• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ねじれ」で日本を転覆させるな!

―――「民主党代表選後」に考えねばならないこと

2010年9月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 菅直人首相が圧倒的な大差で小沢一郎氏を下して民主党代表選を制しました。直前まで「動きが見えない」あるいは「若手議員の浮遊票次第で行方が左右される」などと言われていたこともあり、ある意味たいへん意外でもあり、またある意味たいへん「納得のいく数字」でもあったような気がします。その辺りからちょっと考えてみましょう。

オッズのついた代表選

 国会議員票は菅首相206に対して小沢氏200と肉薄しており、なるほど白熱の選挙戦と察せられますが、選挙区ごとに設けられる「民主党サポーター票」なるものでは菅首相249に対して小沢氏51、地方議員票なるものは「ドント方式」で票が割られ、菅首相60に対して小沢氏が40。これらを、独自の比率で混ぜ合わせて作った「ポイント」で菅首相721ポイントに対して小沢氏が491ポイントという「大差」で白黒が決まった、というのですが・・・。

 この「代表選」、実質的には日本の政権首班を選ぶ選挙なわけですが、ひとつの政治党派の中で決められた、極めて随意的なルールで勝ち負けを決めていることに、もっと注目してよいと思います。菅首相に分があったのは確かでしょう。3つの要素すべてで小沢氏を下しており、逆転される場面はなかった。しかし、仮に民主党の規約が「代表選は国会議員票の重みを100とした時、サポーター票は1で・・・」なんて、違う重みづけをしていたなら「大差」が大差になったかどうかは全く定かでありません。選挙区ごとのサポーター票なるものも、公職選挙法で縛られるものではない。

 「ドント方式」の採用うんぬんも同様で、政治に明るくない私には「よく分からない、政党内のルール」つまり「勝手なオッズ」のついた選挙なんだなぁ、というのが本当のところです。ふたを開けてみて分かったことは、しばらくは菅首相で行く、あるいは行きたいと思う人がいる方向性が見える気がする、といった辺りでしょうか?

 何にせよ、国内の民主党代表選が極めて「国内的」だったのは間違いないと思います。その辺りで、なるほどと納得のいく数字であるように思うわけで、決してこれをすぐに「国民の声」だとか「付託」だとかに直結させるべきではないでしょう。もっと政策内容をきっちり吟味して、確かなまつりごとを粛々と進めてもらいたい。その中で一番に考えねばならないのは「ねじれ」の問題でしょう。

「ねじれ」を一体どうするのか?

 どうしたわけか、夏の参議院選挙以降マスコミでほとんど触れられなかったポイントのひとつが、夏の選挙の結果、発生している衆参両院「ねじれ国会」の状況と思います。

 菅首相以下、鳩山由紀夫政権から引き継いだばかりの民主党ヘッドクオーターに責任は問わない、といった話は見たわけですが、「すわ、政界再編!」といったスキャンダラスな取り上げられ方ではなく、個別の法案をどうきちんと力あるものとして成立させてゆくか、代表選なるイベントが終わったところで、本当に具体的な国会運営を考えてもらわねばならないと思います。

 とりわけ強く思うのは、政治屋的駆け引きとしては「2009年のマニフェスト(政権公約)」など、過去の発言に関わる責任の追及(や揚げ足の取り合い)など目にするわけですが、2010年、また2011年以降、新たに出てくる問題に、日本国としてどう対処してゆくか、という喫緊の課題への取り組みがきちんと機能する保証が見えにくいところがとても残念です。 /p>

 ねじれの状況の中、複数政党間でローカルに合従連衡、集合離散が図られたり図られなかったりして、その結果、国の方向性が微妙に迷走する。政権がどっちを向いているのか、国民はもとより海外からもさっぱり分からない。

 というより「要するに、混乱しているわけね。毎年首相も首がすげ替わるし・・・」などと、日本の国としての値が着実に安くなっているのが、なんとも悩ましく思います。

コメント14

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏