• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

先行事例を研究せよ

こうすれば出来るIFRS導入プロジェクトの進め方

2010年9月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 IFRSの強制適用はほぼ確実。しかし、具体的な導入プロジェクトとなると、これからという企業が大半でもある。どうすれば効率的にプロジェクトを進められるのか、企業の体質強化にもつなげられるのか。

 デロイト トーマツ コンサルティングの篠田昌典パートナーにポイントを聞いた。

(聞き手は日経ビジネス編集委員 田村賢司)

 ―― IFRS導入を成功させるには、導入プロジェクトの運営が非常に重要だと説いている。

篠田昌典(しのだ・まさのり)
デロイト トーマツ コンサルティング パートナー。財務会計、管理会計、コーポレートファイナンス、経理財務部門変革などの企画、プロジェクト遂行に従事。現在はIFRSを中心としたサービスのリーダーを務めている

 篠田 IFRSの導入には3つの重要なポイントがある。

 1つ目は、2015年3月期か2016年3には強制適用になるという期限があるのを意識するということ。会計基準自体にはこれからも改訂の予定があるが、ここはまず意識したい。

 2つ目は、本社だけでやれるものではなく、企業グループ全体で取り組むべきものだという点。

 そして3つ目が、取り組みの中で事業やシステム、あるいは子会社の業務の見直しにつながる可能性のある範囲が広いということだろう。

導入のゴールは何かを考える

 このうち、1つ目の「期限があること」と、2つ目の「グループ全体で取り組まなければならない」という点は、2008年4月以降の年度から適用になった日本版SOX(内部統制)でも同様だったが、3番目は新たな問題だ。

 IFRS導入はそれを踏まえてプロジェクトを設計し、運営しなければならなくなっている。

 ―― 具体的にどうすればいいのか。先行企業はグループの会計方針を作っているところもあるが。

 まずは、ベンチマーク(比較事例)をうまく使うことだ。

 導入の第1段階であるフェーズ1では、IFRSについての調査や影響分析などを行うのが一般的。それだけで導入の最終目標をどう設定するかを決めるのは難しいだろうが、実際はなるべく早く考えた方がいい。

 そこで生かした方がいいのがベンチマークだ。我々のようなコンサルタントから先行企業の事例を聞くのもいいだろうし、欧州や韓国など先行適用した国の例を見て、自社にとっての導入のゴールは何かを考えるといったことだ。

業務、システムの見直しをした方がいい

 その際に重要なのは、IFRSに対応して経営管理の仕組みをうまく作るよう意識することだ。企業によっては、現場から上がってきた数字を経理部門がまとめて、外部に報告するためだけにIFRSに組み替える作業をすれば良いと考えている場合がある。

 しかし、それでは経理部門の負荷が増えるばかりで、間接部門のコストが増すだけになりかねない。それはよくない。IFRSに沿って業務プロセスや情報システムから見直した方がいいはずだ。

 ―― 海外子会社の業務の状況となると、実際には把握できていないのではないか。

 日本企業の場合は、海外子会社の状況が、詳しく見えていないケースが多い。予算をどのように立てているのか。どのような予測を基に行っているのか。原価管理はどのようにしているのか、など分かっていないことが多い。

 それを把握しながらIFRSに基づいて業務、システムの見直しをした方がいいというわけだが、それをすべて行おうとすると大変な時間がかかる。だが、このような子会社とのコンタクト機会を本社として有効に使っていくことが重要だ。

コメント0

「IFRSの焦点を聞く」のバックナンバー

一覧

「先行事例を研究せよ」の著者

田村 賢司

田村 賢司(たむら・けんじ)

日経ビジネス主任編集委員

日経レストラン、日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ネットトレーディングなどの編集部を経て2002年から日経ビジネス編集委員。税・財政、年金、企業財務、企業会計、マクロ経済などが専門分野。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手