• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

最終回 反攻に転じるラストチャンスを生かせ

カギを握るのは“創業”と“操業”の分離

2010年11月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今の日本企業の状況は、1980年までの米国企業と酷似している点が多い。

 前回にこう指摘した。その米国企業は80年代に長い低迷に陥ったが、90年代に入って反撃に転じる。

 マイクロソフト、インテル、アップル、デル、シスコシステムズ、イーベイ、クアルコム、グーグル──。IT(情報技術)の分野で新興企業が次々と台頭し、世界的な企業へと成長していった。

 それだけではない。IBMやウォルト・ディズニー、ゼネラル・エレクトリック(GE)といった長い歴史を誇る既存の大企業も息を吹き返し、再び成長軌道を描いている。

 それとは裏腹に、日本企業は90年代に入ると失速していく。それから20年。今なお日本企業の多くは低迷から抜け出せていない。

90年代に息を吹き返した米大企業の共通点

 90年代を境に、日本と米国の大企業で明暗が分かれたのはなぜか。

 分岐点は、本コラムで指摘してきたように、主力事業の寿命に直面する中、成長が見込める新たな事業へと乗り換える転地を成し遂げられたか否かにあった。

米IBMの再建を主導した元CEOのルイス・ガースナー氏

 IBMは、世界最強のコンサルティング会社として知られるマッキンゼー出身の元CEO(最高経営責任者)、ルイス・ガースナー氏の下で、メーンフレーム(大型汎用コンピューター)のメーカーからコンサルティングを中心とするサービス事業の会社へと変貌を遂げていった。

 創業者の没後、長期にわたって低迷していたディズニーを再建したのは、パラマウント映画の会長から同社の会長兼CEOに就任したマイケル・アイズナー氏だ。

 彼は、旧来の本業、アニメーションでヒット作を連発すると同時に、アニメが生み出したキャラクターを活用する多様なビジネスに、ディズニーの収益基盤を移していった。

米GEを躍進させた元CEOのジャック・ウエルチ氏

 GEは、主業を電機関連からノンバンクに移し、業績を拡大していった。その立役者は、同社新規事業部門からCEOまで上り詰めた生え抜きのジャック・ウエルチ氏である。

 転地に成功したこの3社には、1つの共通点がある。それは、マイクロソフトなどの新興企業と同様にIT革命の波に乗った点だ。

 メーンフレームのメーカーからサービス企業へと変貌したIBMはまさにその典型だ。IT革命の波に乗ろうとする他社を助けるところに勝機を見いだした。

 ディズニーのキャラクターグッズの販売事業(キャラクター使用権のライセンス事業ではない)やGEの金融事業なども、その成功の背景にはIT革命に伴う管理コストの劇的な低下があった。

 このことは、IT革命によって90年代に様々な新規事業の機会が生じたことを物語る。だが、日本企業はその好機を生かせなかった。

コメント7件コメント/レビュー

『DATが録音の世界を独占している』と反論している人がいるが、それこそ、ニッチ市場しか取れずじまいの「技術で勝って、ビジネスで負けた」日本的な実例そのものではないでしょうか?(2010/11/10)

「三品和広の日本企業改造論」のバックナンバー

一覧

「最終回 反攻に転じるラストチャンスを生かせ」の著者

三品 和広

三品 和広(みしな・かずひろ)

神戸大学大学院経営学研究科教授

専攻は経営戦略・経営者論。1989年米ハーバード大学文理大学院企業経済学博士課程修了、同大学経営大学院助教授に就任。北陸先端科学技術大学院大学助教授などを経て、2004年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

『DATが録音の世界を独占している』と反論している人がいるが、それこそ、ニッチ市場しか取れずじまいの「技術で勝って、ビジネスで負けた」日本的な実例そのものではないでしょうか?(2010/11/10)

ライブドアを「お取りつぶし」にして以来、「創業は結局損」という雰囲気が広まったのみならず、今に至っては「創業なんかカタギの人間がやることではない」という道徳論にすらなってしまっている気がする。とりわけ若い世代において。(2010/11/09)

 創業と操業を分けるという意味では,企業の研究開発部門には,従来製品の改良や改善以外にも創業につながる製品開発も任されているはずですが,新製品の種を操業部門で評価させているために,創業につながらない.もしくは,創業するほどの新製品は,従来製品の改良や改善を手掛けているような研究開発部門からは所詮出て来ない,ということなのでしょうね. それなら,既存の研究開発部門とは全く別の部署を立ち上げて取組むべきかと思われるが,今度はそれが可能な人材の発掘から始める必要がある.また,それをマネージメントする人材が必要になる.この記事で「30代から」発掘することを主張されているのは,後者のマネージメントする人材と思われるが,マネージメント出来てもビジョンないしその萌芽が無ければ,おぼつかない. 大河ドラマを観ていると,幕末に「日本」をイメージし,それを達成しようした偉人として坂本龍馬を取り上げているが,企業の中でそれに匹敵する人材を登用するということは,薩摩藩主の島津斉彬なみの見識を以て,西郷隆盛を取り立てることに相当するだろう.日本の企業に,島津斉彬なみの経営者を育てる必要がまずあるかもしれない.ということは,2段3段構えで人を育てる構想を練ることから始める必要があろう.(2010/11/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授