• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人気の実物大「ガンダム」「ヱヴァ」に半日密着

「ヒット商品ランキング」の取材現場から

  • 神農 将史

バックナンバー

2010年12月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 12月5日、快晴。記者は、静岡市で開催中の「静岡ホビーフェア」に向かっていた。決して遊びではない。目的は、日経ビジネスが実施した消費者1万人調査による「ヒット商品ランキング」で、50位に入った「実物大ガンダム」の人気を確かめるためだ。

 午前11時過ぎにJR東海道本線の東静岡駅に降り立つ。改札を出てすぐに、窓越しにはっきりと18mの高さを誇る実物大ガンダムの姿が目に飛び込んできた。


家族連れから50代夫婦まで集めるガンダム

 ガンダムの足元まで近づく。真下から見上げるガンダムは迫力十分で、青く高い冬の空に映えていた。18mの実物大というのは、有無を言わせぬ、凄みがある。周りを見回してみると、多くは30代後半~40代前半と見られる男性が家族と一緒に楽しんでいる。

静岡ホビーフェアの会場に立つ実物大ガンダム。記者の滞在中、「タッチ&ウォーク」の列が途絶えることはなかった(写真:廣瀬 貴礼 以下同)

 しばらく見学していると、近隣施設で就職希望者向けの合同説明会があったようで、少しずつリクルートスーツに身を包んだ大学生が増えていった。男性ばかりではなく、女性同士のグループもいる。半日ほど来場者を観察した限りでは、特に世代も性別も偏りはなさそうだ。それどころか、ガンダム世代と呼ぶには少し上の世代だと考えられる50代と思しき夫婦が実物大ガンダムを背にして記念撮影していたなんて光景もあった。

 実物大ガンダムは、30分に1回、首を動かし、各部から水蒸気を噴き出す。その時には誰もが実物大ガンダムを見上げ、歓声をあげる。併設されている売店には、静岡ホビーフェア限定デザインのプラモデルを手に入れようと、数十人の行列ができていた。

 この実物大ガンダムが初めてお披露目されたのは、2009年夏。東京・お台場で公開され、415万人を集めた。その中の1人が静岡市長である小嶋善吉氏だ。多忙な業務の合間を縫ってお台場に2度も足を運ぶほど、実物大ガンダムの静岡移設を熱望していた。

 その背景には、静岡市が「模型の世界首都」として地域振興を進めていることがある。静岡市にはタミヤ(旧・田宮模型)や青島文化教材社など、誰しも一度はお世話になっただろうプラモデルメーカーが本社を構えている。もちろん、ガンダムのプラモデルを製造するバンダイの工場もある。

 この地の利を生かし、県内外から人を集めて盛り上げようというわけだ。静岡ホビーフェアもこの一環であり、目玉として実物大ガンダムに目をつけた。ちなみに2010年はガンダムのプラモデルが発売されて30周年に当たる。これを記念して、お台場とはデザインを少し変えている。

来場者の半分は県外で、うち15%が宿泊希望

 実物大ガンダムの集客力は抜群だ。12月前半で静岡ホビーフェアの来場者は110万人を超えた。「これだけの人を集める観光資源は、残念ながら現在の静岡市にはない」と、ホビーフェアを指揮する静岡市地域産業課の竹下秀人氏は語る。

 経済の波及効果も見込める。最も来場者が多かった8月には、静岡駅前のホテルの稼働率が10~15%上昇し、「実物大ガンダムが来ると言っても、どうせ日帰り客ばかりだろう」と考えていたホテル関係者を驚かせた。「プラモデルを抱えた家族連れなど、明らかにホビーフェア目当ての宿泊客が目立った」とホテルセンチュリー静岡の紀平宏之・宿泊支配人は指摘する。

 静岡市が8月にホビーフェア来場者2545人を対象に実施したアンケートでは、県外からの来場者が過半数を占めていた。しかも、そのうち15%が「市内に宿泊する」と回答している。

コメント0

「日経ビジネス リポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長