• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“企業内埋蔵金”を解放せよ!

「資本タダ乗り経営」が株価を蝕む

  • 小屋 知幸

バックナンバー

2010年9月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

なぜ株価が低迷しているのか

 日本の株式市場に、暗雲が垂れこめている。リーマンショック後のどん底からの回復もつかの間、この夏以降は市場心理が急速に悪化し、株価は年初来安値の水準に沈んでいる。しかも日本の株価上昇率(下落率)は主要国の中でも最悪であり、状況は深刻だ。

 日本の株価低迷の原因は、いくつも指摘できる。第1に、足元の日本市場の衰退リスクが非常に高まっている。第2に、グローバル市場での日本企業の競争力に陰りが見えており、昨今の円高がこれに追い打ちをかけている。第3に日本企業の収益回復の原動力となってきた新興国市場や、欧米市場における景気減速の気配が色濃くなっている。これに加えて政治の迷走も、日本悲観論に拍車をかけていると考えられる。

 だがここで述べた理由は、あくまでマクロ環境にかかわる事象である。厳しいマクロ環境の下、日本企業が逆風にさらされていることは事実だ。しかし企業価値を創出し、株価を高めることは、第一義的には企業や経営者の責務である。だから株価低迷の原因をマクロ環境だけに求めるのは、適切ではない。企業や経営者が自らの責務を十全に果たしているかどうかを、疑ってみる必要があるはずだ。

PBR1倍割れの異常事態

 突きつめた言い方をするならば、株式会社の使命は「株主から預かった資本を増やすこと」である。この前提で考えるならば、企業の株主価値(=時価総額)は「現在の株主資本(=純資産)+今後企業が稼ぐであろう利益の現在価値」とならなければならない。言い換えれば、企業の時価総額は純資産を上回っていて当然であり、PBR(株価純資産倍率)*は1倍以上となるのが当たり前である。

PBR1倍は「解散価値」とも言われる。これはPBRが1倍を切るならば、会社を解散して株主に資金を返した方がよいとの趣旨である。PBRが1倍に満たない企業は、「将来的に株主の資産を食いつぶす」と評価されているに等しい。そのような企業は「株主の資本を増やす」という企業本来の使命を果たせないわけであり、その意味で企業としての存在意義を欠いていると言わざるを得ないのである。

 ところが現在、東証上場企業の平均PBRは0.8倍前後となっている。つまり日本では株価が解散価値を上回る企業は例外であり、多くの企業が企業としての存在意義を疑われる株価水準にとどまっているのである。

 「解散価値割れ企業」は、今までも一部に存在していた。ただしそのほとんどは、赤字や不祥事など、何らかの瑕疵を持つ企業であった。しかし現在は、日本を代表する優良企業までもが解散価値割れする状況となっている。たとえば、NTTのPBRは0.63倍、トヨタは0.88倍、パナソニックは0.8倍である。これはかつてない深刻な事態だ。

実質的な企業価値はゼロ!

 解散価値割れよりもさらに深刻な“危機”に直面している企業もある。新日鉄系の電炉メーカーである大阪製鐵は過去10期以上黒字を維持しており、今期の業績も増収増益を見込んでいる。しかしながら同社のPBRは0.44倍という低水準に沈んでいる。大阪製鐵の8月末時点の時価総額は約520億円。有利子負債はゼロで、前期末現在で約540億円の現預金を持つ。つまり現預金残高が時価総額を上回っているのである。

 仮に大阪製鐵を500億円で買収したとしよう(現実のM&Aはそれほど簡単ではないが、単純化して考える)。買収後、500億円を配当で株主(つまり買収を実行した企業または人)に支払う。そうすると、ちゃんと利益を出している中堅企業が実質的に“タダ”で手に入ることになる。これを例えれば、「500円の商品を買えば、500円の現金が付いてくる」というようなものである。この場合、商品の実質的な価値はゼロだ。

コメント13件コメント/レビュー

企業内埋蔵金は内部留保と同じです。投資、雇用など幾らでも有効活用できるはず。それをしない理由はやはり欧米型の考えにアレルギーだから、でしょう。自ら動き、内需拡大に向けて能動的/積極的に動く姿勢が見られない。これが日本企業の限界である。(2010/09/09)

「小屋知幸のビジネストレンド研究所」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

企業内埋蔵金は内部留保と同じです。投資、雇用など幾らでも有効活用できるはず。それをしない理由はやはり欧米型の考えにアレルギーだから、でしょう。自ら動き、内需拡大に向けて能動的/積極的に動く姿勢が見られない。これが日本企業の限界である。(2010/09/09)

この「企業が現金をためこんでいる問題」ってほとんど話題になりませんよね。なぜでしょう?非上場企業がこれをやっているなら、まだわからないでもないですが、なぜ上場企業が現金をためこんでいるのでしょうか。しかも、2009年の秋頃には銀行を中心に企業が大型増資をしましたよね。おかげで株価はずいぶんと下げました。そうやって既存株主を犠牲にして集めたお金は、使うあてがあって集めたのでしょうか。株式を大量発行して市場にばらまき現金に交換して手元にためこむ。やっていることは国債を大量発行して現金に交換している政府と変わりありません。ただ、国債は返済する義務があるのに対して株式は返済義務がないというだけのことです。だから、株主の存在を無視すれば、集めた現金を使わずに手元にためこんでもコストはかからない。こういうふざけたことをやっている企業経営者があつまった経団連などが「日本企業の国際競争力が弱いのは法人税が高いせいだ」などと言って法人税を下げさせようとしているわけです。どこまで人を舐めているのでしょうか。こんなふざけた経営者たちの経営する企業の税金をさげて現金を手元に残してやっても企業の預金額が増えるだけです。せめて、自分の手元の現金を投資につかってから「投資資金が不足しているから税金をさげてくれ」と言ってもらいたいものです。(2010/09/07)

 日本の資本効率が世界平均よりはるかに低いのには正当な理由があることを、経済学者が誰も指摘しないのは致命的な知的怠慢だと思います。ドイツの再保険会社が指摘したように、日本、特に東京は世界で一番自然災害リスクが高く、保険をかけられないリスクが世界平均より2桁以上多いのです。 例えば、2007年の中越沖地震により東京電力がこれまで蒙ってきた損害は、決算資料から推測するに累計で1兆5千億は下りません(復旧費用5千億以上、遺失電気料金収入1兆円以上)これらについて全く保険が効かないのが日本の現状です。これだけの保険不可能リスクを背負った日本企業には、本質的に欧米並みのROEは不可能です。 唯一欧米並みのROEを得る方法は、日本企業である事をやめ、本社も工場も海外移転することか、逆に全ての日本企業に対して政府が無制限の天災保険制度を用意するかのいずれかです。 体脂肪率5%の筋肉質な人は、普段はパワーもスタミナも余人の追随を許しませんが、ひとたび遭難して食糧もシェルターも無くなると、体内に蓄えも断熱材も無いため、真っ先に衰弱死してしまいます。資本効率の良い企業は、ショックに対する耐性が低く、ストレステストに弱いのです。(2010/09/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長