• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ヴェルサイユ宮殿に村上隆が連れてこられた

「MURAKAMI VERSAILLES」が示すコンテクスト

  • 安西 洋之,中林 鉄太郎

バックナンバー

2011年1月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あけましておめでとうございます。

 昨年10月20日からスタートした本連載ですが、「ローカリゼーションって、海外市場向けだけでなく、国内や人の関係でも言えることですね」と読者の方からメールを頂くことがあります。そういう声が嬉しいです。

 なぜなら、意識の変化を促し、新たな視点を持ってもらうことが、ローカリゼーションについて書く、もう一つの目的としてあるからです。今年もいろいろなアングルからローカリゼーションを語ってみます。そこから何らかのヒントを得ていただければ幸いです。

 さて、ここからいつもの調子へ。今回のテーマは、アートです。

西洋美術の文脈を読み込んだ

 現代美術家の村上隆の展覧会が、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿で昨年9月から3カ月間にわたって開催されたのをご存じだろうか? 

 ヴェルサイユ宮殿には現代美術の展覧会を10年もの間、継続的に毎年開催するというプログラムがある。村上隆は3年目、つまり3人目のアーティストに選ばれた。

画像のクリックで拡大表示

 17世紀のバロック様式の建物の中に、村上隆のポップな作品が展示された。「フランスと言えば、豪華絢爛たるヴェルサイユ宮殿」と思い描く、現代美術に全く関心のない観光客の目にも村上隆の作品が触れた。「誰? タカシ・ムラカミって?」というところから始まっている。

 2003年、フランスのルイ・ヴィトンとのコラボレーションでポップなバッグをデザインしたことが、日本で村上隆の名前が一般的に知られた契機だったろう。そもそもは2001年から始まった米国での『スーパーフラット展』の巡廻で大きな反響を集めたことが、海外市場においてアーティストとして地位を確立した。

 その後の活躍の詳細は省くが、作品の市場価値は世界でトップクラスである。1作品に、数億円の値がつくことも珍しくない。日本の美術市場で売買される日本人の大家の作品と比較すると、ゼロの数が1つもしくは2つは多い。

 村上隆は日本美術とそのサブカルチャーを自ら解釈し、その特徴を「スーパーフラット」と名づけた。二次元的な表現について日本のアートやマンガを包括した概念と言ってよい。それを西洋美術史の文脈にうまく乗せきった。

 すなわち、まず西洋美術市場のコンテクストとロジックにマッチする日本文化の見せ方を考え、そのうえで自分の作品をフィットさせた。自身の著書である『芸術起業論』(幻冬舎、2006年)に、その辺りの事情が記してある。

 これを私はローカリゼーションの成功事例として考えた。拙著『ヨーロッパの目 日本の目――文化のリアリティを読み解く』(日本評論社、2008年)の冒頭で、村上隆の事例を引用し、「こうした文脈の読み込みについて(日本の)メーカーは案外フォローしきれていません。日本についてその重要性を分かっても、外国での要求については忘れがちなのです。あるいは気が回りません」と書いた。今から2年以上前のことだ。

 2010年12月初め、みぞれが降る中、私はヴェルサイユ宮殿に向かった。「村上隆のローカリゼーション、その後」を実際に見ておこうと思ったのだ。

「「ローカリゼーションマップ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長