• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

歩行者と自転車は、街で共生できるのか?

財布にも環境にも優しいシェアリング《自転車編》

  • 菊地 眞弓,WITH三波 毒夫

バックナンバー

2010年12月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人物紹介

菊地 眞弓:レースクイーンやミスコン荒らしなど「バブルでGO」を満喫した20代を経て、今や贅沢に飽きてほとんどモノを買わなくなったアラフォー女子

WITH三波 毒夫:流通の現場に出向き、同業者や取引先と情報交換するのが3度のメシよりも好きという謎の中年男。「WITH」は、「お客様とともに」を意味する

たまたま出会った2人が「世の中に、気づき・幸せ・役立ちを与える」で意気投合。今日も流通の最前線を歩きます。

WITH三波 毒夫(以下、三波) 菊地さん、本格的に「買わない私」の時代が訪れそうだね。

菊地 眞弓(以下、菊地) 何なに??

三波 大量購買が大量破棄を生み出しかねないからか、はたまたリーマンショック以降、専有できる経済的余裕がないからか、世の中にはいろいろな「シェアリング」が溢れてきたよ。

菊地 「シェアリング」ですか。以前、友人がアメリカに会社を興した際に、5人でジェット機をシェアしていたそうですが、ITバブルの崩壊で手放すことになったと聞きました。10年ぐらい前の話かな・・・。別荘とかクルーザーとかも、アメリカやヨーロッパではシェアしている人が多いそうですね。

専有よりシェアという価値観

三波 いきなり話が高額ラインになってしまったけれど・・・(汗)。2009年6月発行の「先事新聞」(NTTアド)がシェアリングをテーマにしていて、インターネットによる自主調査の結果を掲載していたよ。それによると、首都圏在住20~59歳男女400人に聞いたところ、「シェアリング意向者」は全体の37.3%で、そのうち20代男性の約半数48%が「CD・DVD」「ゲーム」「家電」「衣類」など、幅広いジャンルで「シェア」を望んでいるとのこと。

菊地 所有物を増やさない観点からのシェアなら「エコ」的ですし、旬なものを期間限定でシェアするなら「おいしいところどり」ですね。

三波 女性に人気のアクセサリーやブランドバックまで、最近はシェアできるようだよ。

菊地 贅沢をリーズナブルに実現できますね。そう言えば昨年「自転車」を取り上げた時に、東京・丸の内での「コミュニティサイクル」社会実験について触れました(「スポーツ自転車は、必需品か、一過性か」)。

 この動きは、ほかの都市部や観光地でも広がっているようです。「駅や駐輪場、さらにはコンビニエンスストアに手軽に利用できる貸自転車の貸し出し拠点(エコポートもしくはサイクルポートと呼ばれている)が設置されれば、いつでも管理・整備された自転車に乗れますね。買うよりエコかもしれませんね」なんて話していたことが現実になってきました。

 例えば、さいたま市では、「脱・クルマ社会」として、貸自転車を使った社会実験を実施。名古屋市や神戸市、熊本市でも駅前やコンビニなどでエコ(サイクル)ポートを設置し、丸の内と似たシステムで運用実験を行なっているようです。

 また、京都市では「日本型のコミュニティサイクルを実現」するために、環境省が支援した最新システムによるコミュニティサイクル「まちかどミナポート」があるようです。さらに、東京都世田谷区では、自転車のシェアリングシステムで「グッドデザイン賞」を受賞しています。

三波 とはいえ、大きな荷物やかさ張る物を運ぶ時には「クルマ」も必要だよね。

菊地 そうですね。特に高齢の方は自転車での外出も楽ではないですし、購入した商品を運ぶのも一苦労。

 先日、視察で伺った三重県川越町では買い物する人向けに地域の交通移動手段として、リフトのついた無料「福祉バス」が町内約30カ所を循環運行していました。これもシェアですよね。近い場所だからこそ、皆で乗り合い移動するほうが環境にも優しいし、乗る際にアシストもできるから人にも優しい感じがしますね。

コメント2件コメント/レビュー

車両である自転車と歩行者の共生は厳しいでしょう。今後も技術進化で自転車はどんどん早くなります。歩行者は変わりません。歩道ではなく車道をいかにシェアするかの議論をすべきです。(2010/12/03)

「「買わない」私が、気になる売り場」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

車両である自転車と歩行者の共生は厳しいでしょう。今後も技術進化で自転車はどんどん早くなります。歩行者は変わりません。歩道ではなく車道をいかにシェアするかの議論をすべきです。(2010/12/03)

モラルのない連中にチャリを与えても事故が増えるだけ。現にチャリの事故件数は増加する一方。しかもモラルが無いんだから、好き勝手に走って好き勝手に止める。他人の家の出入り口前やら道路の真ん中、他人の敷地などルールを守らないクズが多い。行政も何故か海外みたいに車道に自転車道を造らずに歩道を狭めて自転車レーンを造る。商店街を自転車で通行しても何もしない事がおかしいのだから。自転車も免許制度にするべきかもね。無灯火やノーヘルだったら10万円以上の罰金で。あとは信号無視して轢かれたらチャリが有罪で自動車は無罪ってしないと。(2010/12/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表