• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第21回 完ぺきなリーダーほど、煙たい

リーダー本をまじめに読んでるあなたが一番アブナイわけ

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2010年11月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ちまたにあふれるリーダー本が、リーダーに求めていること

 アマゾンの検索窓に「リーダー」と入れるといくつ引っ掛かってくるか試してみた。2万2280件(執筆時点)と、実に2万件以上に及んだ。

 「マーケティング」だと1万7542件、「人事」だと2万6548件。書籍検索による単純比較ではあるが、これらと並べられるくらい世の中の関心を集めているテーマと言えるのかもしれない。

 「リーダー」に関する本をすべて読んだわけではないが、目立つのは「リーダーに求められるスキルや能力」「リーダーがあるべき姿」などの項目を並べている本だ。

 パナソニック創業者で経営の神様と呼ばれる松下幸之助氏の『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』(PHP研究所)には、次の5つが挙げられている。

・素志貫徹・・・道を切りひらくために

・自主自立・・・知恵と力を集めるために

・万事研修・・・すべてに学ぶ人となるために

・先駆開拓・・・新たな歴史の扉を開くために

・感謝協力・・・真の発展を目指して

 これは日本のリーダーとなる人材を育成・輩出すべく設立された松下政経塾の行動規準と言える「五誓」でもある。同塾出身者の多くはその後政治家として、経済界においては経営者や役員として、また研究、マスコミ、教育分野などにおいてリーダーのポジションに就いている。彼らは今でもこの5項目を、リーダーに求められる行動規準として大切にしていることだろう。幸之助さん自身の長年の経験則であり、読めば読むほど深い話だ。

 コミュニケーションおよびリーダーシップのトレーナー兼コンサルタントのマリーン・カロセリ氏の『初めて部下を持つ人のためのリーダーシップ10のルール』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)には、タイトル通り「リーダーとは○○する人である」という表現で10項目が挙げられている。

 「現状を変革する人」「ビジョンを描く人」「問題を解決する人」「チームをまとめる人」「マネージする人」「コミュニケーションをとる人」「力を配分する人」「関係を築く人」「計画を立てる人」「リーダーとはリーダーである!」

 この内容にも私は異論がない。さらにビジネスコーチング企業、コーチ・エィ取締役社長・鈴木義幸氏の『リーダーが身につけたい25のこと』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)では、やはり「リーダーは○○する」として25項目が取り上げられている。

「1.ビジョンを描く」「2.決断する」「3.エネルギーが高い」「4.やりとげる」「5.スピード感が速い」「6.何かをやめることができる」「7.聞く」「8.人前でうまく話せる」「9.誘う」「10.逃げない」「11.自分を客観視できる」「12.約束を守らせる」「13.部下のリーダーシップに火をともす」「14.組織の全員をリーダーと見る」「15.リーダーを育てる」「16.組織の緊張感をコントロールする」「17.楽観的である」「18.慢心しない」「19.自分に前向きの質問をする」「20.多様性を尊重する」「21.リーダーシップを学んでいる」「22.ストレスをコントロールする」「23.反応を自分で選択する」「24.退路を断つ」「25.情熱を自分で生み出す」

 25項目のどれを取ってもやはり異論はない。というより25項目はまとめれば先の10項目にほぼなるのだろうし、さらには松下政経塾の「五誓」にもまとめられるのではないだろうか。恐らくリーダーに関する良書を何冊か買えば、「リーダーに求められるスキルや能力」「リーダーがあるべき姿」はおよそ網羅できるに違いない。それにしても、「リーダーに求められること」の何と多いことか。

 次第に気持ちが重くなっていくのは私だけだろうか。自分が現在満たしている数を聞かれたら、いくつと自信を持って答えられるだろうかと考える。同時に私は、かつて大きな組織の中で課長に昇進した時のことを思い出した。

 明確に位置づけられた組織のリーダーとして、社会に出て初めて人を率いていくことになった。会社が要望する課としての結果も求められる。まさに5項目、10項目、25項目のすべてがドーンと目の前に置かれた瞬間だった。昇進したことの喜びよりも、緊張感に襲われた記憶の方がよみがえった。

コメント13件コメント/レビュー

要は、偉そうにしなければ良いのではないでしょうか。昔読んだ小説に、”人は、偉くなればなるほど腰を低くしなければならない”といったセリフがありました。いい言葉ですね。(2010/11/30)

「武田斉紀の「行きたくなる会社のつくり方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

要は、偉そうにしなければ良いのではないでしょうか。昔読んだ小説に、”人は、偉くなればなるほど腰を低くしなければならない”といったセリフがありました。いい言葉ですね。(2010/11/30)

入社3年目です。記事を読んでいると自然に尊敬する上司と記事の内容がリンクしていき、とても共感を覚えました。私の組織には幸いにも「優秀」な上司や社員が沢山いると感じていますが、それでも「完璧」な人間なんていません。だからこそ、「弱み」を見せてくれる上司と「強み」ばかりを振りかざして弱みを見せない上司では、部下に与える印象は大きく異なると感じています。特に若手や新入社員は只でさえ仕事が思うようにいかなく劣等感を感じやすい立場にいます。そんな中で、「優秀」な社員の強みを押し付けられたら落ち込みますし、更には「あの人はあれが出来ていないのに」と上司の弱みを指摘しては自分の劣等感を和らげようとしてしまいます。逆に、弱みをさらけ出す上司には、その弱みをカバーすることが部下の「存在意義」にも繋がり、逆に上司の強みから多くを学ぼうと思うことが出来ました。上記は楽観的で極端な例だと思います。但し、優秀な上司ほど、上記の傾向は当てはまると感じています。実際尊敬する上司に、「フォロー助かるよ」と言われたときは、単純に褒められるより何倍も嬉しいものでした。(2010/11/30)

「理想の上司を有名人に例えると?」というアンケートの回答トップ10が全員男性であることが、リーダーに求められている資質を、最も雄弁に物語っているように思います。(2010/11/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長