野 幸夫 ヤオコー会長