• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

本物に触れて新しい可能性を開く

――北斎に学ぶイノベーション[1]「情報化のプロセス」を疑え!

2011年1月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。今回はお正月らしく、和のネタでお話してみましょう。

 突然ですが、下の「版画」一体何色で刷られているでしょう?

葛飾北斎「富嶽三十六景」の中でもとりわけ名高い「神奈川沖波裏」

(引用元:第1回 世界的な傑作、「神奈川沖浪裏」の大波

 松の内です。まずは名作をゆっくりご覧頂ながら、これが何色で摺られているか、色を数えてみてください。

コメント8件コメント/レビュー

無音と無地。はっとしました。今まで気づかなかった発想です。既成のことをそのまま土台にするのではなくゼロベース、先ずは自分の頭で考えてみよ、ということに通ずるのでしょうか。(2011/01/05)

オススメ情報

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

無音と無地。はっとしました。今まで気づかなかった発想です。既成のことをそのまま土台にするのではなくゼロベース、先ずは自分の頭で考えてみよ、ということに通ずるのでしょうか。(2011/01/05)

今年も年賀状の図案を市販ソフトを使って作成し、市販家庭用?プリンタで印刷しましたが、白色は地(紙)の色を利用していますよね。・・・・・これはちょっと話が違いますか?(2011/01/05)

「音符を積み重ねるのではなく、無音の状態、つまり沈黙をどうやって活かすか」→あくまで個人的感想ですが、この視点がすごく好きです。そこはCDでは感じられない、生であり、リアルがあってはじめてできるものかなと。機械(器械)で、音の世界もそうですし、美術とか、本とか、どこまで再現できるのでしょうか? ちょっと新年の疑問がわいてきました。(おやさん)(2011/01/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

開発中の製品はすべて 私の頭の中に入っていますよ。

竹内 明雄 竹内製作所社長