• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

最終回 会社での居心地の悪さは、社×のせいでは?

「行きたくなる会社」は、できること、小さなことから始めよう

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2010年12月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

あなたは本当に合っているのだろうか

 働く人の転職を支援しているリクルートエージェントが、転職を実現したビジネスパーソン約2500人に対して実施したアンケートが興味深い。

 「転職先を選ぶ際の優先項目」は何ですかという質問に対する回答の第1位は「勤務地」(47.3%)、第2位は「年収」(46.4%)だった。これらは転職時に限らず、働くうえでは本音で優先したい項目に違いない。さて、では転職先を選ぶ際に優先したい第3位の項目とは何だったと思われるだろうか。

 答えは「社風」だ。彼らは、「企業規模」「仕事内容」「企業の将来性」といった就職する際にはおのずと気になるであろう項目以上に、若干ではあるが「社風」をより優先すると答えている。「社風」には、社内の雰囲気というだけでなく、組織風土や企業文化、社内のコミュニケーションといった広い意味が込められているのだろうが、それにしてもにわかに信じがたい。想像だが、多くの転職者にとっては「社風」が合わなかったことが、転職を考えるきっかけとなっていたのではないだろうか。

 次の質問、「転職時に社風を重視したか」については、「かなり重視」「ある程度重視」を合わせて74.8%もの人が重視したと答えている。厄介なことに、なかなか「社風」は目に見えない。つかみどころがないだけに、“合う”人にとっては、空気のようで「日々気にしない」存在であり、働くことを楽しむうえでのベース(基礎)となっている要素かもしれない。一方で“合わない”人にとっては、日々働くうえでボディーブローのようにダメージを与え、知らないうちにストレスとして蓄積しているのだろう。

 社風が“合わない”ことに対する鬱積(うっせき)が、どうしようもなくたまって爆発しそうになったことが、結果として転職を決意するに至らせたのではないか。そう思えてならない。改めて、「社風」が“合う”“合わない”は、働くうえで無視できないベースの1つなのだと感じる。

 さらに「転職後に苦労した項目」はという質問への回答は、1位「仕事の進め方」(42.3%)、2位「社内文化」(39.4%)、そして3位「社内用語」(28.6%)と続く。上位3つはいずれも「社風」が背景にあると思われる。転職のきっかけとなって、転職の際にも「重視した」はずなのに、同じように「社風」の違いで苦労している。

 これをどう見るべきか。「転職する人は、社風が自分に“合う”か、“合わない”かを見極める目が足りなかった」のか。あるいは「今の会社の社風が自分に“合う”と思っている人は、幸運にも“合う”会社に巡り合えたに過ぎない」のか。

 うがった見方かもしれないが、「今の会社の社風は自分に“合う”」と思っている人は、本当に合っているのだろうか。気にしないように努めているだけで、正直ストレスを1人では処理しきれないでいるのではないか。それらは、「働くうえでは大人としてある程度我慢しないといけないこと」なのだろうか。

 『行きたくなる会社のつくり方』の最終回は、つかみどころがなく、日々働くうえで空気のようなベースとなっている「社風」を取り上げる。

コメント6件コメント/レビュー

「社風」は経営トップと業界(顧客)が作るように思います。 オーナーが30年以上、「裸の王様」状態で、顧客は我がまま放題の大企業だと。末端の課長に至るまで上に対しては「私は従順な奴隷でございまます」、下に対しては「プチ王様」として振る舞います。非常に働きにくい。   トップは親会社天下りだけども、親会社も業界も戦前からグローバル化されているようなところでは、独立独歩の気概と権限委譲が行き届き、働きやすい。 まあ 私の経験ではこんなところです。いまは、オーナー社長の下で働いてますが、顧客が大会社の傲慢さを余りださない業界なので、そこそこというtころでしょうか(2010/12/21)

「武田斉紀の「行きたくなる会社のつくり方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「社風」は経営トップと業界(顧客)が作るように思います。 オーナーが30年以上、「裸の王様」状態で、顧客は我がまま放題の大企業だと。末端の課長に至るまで上に対しては「私は従順な奴隷でございまます」、下に対しては「プチ王様」として振る舞います。非常に働きにくい。   トップは親会社天下りだけども、親会社も業界も戦前からグローバル化されているようなところでは、独立独歩の気概と権限委譲が行き届き、働きやすい。 まあ 私の経験ではこんなところです。いまは、オーナー社長の下で働いてますが、顧客が大会社の傲慢さを余りださない業界なので、そこそこというtころでしょうか(2010/12/21)

武田さんのコラムの主旨とは筋が違うかもしれませんが、最近色々なコラムや記事を読むたびに強く感じることがあります。それは、今の多くの経営者が行っていることに大きな違和感を感じることです。断片的になりますが、昨今就職難が叫ばれている中、グローバル化の名の下に国内の若者を雇用せずに海外の人材を積極的に採用している大企業のニュースや、円高や人件費高を理由に安直に海外生産にシフトする企業の姿はとても醜く感じます。税金や年金などの話題で若い世代にツケを残さないと言いながら、実態は人件費高の主因である高給取りの数多い団塊の世代が自分たちの高給を維持するために、人口が減っている若い世代にツケを回すどころか、むさぼり取っているという醜さを感じます。更に、賃金で報いることができなくなると、仕事のやりがいとか生きがいといった精神論で押さえ込もうとしている印象を受けます。私自身も、人間誰しも根本には武田さんのコラムの主旨のような考え方があると思っていますが、今の多くの経営者からそのような姿勢が見受けられないので矛盾を感じます。自分がひねくれているのですかね。(2010/12/21)

確かに自分に合わない社風はウザいですね。でも、ものは考えようです。自分に無理やり取り込もうとすると社風アレルギーや消化不良起こして、自分には合わないなぁとの結論になる。そうじゃなくて、自分の心をゆったり持って「あぁ、そんな会社もあるわけだ、狭い日本も結構広いんだ」と思いつつ、自分の本分を果たせばいいんじゃないかな。さらっとかわして、仕事の力量あげるため!ヤな事でも頑張るんだ!!と考えてみれば、それも一つの解決法かも。それでもダメなら転職しかないけど、未知の社風に対応する覚悟はいるよ。でないと、どこ行っても同じ事の繰り返しでしんどいよ。相手は自分に合わせてくれないから、自分がどれだけ合わせられるか、でしょうか。もちろん、無理しない程度で、自分の体調と相談しながら、ですが。(2010/12/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授