• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第3講 現代のリーダーに求められるのは“プロデュース力”

モノ的発想からコト的発想への転換が活路を開く

  • 野中 郁次郎,勝見 明

バックナンバー

2010年12月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 暗黙知と形式知の相互作用による知の創造プロセスをモデル化し、ナレッジマネジメント(知識経営)の世界的第一人者として知られる野中郁次郎・一橋大学名誉教授──。

 その野中氏が、本来持っていたイノベーションのDNAを失い、国際的な競争力を低下させ続けている日本企業の現状を憂慮。イノベーションの創出力を取り戻すための方策を緊急に説く。

 野中氏による緊急特別講義を、同氏とともにイノベーションの事例研究に取り組み、『イノベーションの知恵』(日経BP社)などの共著を世に送り出してきたジャーナリストの勝見明氏が書き下ろしでお届けする。

 第3講の今回は、知識創造が企業の競争力を左右する知識経営の時代のリーダーに求められる発想の転換について解き明かす。

 ディシジョンからジャッジメントへ──。

 リーダーの条件といえば、従来は意思決定力、すなわち、ディシジョンメイキングの能力が重要とされてきた。しかし、今はそれ以上に、その時々の関係性や文脈を読み取り、タイムリーに最善の判断を行うことができる能力、すなわち、ジャッジメントの能力が米国でも注目され、バラク・オバマ大統領もジャッジメントという言葉を多用している。

 ディシジョンはアルゴリズム(計算手法)やプログラミングさえ間違っていなければ、コンピュータでもできるかもしれない。しかし、現場で個別具体の出来事の背後にある本質をつかみ、普遍的な概念に結びつけて判断することは実践知に優れたリーダーしかできない。

 最善の判断を行う時、リーダーの脳裏にはどのような光景が浮かぶのだろうか。

新たなコトを提供したアップルのスティーブ・ジョブズCEO

 世の中には、モノとコトの両面がある。一例を挙げれば、携帯型音楽プレーヤーの世界で不動のブランド力を誇ったソニーのウォークマンから一気にシェアトップの座を奪った米アップルのiPodはモノなのか、コトなのか。

 iPodのモノとしてのハードは、特にアップルの優れた技術が投入されているわけではない。iPodを構成する部品や技術、すなわちモノ的な要素は既存のものだった。

 同社CEO(最高経営責任者)のスティーブ・ジョブズ氏の功績は、別のところにある。まず本体のハードと、音楽管理ソフト、音楽配信サービスをトータルに組み合わせ、どのレコード会社のミュージシャンの曲もネットワークからいつでもデジタル情報のまま取り込んで楽しむことができるという新しいコトを生み出した。それが消費者の圧倒的な支持を集めた。

コメント4件コメント/レビュー

第3講 現代のリーダーに求められるのは“プロデュース力”。モノ的発想からコト的発想への転換が活路を開く。この記事を拝読致しまして、私の意見を申し述べたく思い投稿いたしました。1.使用者がわかり易いモノであること。野中先生のモノからコトへの移行について、少し前まで各電子機器にはスマートメディア、MDなどメーカー別、機器別に多種多様な記憶媒体が設定されていました。そのため、使用者はわかり難く、使う以前から抵抗感のようなものがありました。そこに登場したのがiPodで、インターネット機器を介したUSB対応で、とても使いやすいと感じました。2.日本にとって必要なこと。かつて日本の成功は、デファクトスタンダードであったとよく言われます。これに対抗して標準化(ISO)があげられます。欧州の推進する標準化は、統一的で規格化されているものです。しかし、日本の掲げる標準化は、使う人がわかり易く、技術進化が排他的にならない使い勝手のよいものを提供するべきと思います。いつでも使う人は、最も良いものを自由に選択して使いたいから。そのために、近未来のイマジネーション力を備えた豊かな発想力を持つことが急務であると思います。草々(2010/12/24)

「野中郁次郎の緊急特別講義 日本発イノベーションモデルを取り戻せ!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

第3講 現代のリーダーに求められるのは“プロデュース力”。モノ的発想からコト的発想への転換が活路を開く。この記事を拝読致しまして、私の意見を申し述べたく思い投稿いたしました。1.使用者がわかり易いモノであること。野中先生のモノからコトへの移行について、少し前まで各電子機器にはスマートメディア、MDなどメーカー別、機器別に多種多様な記憶媒体が設定されていました。そのため、使用者はわかり難く、使う以前から抵抗感のようなものがありました。そこに登場したのがiPodで、インターネット機器を介したUSB対応で、とても使いやすいと感じました。2.日本にとって必要なこと。かつて日本の成功は、デファクトスタンダードであったとよく言われます。これに対抗して標準化(ISO)があげられます。欧州の推進する標準化は、統一的で規格化されているものです。しかし、日本の掲げる標準化は、使う人がわかり易く、技術進化が排他的にならない使い勝手のよいものを提供するべきと思います。いつでも使う人は、最も良いものを自由に選択して使いたいから。そのために、近未来のイマジネーション力を備えた豊かな発想力を持つことが急務であると思います。草々(2010/12/24)

久しぶりに意義深い言葉を聞いた気がします。軽い略語とは重みが違うなと。モノ作り業界にいますが、図面や仕様、納期、さらにはコストダウンに集中し過ぎて、創造性や精神が後回しになりがちです。モノの中にコトを見出せるのは少数派かも知れません。でも、例えば、英語できなくても海外に技術支援に行き、現地人と大酒飲みつつ、仕事上でケンカしつつもきっちり仕事やり遂げる人もおります。決められた形状の中に、エンジニア魂が宿ってるとしたら、それもコト作りと言ってもいいでしょうか。(2010/12/23)

 グローバルな『コトづくり』はモノづくりと違ってごく一部の日本人にしか不可能です。なぜなら、「コトづくり」には「コトバ」つまり外国語が不可欠だからです。 世界に冠たる外国語音痴かつ恐怖症の日本人が、どうしてモノづくりと同じスケールで「コトづくり」が可能だとお考えなのでしょうか?「言語の壁」をナメているとしか思えません。(2010/12/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長