• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

はじめまして…独立していることの意味って何だ?

文明人が孤島でサバイバル生活を強いられたとき感じるめまい

  • 斉藤 由多加

バックナンバー

2010年9月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 自分は何を目的に独立して社長をやっているんだろう、と思うことが最近多い。

 ビジネスパーソンである読者の方々の多くが「自分はいつまでサラリーマンをしているのだろうか?」と漠然と疑問に思うのと同じである。

 僕にとって社長業というのは必要悪であった。自分が作りたいゲーム作品を開発するために、いたしかたなくやってきた。僕はもうすぐ48歳になるが、脱サラして独立してからおよそ17年、ずっと社長という「分の悪い仕事」をしてきたことになる。

 社長という職業、社会的な響きはいいかもしれないが、一言でいうならば体のいい雑用だ。実はかつて僕は日経BP社さんから、ベンチャー・オブ・ザ・イヤー若手経営者部門賞というたいそうな賞をいただいたことがある。ゲーム内のあちこちに広告スペースを作って入れたことが評価されたが、そんなことも資金繰りの必要に迫られてやったことにすぎない。そもそも中小のゲーム会社の社長なんてのは、コンビニ弁当を主食とし、会社のソファをねぐらにすることを運命づけられた職種である。さらに言えば、育ったと思った人材はとっとと辞めていってしまう業界なもんだから、社員に給料を払いながら社会適応の授業をしているような割の悪さがある。

中小企業の社長が直面することとは?

 社内のパーティーに向けて「ボンゴレのパスタをつくるからアサリの買い出しを頼む」と金を渡したら、「これしかなかった」とハマグリを買ってくる、いわゆるR25世代を雇い集めて利益を出さなければならない現実…これが僕のゲーム会社の現実である。メーカーといったって水商売だからヒットを逃したら担保となっている自宅を失うだけだ。この“めまいがする日々”の実態は、文明人が孤島でサバイバル生活を強いられたときのそれに似ている。信じがたいような事件を、就業経験の浅い若手社員たちが日々起こしてくれる中小企業という環境は、だから、一度でも大企業に居たことのある人なら誰しもが「なんでそうなるねん?」とこの理不尽さにめまいがするところなのである。

 こういうストレスフルな日々のせいで免疫力が低下するのを実感するうち、「いつまでこんな生活を続けるのだろうか?」という冒頭の疑問が湧いてきたわけです。

 そんな疑問への答えなど出ているわけがない。にもかかわらず、そんな僕がどういうわけだか、いまサラリーマンをやっている30代後半くらいの人たちからよく相談を受ける。「これから先どうしたらいいのでしょうかね?」と。「そんなことなんて知ったこっちゃない」。それが率直な答えであるが、たまにそういう彼らと飲みながら自分の体験談をしていると、彼らはたいてい大笑いして話に食いついてくる。

 確かに17年間も会社が続いてきたのだから、僕の経験談は失敗談とは言い切れない。が、孫正義のような成功談ともほど遠い。そこにあるのは「独立すると遭遇する、めまいがするような苦労談」とでも言いましょうか…

 もしかしたらこれは表現者の最大の弱点ではないかとも思うのだが、「面白い」と言われると、ついぞ「こんなことで喜んでくれるならば」と話してしまう…これがこの連載開始の経緯である。

メーカー指向型独立のリスク

 自分で事業を始めるならば、株式公開くらいは狙いたい。が、わずかな貯金や早期退職の奨励金を失うのも怖い、とも思う。要するに40代になって何か始めるのに体と時間を浪費したくないというのが“しーマン”の本音だろう。

コメント12件コメント/レビュー

世の中分業が一般化して、テリトリーを決めその中で行動するようになっており、境界を飛び越えて活動すると咎められる場合さえある。20-30年くらい前もテリトリーはあったが、互いに助けあうことでスキルを磨いたものだったと思いますが、今はそれを求めても損得勘定が先にあり自分の得にならなければやらない人が増えたように見える。これはよその国の見栄えいいところだけを真似た結果だと思うし、一度楽することを覚えた人間は中々戻れない、そういった人たちをどう使っていくか苦慮することが、管理者や経営者に求められる課題なんでしょうね。(2010/09/03)

「“しーマン”の独立独歩」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

世の中分業が一般化して、テリトリーを決めその中で行動するようになっており、境界を飛び越えて活動すると咎められる場合さえある。20-30年くらい前もテリトリーはあったが、互いに助けあうことでスキルを磨いたものだったと思いますが、今はそれを求めても損得勘定が先にあり自分の得にならなければやらない人が増えたように見える。これはよその国の見栄えいいところだけを真似た結果だと思うし、一度楽することを覚えた人間は中々戻れない、そういった人たちをどう使っていくか苦慮することが、管理者や経営者に求められる課題なんでしょうね。(2010/09/03)

経営者の格好ばかりの演説とは違い、読んでいて勉強になりました。通常だと弱みや悩みにとられがちなものは見せないものですが、乗り越えられた方の強さで、興味深いエピソードに仕上げられ、すごいと思いました。アサリとハマグリのくだりは「費用対効果」のことを言いたかったのでしょうか?「もてなし」という視点ではハマグリの方が豪華にみえることもあり、「何を狙っていたのか」もう少しシチュエーションがあると、伝わりやすかったと思います(ハマグリといっても値段がピンキリで。。。)(2010/09/03)

リストラ対策にかかわらず、「一人でそば打ちでも始めるほうが安全」であるならば、そば打ちでも始めたいですがそば打ちはそば打ちで大変なのではと思ってしまいます。サラリーマンの時にはなんとも思ってなかった事が、独立するといろいろな苦労がある事に初めて気がつくと思います。独立してから初めてサラリーマンのお気楽さに気が付く(独立するまで気が付かないぐらいなのでサラリーマンには当然気が付かないはず?)と言うのは、経験者にしかわからないのではないでしょうか。隣の芝生は青いという言葉が、まさにピッタリだと思います。また、「こういう事態が起きますから避けた方がいいですよ」という消去法的なヒントはできても、こうしたらよいというのがなかなか難しい事も理解できます。年齢を重ねると、いろいろな失敗も乗り切っているはずであり、ルーチンワークで済むような仕事では何年も続ける事は困難だと思います。そういう意味では会社という組織は足りない部分を補いあうよいシステムではありますが、中には仕事をまともにできない人も紛れ込む可能性は否定できず・・・・(2010/09/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長