• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

もし不登校高校生に、音楽会社をマネジメントさせたら?

2010年10月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 爆発的にヒットしているベストセラー書のパロディではありません。それは、歴とした事実。しかも、単に経営学を学ぶという趣旨に留まるものではないとしたら、どうでしょう?

 それは、遙か彼方アイルランド発のブラストビート(Blast Beat)。音楽の新しいジャンル? ロックバンドの名前? 聞いたことがあるような、ないような、ほとんど知られていないといった方がいいでしょう。

 実は、アイルランドの音楽プロデューサー、ロバート・スティーヴンソンさんが2003年に立ち上げた高校生向けの社会教育プログラム。アイルランドに始まり、イギリス、アメリカ、南アフリカと広がり、昨年からは日本でも活動を開始しました。

 いわゆるNPOですが、ここにはこれからの企業がやらなければならないようなCSRのエッセンスがつまっているのです。

 スティーヴンソンさんは、世の中を変えるためには若い人が変わらなければ実現しないと考えました。まったく異論はありません。ところが日本では、恥ずかしいことに、高校などの教育機関に任せっきり。金を出せば何とかなると思っている?現実には、ユニークな高校をつくったり、中高一貫教育などを実施。そのほかはせいぜい職業訓練などでしょう。もちろん、それはすばらしいことですが、それだけで10代の若者の多くが変わろうという意欲が生まれるかどうかは疑問です。かえって、知的格差を生んでいるようにも思えます。

 ブラストビートが行っているのは、高校生をビジネスに直面させることで、自分の能力や適正を考えさせる取り組み。そしてそれを通して、人生への意欲を高めようと考えたのです。そのために、何より重要なのはテーマ。10代の若者のほとんどが関心を持つテーマでなければ、やる気を引き起こすことは難しいでしょう。

 その答えは、「音楽」。高校生にとって、これ以上のテーマはありません。読者の方もそうでしょうが、私もジョン・レノンを知ってからガラリと考え方が変わり、それ以降やることが変わりました。それで、勝手にジョン・レノンを人生の師匠だと決めつけているくらいですから。

 彼らのやり方は、まず高校にアプローチ。6人から12人くらいの生徒を集める。できれば、悩んでいたり不登校気味だったりする生徒がいい。彼らに3カ月をめどに、ライブイベントを企画・運営させるのです。

 そのために最初にやることは、会社組織をつくること。登記はしませんが、やることは普通の会社と同じです。つまり、CEO(社長)、イベント企画、財務、広報、CSR(社会貢献)など担当を決め、職務責任を分担する。それで各々、ライブに出演してもらうバンドの発掘と出演交渉、ライブ会場の確保、イベントのPR、ウェブサイト作成、チケット販売などすべてを自分たちで考えて実行するのです。まるで、「もしドラ」?

 会社のジャンルが音楽というだけで、これは会社経営・運営そのものです。マーケティングに広報活動、そしていかに利益を上げるかという経営的思考が求められるので、実社会のシミュレーションといっても過言ではありません。

 またこの会社の最も特徴的なことは、イベント収益の少なくとも25%以上をNPOや慈善団体などに寄付することが必須条件。自分たちがどのような社会的活動をサポートしたいのかを考えて、その団体に寄付するのです。まさに、いまどんな会社も苦慮しているCSR活動ではありませんか。

コメント0

「マーケティング・ゼロ」のバックナンバー

一覧

「もし不登校高校生に、音楽会社をマネジメントさせたら?」の著者

関橋 英作

関橋 英作(せきはし・えいさく)

マーケッター

外資系広告代理店JWTでコピーライターから副社長までを歴任。ハーゲンダッツ、キットカット、デビアス・ダイヤモンド、NOVA英会話学校など、数多くのブランドを担当、成功に導く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長