• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

外食日本一 ゼンショーの“牛丼革命”

このコラムについて

 外食業界での首位逆転が秒読みに入った。日本マクドナルドホールディングスに代わって外食トップの座を仕留めるのは牛丼「すき家」をはじめ、ファミリーレストラン「ココス」や「ビッグボーイ」など20もの業態を展開するゼンショーだ。
 外食企業の市場規模がこの20年で29兆円から25兆円と約4兆円縮小するなか、同時期にゼンショーは売り上げを20倍にする急成長を遂げた。だが、その躍進ぶりに反して、経営にはほとんど光が当たってこなかった。
 そこにあるのは生産性に対して異様なまでのこだわりと、特異な経営風土。そして、日本一の外食企業を20年足らずで作り上げた、革命家出身の創業者。
 知られざる外食ガリバー、ゼンショーの実態に迫る。

記事一覧

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

過去の、特に痛い歴史を次の世代に伝えることは、過去を知る者の使命です。

清野 智 東日本旅客鉄道会長