• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「孔明の罠」の呪縛

秋山真之と『孫子』に学ぶ戦略と戦術〈4〉

2011年1月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 秋山真之に対する有名な形容の一つに、「智謀湧くが如し」があります。まさしく名軍師の颯爽とした姿を彷彿とさせる言葉ですが、では中国史のなかで、これと同じ形容が当てはまる人物は誰かと考えてみると……。おそらくその筆頭にあがるのは諸葛孔明ではないでしょうか。ただし、史実の方ではなく、あくまでフィクションの登場人物としての孔明の話ですが…。

 なにせ孔明の智謀たるや、敵の行動を読み切って到る所に罠を仕掛けておき、曹操や司馬仲達などをいつもキリキリ舞いさせてしまうのです。「孔明の罠」という言葉もありますが、まさしく敵側の方は「孔明の奴め、次は何を仕掛けてくるんだろう」「また罠ではないのか」と脅えながら、行動せざるを得なくなるわけです。

 しかし、ここで一つ疑問。人は、現実の世界においても、孔明のような智謀を本当に発揮することができるのでしょうか。真之でいえば、彼は日露戦争の際、先々の展開を完全に読み切ったうえで、作戦計画を立てられたのでしょうか。

 実は、答はイエス/ノーの二分法でいえば、ノーに近いのです。そして、ここにこそ戦略というものの一つの考え所があります。今回は、競争環境はどこまで予測可能か、という観点に注目して、戦略の本質を掘り下げていきたいと思います。

「勢」の全体図を見極めて有利に適宜動く

 競争環境の予測という点では、『孫子』劈頭の始計篇に、ちょっと解釈の難しい、こんな言葉が置かれています。

・ 「勢」とは、その時々の情況にしたがって、臨機応変に対処することをいう(勢とは利に因りて権を制するものなり) 始計篇

 この「勢」という文字、文脈によって「情勢」とか「勢い」と訳し分けられたりしますが、戦場をゲームの盤面にたとえるとするなら、おそらく次のような意味を現わしていると解釈できます。

 「敵や味方、第三者勢力などが、大小のエネルギーを持ちながら、盤面中に配置されている。そのエネルギー分布を『勢』という」

 このニュアンスが、俯瞰した場合には「情勢」となり、個々の立場に収斂すると「勢い」となるわけです。そして、敵や味方、第三者勢力のエネルギーは、食糧事情や周囲の環境、疲労度などさまざまな要因によって、強くなったり弱くなったりします。この全体図を見極めて、自分の有利なように適宜動くことが重要だ、という指摘なのです。

 そしてポイントは「権を制する」、つまり「臨機応変の対処」の部分なのです。

まるでアニメの『攻殻機動隊』のような世界

 実は、同じ『孫子』の始計篇には、こんな言葉も置かれています。

・ 開戦に先立つ作戦会議で、勝利の見通しが立つのは、勝利するための条件がととのっているからである(それいまだ戦わずして廟算勝つ者は、算を得ること多ければなり) 始計篇

 この書き下し文にある「廟算」という言葉、一般向けの『孫子』解説書には「敵の出方を見切って、勝てる作戦計画を立てること」のように書かれていることがあります。しかし、実はこの解釈、よほどよい条件が揃わない限り、成り立ちません。なぜなら『孫子』自身のなかにも、次のような指摘があるからです。

コメント3件コメント/レビュー

「計画で8割が終わる、しかし計画は所詮計画に過ぎない。」当たり前のことだと思っていましたが、成程近年の戦術戦略に疑問符が付きまとうのはそういうことでしたか。そもそも戦術と戦略の区別がついているのかすら怪しい場合も多いですが・・・▼とは言え昔に比べて情報の質・量は大きく変わったと思います。これを処理するにコンピュータはまだ一般的でなく(判断し処理する技術はあるようですが)、個人では多くの場合不可能です。そこを判断すべきがリーダーだと言えばそれまでですが、しかし発想として戦略に行き着く前に飽和する場合が多いのかもしれない、という読後感を抱きました。(2011/01/05)

オススメ情報

「明治の男に学ぶ中国古典」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「計画で8割が終わる、しかし計画は所詮計画に過ぎない。」当たり前のことだと思っていましたが、成程近年の戦術戦略に疑問符が付きまとうのはそういうことでしたか。そもそも戦術と戦略の区別がついているのかすら怪しい場合も多いですが・・・▼とは言え昔に比べて情報の質・量は大きく変わったと思います。これを処理するにコンピュータはまだ一般的でなく(判断し処理する技術はあるようですが)、個人では多くの場合不可能です。そこを判断すべきがリーダーだと言えばそれまでですが、しかし発想として戦略に行き着く前に飽和する場合が多いのかもしれない、という読後感を抱きました。(2011/01/05)

秋山兄弟の成功は、彼らが真っ白な心で、つまり先入観なしで西洋の技術や軍事を学び、その時点で見た正しい事、間違ってる事を全て受け入れ、理解してから、自分の理論を構築したからだ。あらゆる情報を正確に理解し、選択し、常に柔軟性を欠かさない、心の広い人物だったのだろう。この姿勢は、戦は勿論、ビジネスでも役に立つ。理論を参考にしてもそれだけに頼らず、自策に溺れず、間違いを即座に正せる優秀な指導者だったのだ。(2011/01/05)

 もはや,中国は仮想敵国です.彼らは,伸張する経済力を背景として軍備を拡張し,欧米の弱体化に乗じて,日本や東南アジアに対する支配力を強める具体的な計画(最終的には領土/領海の割譲まで要求)を持っていると云わざるを得ません.日本の政界,経済界などにおいて,これに対処する戦略を考えている人士および組織はあるか? これが日本の由々しき問題.(2011/01/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授