• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

チャタレイ夫人は誰がどう見てもわいせつか?

――「非実在老人」と「非実在青年」の対話(その3)

2010年8月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最初に、今回の本題とは少し距離があるのですが、前回(「有害の烙印を押された手塚治虫『セックス・コミック』」)を公開した8月24日、アニメーション監督の今敏さんがお亡くなりになりました。たいへんショックを受けています。全くジャンルは違いますが、意欲的な作家として、特に筒井康隆原作「パプリカ」で強い印象を持っていました。46歳。3カ月前に突然、医師からガン告知されてからを綴った最後のメッセージを拝見しましたが、同世代の一人として、しばしば途中で読み続けられなくなりそうになりました。

 今さんは少年雑誌でマンガ家としてデビューの後、アニメーションの監督に転じて国際的に活躍しました。現在マンガや アニメの話題を考えているわけですが、時代の中で最も強力な表現を展開し、まさに命を賭けて遺作「夢見る機械」に取 り組みながら、その完成を見ることなく早すぎる死を迎えざるを得なかった作家の生き様。深くご冥福をお祈りすると共に、遺志を継がれるご家族またスタッフに心から頭が下がる思いです。

 今回は、表現に命を賭けて取り組む作家の価値観についてお話を考えているのですが、どうしても最初に、哀悼を記したく思った次第です。

 さて、前回にも貴重なコメントをいくつも頂きました。ありがとうございます。たいへん参考になるご意見があり、中でも「誰がどう見ても」有害なエログロ漫画と手塚作品が同等かどうか、ということで考えるべきというコメント、とても大切な部分に焦点を当てて下さっていると思いました。個別のご質問にはツイッターでもご返事するようにしていますが、今回はこの「誰がどう見ても」という「ひと括り」、これを入り口に続きを考えてみたいと思います。

「誰がどう見ても」という死角

 私たち個人が「誰がどう見ても・・・」というのなら、全く構わないのです。「誰がどう見ても、この作品は素晴らしい」という時、「いや、こんなのはつまらない」という人がいても、水掛け論になるだけで白黒ハッキリすることは永久にないでしょう。憲法の言葉で言えば、思想信条の自由ということかもしれません。

 私は音楽を作り、演奏しています。私はある理想像に確信を持って作曲や演奏をしますが、それを「つまらない」「くだらない」あるいは「自分はそのように解釈しない、別の演奏をする」という人がいて当然です。自分なりに判断の理由がありますから、私自身が責任を負うところでは、自分の思うところを貫きますし、ほかの人の仕事に手を突っ込むようなことは考えません。個人主義というのかもしれません。同じベートーヴェンの作品をほかの人が別の解釈で演奏する。もし学生の演奏審査などであれば採点することもあるでしょう。でも大人の独立した音楽家の表現であれば、仮に「間違い」と思うようなものでも、根拠を持ってやっているのかもしれません。誰がどう見ても正しいベートーヴェン像、なんてことを言ったら、芸術音楽の世界は成立しなくなってしまう。ひどく息苦しい閉塞した空気になってしまうことでしょう。

 しかし、問題はそちら側にはありません。今考えているのは国や地方自治体、つまり「役所」「公務員」「これは誰がどう見てもコレコレだ」と、明確な理由を示すことなく規制することの是非です。国民に対する公務員の行動を規制するのが憲法の本質です。「誰がどうみてもコレコレだ」と公務員が結論ありきで決め付けるくらい、憲法訴訟になれば敗訴が決定的なものはありません。先ほどご紹介した、前回頂いたコメントでは「暴力」や「興味本位の性」を気軽に扱う「作品」と「命」を扱う「作品」の違いが分からないわけはないと頂いているのですが、実際どうなのか、細かく考えてみたいと思うのです。

 1970年当時、複数の県で手塚の「命を扱う作品」を「興味本位の性」と区別することなく有害図書として規制した事実に、きちんと両目を開いて、現状を冷静に認識する必要があるはずだ、というのが21世紀の「非実在手塚治虫」というコミックの良心に照らして私たちが考えたい問題です。

 <「暴力」や「興味本位の性」を気軽に扱う作品と「命」を扱う「作品」の違い>こそが、「誰がどう見ても」などという頭ごなしではなく、個人の良心と表現の自由の中で、慎重に斟酌されるべき部分の本質であること。私は一個人の音楽家として、ある種の外道なコミックを容認するつもりは全くありません。しかし、それを成文法に訴えて、官憲の規制として禁圧しよう、なぞとは間違っても考えません。私もまた一表現者、一芸術人にほかなりません。表現の内容にはシビアでシリアスに判断を下します。余談ながら、昔「Bゼミ」という美術学校で平面や立体の美術作品も指導講評させてもらった時期がありますが、撫で斬り的に建設的批判に徹底させてもらったのは、当時のゼミ生の皆さんなど、よくご存じと思います。この<作品の「興味本位」と「命」の違い>が「誰がどう見ても」かどうかという歴史を、簡単に振り返ってみたいと思うのです。

刑法175条と「わいせつ性」

 「非実在青年」の問題を考える時、いつも不思議に思うことがひとつあります。それは戦後、20世紀後半の表現規制問題との著しい断絶、乖離です。そこで戦後の最高裁判例の源流にさかのぼって、まず作家の伊藤整氏と出版社社長が被告人とされた「チャタレイ裁判」を振り返ってみましょう。

コメント0

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士