• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新しいビジネス着眼の傾向と対策

業界情報通が持ち込む新アイデアは賞味期限が短いのである

  • 斉藤 由多加

バックナンバー

2010年12月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中小企業ってのは、資本力がない。トレンドに相乗りしていたのでは、せっかく投資しても、市場開拓の協力費に終わっしまうものだ。市場が飽和し、利益などろくに出ないうちに淘汰(とうた)されてゆく。だから、新しい事を思いついても、それが世に出回るころには、大資本が金と規模にモノを言わせて追いつかれちゃってるなんてことになる。それを回避するためには、「賞味期限切れ」までが長いアイデアを考えないとならないわけです。

禁断のメニュー

 ドンブリものの飲食店をやってみたいと思って、青山外苑通り沿いに店を出した事がある。

 この店で出した「ゆめし」という食事。ちょっとかわったものです。子供のころに、おでんなどの残り汁を御飯にかけて食べるとゆで卵の黄身が入っていたりして、うまいので好きだったのです。が、そういうことをすると母親が「行儀が悪い」と叱るわけ。昔の言葉で「ねこまんま」っていうんですかね? 松阪という城下町生まれの母にとっては下品に見えたのでしょう。うちの食卓では、そういう食べ方することが禁じられた。

 で、「これが正しい食べ方になる料理をいつかつくってやる」という思いが大人になってからもずっと続いてまして、それを実現したのがこの「ゆめし」という食事というわけです。だから店の名前、「ゆめしや」とした。

「汁をかけて食べるのが下品でない」という料理をつくってみたかった
画像のクリックで拡大表示

 さて、この飲食店を始めるに当たっては、だれも味わった事のない新料理を料理人に伝えるところから商品開発が始まったわけです。が、言葉やジェスチャーや絵で料理を伝えることなんてしょせん不可能です。よく考えたら、イメージしている味を伝える方法なんて、この世に、ない。だから何週間にもわたって試行錯誤の繰り返し。

 そんなある日、この料理人はこう言ったのです。「まるで、ねこまんまだな…」と…。この意味がよく分からなかったのだけれど、これつまり、こういう意味です。料理人たちの間では、決してお金を取ってはいけない料理というのが不文律のうちにある。それがいわゆる「ねこまんま」と呼ばれるたぐいのもので、「常連客の間でうまいと評判のまかない料理」などがこれに当たるそうな。どんなに評判がよくても商品として金を取ってはいけない、それを出すのは料理人の恥、といった意味合いがあるらしい。で、この職人の発言の真意は、この掟やぶりを強要されている、という意味、と後で同席していた先輩が教えてくれました。

 僕は素人なもんだから、そういう業界常識がなかった。後日、その職人に無知を詫びた後で、こうも言ったのです。「そのタブーは同時にこの業界の盲点だと思う。録音機能がないカセットプレイヤーなんて、ソニーがウォークマンを出すまでは業界じゃタブーだったんだから」と。ま、ただの減らず口に聞こえるかもしれませんが、けっこうそれがきっかけになって、その職人の商品開発の力点が変わり始めたのであります。

実際に店で出した「ゆめし」
画像のクリックで拡大表示

 その結果としてできた料理を「ゆめし(R) 」と命名したのですが、歯ごたえある具入り飯に、これまた秘伝(?)のだし汁をかけて食べる、という新しいスタイルのメニューとなってデビュー((R)とわざわざ書いたのは、商標までとったという意味です)。
さて「ゆめしや」と名付けたこの店、開店してすぐに話題になり、1カ月後にはHanakoの表紙になるわ、その翌週には王様のブランチのスタジオに登場するわ、と大きな話題になった。さらに、永○園の人やら大手コンビニの人やら、いろいろな業界の人が偵察にまで来た。(そのあと別の理由で店を閉じちゃいましたけどね。そのときに得た教訓については、また今度話します)。

コメント1

「“しーマン”の独立独歩」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック