• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「孔明の罠」の呪縛

秋山真之と『孫子』に学ぶ戦略と戦術〈4〉

2011年1月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 秋山真之に対する有名な形容の一つに、「智謀湧くが如し」があります。まさしく名軍師の颯爽とした姿を彷彿とさせる言葉ですが、では中国史のなかで、これと同じ形容が当てはまる人物は誰かと考えてみると……。おそらくその筆頭にあがるのは諸葛孔明ではないでしょうか。ただし、史実の方ではなく、あくまでフィクションの登場人物としての孔明の話ですが…。

 なにせ孔明の智謀たるや、敵の行動を読み切って到る所に罠を仕掛けておき、曹操や司馬仲達などをいつもキリキリ舞いさせてしまうのです。「孔明の罠」という言葉もありますが、まさしく敵側の方は「孔明の奴め、次は何を仕掛けてくるんだろう」「また罠ではないのか」と脅えながら、行動せざるを得なくなるわけです。

 しかし、ここで一つ疑問。人は、現実の世界においても、孔明のような智謀を本当に発揮することができるのでしょうか。真之でいえば、彼は日露戦争の際、先々の展開を完全に読み切ったうえで、作戦計画を立てられたのでしょうか。

 実は、答はイエス/ノーの二分法でいえば、ノーに近いのです。そして、ここにこそ戦略というものの一つの考え所があります。今回は、競争環境はどこまで予測可能か、という観点に注目して、戦略の本質を掘り下げていきたいと思います。

「勢」の全体図を見極めて有利に適宜動く

 競争環境の予測という点では、『孫子』劈頭の始計篇に、ちょっと解釈の難しい、こんな言葉が置かれています。

・ 「勢」とは、その時々の情況にしたがって、臨機応変に対処することをいう(勢とは利に因りて権を制するものなり) 始計篇

 この「勢」という文字、文脈によって「情勢」とか「勢い」と訳し分けられたりしますが、戦場をゲームの盤面にたとえるとするなら、おそらく次のような意味を現わしていると解釈できます。

 「敵や味方、第三者勢力などが、大小のエネルギーを持ちながら、盤面中に配置されている。そのエネルギー分布を『勢』という」

 このニュアンスが、俯瞰した場合には「情勢」となり、個々の立場に収斂すると「勢い」となるわけです。そして、敵や味方、第三者勢力のエネルギーは、食糧事情や周囲の環境、疲労度などさまざまな要因によって、強くなったり弱くなったりします。この全体図を見極めて、自分の有利なように適宜動くことが重要だ、という指摘なのです。

 そしてポイントは「権を制する」、つまり「臨機応変の対処」の部分なのです。

まるでアニメの『攻殻機動隊』のような世界

 実は、同じ『孫子』の始計篇には、こんな言葉も置かれています。

・ 開戦に先立つ作戦会議で、勝利の見通しが立つのは、勝利するための条件がととのっているからである(それいまだ戦わずして廟算勝つ者は、算を得ること多ければなり) 始計篇

 この書き下し文にある「廟算」という言葉、一般向けの『孫子』解説書には「敵の出方を見切って、勝てる作戦計画を立てること」のように書かれていることがあります。しかし、実はこの解釈、よほどよい条件が揃わない限り、成り立ちません。なぜなら『孫子』自身のなかにも、次のような指摘があるからです。

コメント3

「明治の男に学ぶ中国古典」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長