• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【8回裏】投資とは、経営者にするもの

創業間もないベンチャーが2億円を調達できた理由

2010年11月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東北楽天ゴールデンイーグルスの創業メンバーから、転職サイトのベンチャー経営者へ。経営の趣旨に賛同した仲間を得た南壮一郎氏は、起業への道を突き進みます。

 ところが、またしても難題が降りかかります。事業の肝心要のサイト制作が、頓挫してしまったのです。

 途方に暮れる南氏。そこに、思いがけない人からの激励が彼を再び奮起させます。

(日経ビジネスオンライン編集部)

はじめから読む)

前回から読む)

 システム開発が頓挫し、途方に暮れていた私たちですが、思いがけない人物が、私たちを励まし奮起させてくれました。

 楽天イーグルスの島田亨球団社長です。

 ある日、私は創業の報告をするために、島田さんを訪ねました。

「諦めるな。お前なら絶対できる」

 すると、お会いするなり、島田さんは笑顔をうかべ、「諦めるな。お前なら絶対できる」と背中を押してくれました。そして、詳しい事業の話は一切聞かず、資本金として1000万円の出資を約束して下さいました。

 「ベンチャー企業に投資するというのは、経営者に投資をするということだ。ビジネスモデルは後からついてくる。がんばれよ!」。そのときにかけて下さった言葉は、今でも忘れません。

 また同じ時期、もう一人の創業メンバーも合流することになります。

 現在のマーケティング担当役員を務めている、永田信です。彼との出会いは運命的でした。

 出会いのきっかけは、私がビズリーチの運転資金を稼ぐためにお手伝いをしていた外資系エンターテイメント会社の日本支社長が電撃解任され、アメリカ本社から支社長探しを担当して欲しいと打診されたことでした。

コメント1件コメント/レビュー

ガザやダルフールでなく、日本に生まれたことを幸運というのでしょう。勇気をもって行動できる、ポジティブな性格であること、あるいは、自分で努力してそうなったのかもしれませんが、努力できることそのものも、いわば、天賦の才であり、うじうじ文句ばっかり言って何も挑戦しない性格、あるいはそれを改善できないことも、生まれつきと育った環境のせいで、運が悪いのかもしれません。(2010/11/17)

「激走!ベンチャー・スタジアム ~僕の楽天イーグルス創業記~」のバックナンバー

一覧

「【8回裏】投資とは、経営者にするもの」の著者

南壮一郎

南壮一郎(みなみ・そういちろう)

ビズリーチ代表取締役

株式会社ビズリーチを創業、2009年4月、管理職グローバル人材に特化した会員制転職サイト「ビズリーチ」を開設。2500社がビズリーチに登録し、ダイレクト・リクルーティングのデータベースとして利用。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ガザやダルフールでなく、日本に生まれたことを幸運というのでしょう。勇気をもって行動できる、ポジティブな性格であること、あるいは、自分で努力してそうなったのかもしれませんが、努力できることそのものも、いわば、天賦の才であり、うじうじ文句ばっかり言って何も挑戦しない性格、あるいはそれを改善できないことも、生まれつきと育った環境のせいで、運が悪いのかもしれません。(2010/11/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長