• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「読む」「聞く」「話す」「書く」、あなたならどれを最初に勉強する?

4つから1つを選べば4倍の速さで上達する

2010年10月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 言葉には4つの側面があります。話す、聞く、読む、書く、の4つです。「英語がうまい」というとき、具体的には
「英語を話すのがうまい」
「英語を聞くのがうまい」
「英語を読むのがうまい」
「英語を書くのがうまい」
 この4つの力が人より長けていることを指すわけです。

 この連載におけるぼくの提案はこの4つを一度にうまくなることを考えないで、「まず一つだけ挑戦する」というものです。その場合、4つ同時にやるのに比べて、その一つの上達は4倍の速さになります。

 しかも、いちばんやさしいものから攻略していくのです。みなさんだったらどれから始めますか? 一つずつ考えていきましょう。

(1)書く
 英文を書く機会って多いでしょうか。

 それは日本語で考えてみれば分かります。日本語で話す、聞く、読むは日々使っている能力でしょうが、毎日書く人は少ないのではないでしょうか。最近は友達に日々メールする人も居るでしょう。でも、そこで書くのは、言わば、話し言葉を文章化しているもので、どちらかというと「話す」に近い作業です。メールでは「拝啓、敬具」はまず書かないでしょう。

 書くとはやや正式な文章を書く作業です。日本語ですらあまり書かないのですから、英語だって書く機会は少ないはずです。だったら、書く力を養うのはうんと後でかまわないということです。

 正直に言うと、ぼくの学習法ではバッサリ切り捨てます。英語をマスターするまでのいずれの段階でも、書く練習は行いません。ぼく自身も書く練習はこれまで全くしたことがありません。メール程度の文章なら、話す力がつけば書けます。また、正式な文章は、話すと読む力の両方がついてくれば、自然と書けるようになってきます。

(2)読む

 次に「読む」力について考えてみましょう。

「日本人は話せないが読むのは得意だ」と言う人がいます。これは本当ではありません。ぼくが米国コロンビア大学の英語学校に入ったとき、海外から多くの外国人が英語を学びに来ていました。最初に学力別クラス分けテストがあり、ぼくも含め日本人は概して「読む力が低い」と判断されました。

 なぜかというと、単語力が圧倒的に欠けているからです。ヨーロッパやメキシコなどから来る留学生は自国の言語と英語に共通する語源のものが多いので、単語の意味を類推できるのでしょう。

 次の経済ニュースは日本語で書かれています。これは新聞記事を簡略にしたものです。まず、読んでみて下さい。

記事景気先行指標である機械受注は、前年比10%増となった。

 下線部にあたる英単語ご存じでしょうか。もし知らなければ、この文で分かるのは10%増というところだけになってしまいます。「この日本文はたまたま難しかったんだ。」と思った方は試しに新聞の好きな記事を選んで、英語の単語が思い浮かぶかどうか試してみてください。

(3)聞く

 次に「聞く」力を考えてみましょう。

 中学、高校生時代に外人教師の声を吹き込んだテープを聞かされて、まるで分からなかった覚えが誰しもあるのではないでしょうか。また、「日本人の英語発音は分かるが、外人の発音は全く聞きとれない」という人も多いでしょう。

 外人と付き合いのある人の多くは、早口でガンガンしゃべられて閉口しているはずです。誤解のないように言えば、外人はわざとまくし立てているのではありません。相手が日本人だということで、本来のスピードよりかなりゆっくりしゃべっているのです。でも、われわれには機関銃のように聞こえてしまうのです。聞き取りは4つの中で群を抜いて最も難しいのです。

コメント18件コメント/レビュー

私はかつて何の語学的準備もしないまま日本を飛び出し、長い放浪の旅に出ましたが、世界各地で出会う欧米人放浪者たちと、不自由なく英語で意志疎通ができました。私の実体験からも、著者のおっしゃるように「読む」「聞く」「話す」「書く」の中でもっとも簡単なのは「話す」です。人生の中ですでに獲得している単語力で十分会話は可能です。たとえわずかな単語力でも、それをどう工夫して相手に伝えるかが大切なのであって、かならずしも単語数=意思疎通能力ではありません。放浪中に出会う日本人放浪者も、みな不自由なく英語をしゃべっていますので、私だけの特例ではありません。また、私はいくら英語を読んでも単語力がついたと実感することはありません。ネットの英語記事を読んでも、同じ単語をしょっちゅうマウス翻訳で引いています。英語アレルギーの私が、強制的に単語力をつけようとするとアレルギーが悪化するだけでしょう。そんな私でも、すでに獲得している単語力だけを使って、創意工夫しながら意思疎通を試みると、英語での会話を楽しむことができました。誰でも意外と英語をしゃべれるのです。今後の連載を楽しみにしております。(2010/11/03)

「英語は道具:銅メダル英語を目指せ」のバックナンバー

一覧

「「読む」「聞く」「話す」「書く」、あなたならどれを最初に勉強する?」の著者

林 則行

林 則行(はやし・のりゆき)

投資家

投資家。全く英語が話せないのに資産運用のノウハウ修得のため渡米、コロンビア大学MBAにぎりぎり合格。仕事力と日本人の強みを生かすことで、社内最低の英語力ながら海外運用機関で株式運用部長。現在独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私はかつて何の語学的準備もしないまま日本を飛び出し、長い放浪の旅に出ましたが、世界各地で出会う欧米人放浪者たちと、不自由なく英語で意志疎通ができました。私の実体験からも、著者のおっしゃるように「読む」「聞く」「話す」「書く」の中でもっとも簡単なのは「話す」です。人生の中ですでに獲得している単語力で十分会話は可能です。たとえわずかな単語力でも、それをどう工夫して相手に伝えるかが大切なのであって、かならずしも単語数=意思疎通能力ではありません。放浪中に出会う日本人放浪者も、みな不自由なく英語をしゃべっていますので、私だけの特例ではありません。また、私はいくら英語を読んでも単語力がついたと実感することはありません。ネットの英語記事を読んでも、同じ単語をしょっちゅうマウス翻訳で引いています。英語アレルギーの私が、強制的に単語力をつけようとするとアレルギーが悪化するだけでしょう。そんな私でも、すでに獲得している単語力だけを使って、創意工夫しながら意思疎通を試みると、英語での会話を楽しむことができました。誰でも意外と英語をしゃべれるのです。今後の連載を楽しみにしております。(2010/11/03)

外国人(アジア)の友達とFacebookでつながり、「書く」アウトプットをするようになりました。楽しみながらコミュニケーションを取っております。中韓国タイなどの人と英語でつながる場合は文法も語彙もシンプルなのでわかりやすいです。話すほうは手つかずですが・・・(2010/11/02)

「話す」が簡単とありますが打ち合わせの会話だって、相手の話している内容を「聞いて」、「話す」ことになるでしょう。まずは聞けないと話にはならないかと。筆者のいう「話す」とは「つぶやく」という意味に近いんじゃないかと感じました。つまり、「会話」がキャッチボールにたとえるなら壁にむかってボールを投げているような・・・。私は中国に行く時に中国語の受け答えを丸暗記し、言いたいことは言えるレベルで行きましたが、相手の言っていることが聞き取れなければ、会話が成り立たないと痛感しました。。。だれも、教科書の文章通りに話してはくれませんからね。「聞く」が難しいなら、まずはそれだけの時間を割いてもよいのではと思いました。(2010/11/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長