• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ひねくれ者になって見つける「ありえない組み合わせ」

新ビジネスのネタ探しの盲点と発見のコツ

  • 斉藤 由多加

バックナンバー

2010年12月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、料理職人のプロ発言にめげずに、「ありがちなトレンド追従ではなく”あり得ない組み合わせで商品を発想”して、賞味期限のリードタイムを稼ぐ」という話をしました。

 今回は、その「あり得ない」というケースをすこし掘り下げてみます。世の中が当たり前だと思っていることを疑問に思い、どこまで「あり得ないものを見つけることができるか?」のヒント集のようなものです。

人類がすでにあきらめてしまっている“3~4割のムダ”の中にあるもの

 

 この写真は、いわゆるパーキングです。パーキングビジネスは、しばらくの間使わない土地の有効活用の手法として知られています。

 しかし写真をみれば分かる通り、実はこの駐車空間の3~4割程度は、誘導路という名の空き地です。これ、言い換えると、つまり金を生まない「空白の空間」です。

 大小いくつものパーキングの写真を比較してきたけれど、このムダ空間は減らしようがない。最新戦闘機のように垂直離陸でもしないかぎり、この「ムダ空間」の比率は形の悪い小規模パーキングではもっと顕著になります。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 例外に見えるのが、下の写真のように「公道」を使っているケース。

画像のクリックで拡大表示

 スペース活用効率は100に近づくように見えますが、よく見ると公道をちゃっかり導線に使ってるというトリックがありまして、その面積まで加味するとむしろ空白空間の比率は割高になる。大規模パーキング開発ではあきらめなきゃならないわけで、いわば例外。

コメント2

「“しーマン”の独立独歩」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長