• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第17回 大人が大人をしかっちゃ、ダメでしょう

部下に注意する時、忘れてはいけない大事な一言

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2010年11月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

そもそも大人が大人をしかれるのだろうか?

 「しかっても部下がなかなか言うことを聞かない」という話を耳にする。これはしかる方に問題があるのだろうか、それとも言うことを聞かない方に問題があるのだろうか。

 もちろん様々なケースがあって一概には言えないが、私はその上司に2つのことを言ってあげたい。1つは「そもそも大人が大人をしかれるのだろうか」という疑問だ。三省堂の国語辞典「スーパー大辞林」によると、【しかる】 とは「1.(目下の者に対して)相手のよくない言動をとがめて、強い態度で攻める。 2.怒る」とある。

 目下とは「地位・年齢などが自分より下であること」だから、こと会社においては地位が上の上司が、下の部下に対して「強い態度で攻める」、あるいは「怒っている」状態となるだろう。上司は査定や評価、配属や異動の権限、あるいはそれ以上の力を持っている。逆らうと不利になるから最後はしぶしぶ従うけれども、自分なりに考えて行動した人ほど腹の底では納得できていない。

 例えば、あらかじめ「自分で考えて行動してみろ」と言っておいて、自分の予期した行動でないと頭ごなしにしかる上司。部下からすれば、「だったら最初から“命令”してくれ」と言いたくなる。上司は部下に、まずはどう考えてその行動を取ったのかを聞くべきだ。そのうえで、両者の考え方や判断の違いを話し合えばいい。時には部下の行動の方が理にかない、良い判断の場合もある。

 部下に最後まで一人で判断して行動させると不安なのであれば、途中で報告させればいいまでだ。どのタイミングで報告させるべきかが経験上分かるからこそ、上司には上司としての価値があり、部下に考えさせて経験を積ませ、育てることができる。

 経験が少ない間は失敗も多い。だがそのことは本人が一番分かっている。彼(彼女)はまた失敗したいなどと思ってはいないわけで、しかったり、怒ったところで何も解決しない。原因をはっきりさせて、二度と起こらないようにすればいい。原因はまず本人に考えてもらい、必要ならアドバイスをする。後は次からの行動を変えるだけだ。どこにもしかる理由はない。

 そもそも相手も大人だ。普通の常識がある大人を、大人がしかれるだろうか。(もしあなたの部下に普通の常識がないと思うなら、次の採用の時にはぜひ親御さんにも会っておくべきだ。普通の常識のある大人に育つかどうかの責任のほとんどは、学校でも社会でもなく親にあると私は思う)。

 皆さんは大人になってから、親以外の誰かにしかられたり、怒られたことが何回あるだろうか。

 年功序列と終身雇用が常識だった時代をご存知の方は、職場で上司や先輩から、新人時代からいい年になってまで何度もしかられた経験をお持ちだろう。ではなぜ、何度もあるいはこっぴどくしかられても、素直に言うことを聞けたのか。当時の部下たちは、今の若い人より性格がずっと素直だったからだろうか。

 いや違う。そこには互いの信頼関係があったからだ。

コメント43

「武田斉紀の「行きたくなる会社のつくり方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員