• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第3回 「仕事」と「育児」のどちらが大切ですか?

  • 青野 慶久

バックナンバー

2010年10月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2010年8月、「育児休業を取得する」と発表したところ、上場企業の社長が育休を取るのは珍しいとメディアで大きく取り上げられました。最近、子育てを楽しみ、育児に積極的に取り組む男性“イクメン”が増えているとはいえ、育休を取得する男性はまだまだ少数派です。今回は、わずか2週間ですが、僕が実際に育児休業を過ごす中で気づいたことをお話ししたいと思います。

24時間365日休めない

 育休を取ってまず分かったのは、育児は24時間365日休みがなく、常にどんなことにも対応できる待機状態である重労働だということです。

 当たり前ですが、子供は生きていますからね。つくづく生き物なんだなあと思いますよ。必ず3~4時間ごとにミルクが必要だし、何度もうんちをするし、否応なく泣く。前日遅くまで起きていたのに、朝4時とかに目を覚まされるとしんどかったです。

今日はパパと2人

 特に子供と2人きりのときは大変です。目を離さずに見ていないと、何があるか分かりませんから、自分がトイレに行くときさえ気を抜けません。トイレに行っている間に子供がごろごろ転がって電化製品などに触ったらいけない。だからトイレには走って行って、走って帰ってきて、「何もなかった、セーフ」みたいな気持ちでした。

 僕の場合、嫁さんがいないときは食事をするのも一苦労でした。僕は料理が作れないので、外に食べに行くか、買ってくるしかない。夜は子供にミルクを飲ませて寝かしつけ、「よし、寝た。今のうちだ! 5分くらいならベッドから落ちることはないだろう」って、近くのコンビニまで走って買いに行きました。

 育児の大変さに加え、もう1つ気づいたことは、子育ては常に「何かあってはいけない」「失敗できない」というプレッシャーにさらされているということです。

 おおげさかもしれませんが、「この子を死なせてはいけない」というプレッシャー。ミルクを吐いてしまった。どうしたんだろう。どこか具合が悪いのか。さっきから泣きやまないけど、異常な泣き方ではないのか――。育児の経験がなく、相談する相手もいず、不安に駆られます。

コメント12

「社長・青野慶久の「イクメン日記」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長