• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「流行語大賞」よりも流行した言葉の調べ方

2010年12月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年も流行語大賞が発表されました。

 流行語大賞に選ばれた言葉を見てみると、大賞となった「ゲゲゲの~」をはじめ、マイクロブログサービス「Twitter(ツイッター)」の発言でよく語尾に使われる「なう」など様々なキーワードがノミネートされました。ただ、人によっては「本当にその言葉って流行っているの?」とか「聞いたことがないよ」と思う人も意外に多いのではないでしょうか。

 そんな時にぜひ試していただきたいのが、ソーシャルメディアを始め、ネット上のリアクションを見ることができる様々なツールたちです。

耳を傾けよ

 日本で「ソーシャルメディアを使う」という場合には、ツイッターの公式アカウントを開設したり、ブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のコミュニティーを開設したりといった、比較的企業利用を指すことが多いと思います。消費者に対する情報発信手段としてソーシャルメディアをとらえている人が多いからかもしれません。

 ただ、ソーシャルメディア先進国である米国では、まず「傾聴(Listen)」と呼ばれる「ソーシャルメディア上の声に耳を傾ける」という行為から始めるべきだという論調が一般的です。

 これには、以前に「SNSがテレビCM? 外国人が信じられない理由」のコラムでご紹介したように、日米間のソーシャルメディアの浸透率の違いが大きく影響していると思います。日本ではソーシャルメディアを活用している方はまだまだインターネット利用者の20%程度といわれていますから、自社の顧客の一部しかソーシャルメディアを利用していないとの印象を持っている企業担当者がまだまだ多いのでしょう。

 ただ、今回の流行語大賞のようなトレンドを把握するには、ソーシャルメディアにおける発言の傾向分析は非常に有効です。

 確かに20%程度しか対象にならないかもしれません。それでも、通常のアンケートなどの調査でとれるのは数百人~多くても数千人規模。実はソーシャルメディア利用者の生の声を分析するほうが、はるかに母数が多いのです。

コメント0

「企業と顧客を結ぶソーシャルメディア」のバックナンバー

一覧

「「流行語大賞」よりも流行した言葉の調べ方」の著者

徳力 基彦

徳力 基彦(とくりき・もとひこ)

アジャイルメディア・ネットワーク

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 代表取締役社長。NTTやIT系コンサルティングファームなどを経て、2006年にアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員