• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英語がダメでも国際思考はできる!

――ツイッターから思いがけないビジネスを

2010年11月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

キャリアの1ステップとしての東大教授」から読む

伊東 乾(以下、伊東) 今日のこの座談は、僕がこんな面子でしゃべりたいな、と思っている人に集まってもらったという、ある意味非常にふざけた話かもしれないんですが、例えばさっきも言った通り、小野君と知り合ったのは「ツイッター(Twitter)」でした。

小野 裕史(以下、小野) ツイッターですね。

伊東 この記事にアクセスしてくださった読者の皆さんにも「別にあの人たちは何か別種の人たちで、日経で何かやっている」とか思わないでほしいんですよね。実際、ツイッター上で知り合った大学の先生と既に何本か共同研究も始めていますし。大企業のトップとかだったらまだしも、ベンチャーとか、僕みたいな学内ベンチャーの弱小研究室なんかは、いろんな風穴をいつも探しているわけですから。普通に門戸を開いて、いろんなことができるわけですから。

小野 できますね。

ツイッターが引き起こす「化学反応」

伊東 まだ小野君とお知り合いになって半年ぐらいですよね。幾度かご一緒させていただいて、例えば彼が英語をどうしゃべるか、とか全然知らないですよ。でもツイッターを通じてハッキリ分かっていることは、この人は国際的に開かれた土俵で思考して、自分で判断して行動している人だということですね。少なくとも思考とか日常が分かっちゃうわけだし。だってこれから会津に行って明日100キロマラソンに行くんでしょう?

小野 裕史(おの・ひろふみ)
インフィニティ・ベンチャーズLLP共同代表パートナー。1974年札幌市生まれ。2000年に東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修了後、日本IBMシステムズ・エンジニアリングを経て、2000年9月にシーエー・モバイル第1号社員として入社、モバイルインターネットの主要会社にまで成長させる。2008年にシーエー・モバイル専務取締役を退任し、インフィニティ・ベンチャーズLLPとして独立。グルーポン・ジャパン(東京都渋谷区)やRekoo Japanなど、日本・中国を中心にインターネット分野での投資、創業を手掛ける。 (写真:大槻 純一、以下同)

小野 はい、明日走るんです。朝5時から。

伊東 そういうライフスタイルと、今までやってこられた仕事、それから今はベンチャーキャピタルをやっているという、そこからおのずと分かることがありますよね。某CFO(最高財務経営者)は海辺に住んで朝5時からサーフィンをやって、オンタイムからバリバリ仕事している。

 どこかの誰それさん、かつて頑張って一度成功して、あとは何か悠々自適とか、そういうんじゃない。いつもトライ・アンド・エラーがあるし、新しい挑戦がある、そういう人生のほうがやり甲斐、生き甲斐があると思うんですよね。

小野 僕も伊東さんにツイッターでいきなり「会いたいんです」というのをつぶやいたわけですね。これは公開情報なんですけれども。なぜ僕がそれをしたかというと、共通のYとNという友達、やっぱり面白いやつら、楽しい仲間ですね。コミュニケーションが好きで、そういう楽しいと思っているやつらが伊東さんのことをツイッターで見つけていた。僕はたまたま、まだ見てなかったんですよ。

 で、その2人が「面白い」と言うんだから、それは面白くないわけがないだろうということで、酔った勢いもあったんですけど、突然ツイッターで書いたんですね。

伊東 なんだ、シラフじゃなかったんだ。それは酒の勢いに感謝しなきゃ(笑)。

小野 そしたら「会いましょう」と言ってくださったと。

伊東 くださったなんてもんじゃないんだけど、というのは、一つはツイッターのおかげで、間に共通の友人がいろいろいるのがすぐに分かった。それが信頼関係をすぐに作る追い風になった。もっとハッキリ言ってしまうと、ここにいる高田(康裕)君と僕は寮で共に寝起きした仲間。自宅を出て共同生活を始めて、生まれて最初に「風呂上りにビールを飲むとうまい」なんてことを知った仲間が高田君なわけで、その高田君の会社にいるY君と小野君が、やっぱり学生時代の寮の仲間だったというのがあった。これ、米ハーバード大学の学寮なんかと似た話ですよね。

コメント4件コメント/レビュー

小野 裕史さんの写真の腕時計を見て「あれっ、なぜランナー用を使っているの」。記事を読み、100Kmウルトラマラソンに出ることが分かり「やはりそうか」と。ツイッター・日経ビジネスオンライン・腕時計・マラソンとつながりを感じています。でも100Kmとはすごい、私は10Kmレースを目指しています。(2010/11/02)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小野 裕史さんの写真の腕時計を見て「あれっ、なぜランナー用を使っているの」。記事を読み、100Kmウルトラマラソンに出ることが分かり「やはりそうか」と。ツイッター・日経ビジネスオンライン・腕時計・マラソンとつながりを感じています。でも100Kmとはすごい、私は10Kmレースを目指しています。(2010/11/02)

英語がダメでも...と言いながら、アルファベットやカタカナ英語が多い記事で説得力が欠けます。国際思考は英語無しでもできるとは思いません。英語で表現するときと日本語で言い表すときでは思考内容にも違いが出てくるからです。ヘタでも今や共通語である英語はできなければ話にならないでしょう。対談内容はとても興味深いものですが、やはり秀才、エリートの集まり(その自覚もおありでしょう)だなあと思います。でも、それだから読むに値するわけで楽しみにしております。(2010/11/02)

対談形式も面白いですね。ツイッター、一方通行で流したいときにだけ使うようになってきました。常時見てるわけじゃないというのが一番の理由ですけど、飽きたのかもしれません。一方通行、双方向、いろんなメディアがあるなかで、取捨選択は自分。自分を磨くというか、高めるのに、何が必要で何が必要でないのかの選択は難しいのですが、みなさんの考え方、それぞれ面白いですね(消化しきれてないですが・・・) (おやさん)(2010/11/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長