• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

掛け声倒れに終わらない挑戦する風土づくり

サイバーエージェント人事本部長、曽山哲人氏と語る(前編)

2011年1月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「大人の学習と成長」「経営学習論」「職場学習論」という新たな研究領域を次々と創り出し、企業の人材育成担当者たちから注目を集めている新進気鋭の研究者、中原淳・東京大学大学総合教育研究センター准教授。このコラムでは、中原准教授が実務家や研究者と対談し、大人の学習のあるべき姿や進化形を模索する。

 今回の対談相手は、中原准教授がプロデュースする「Learning bar@Todai」の前回にゲストスピーカーとして登場した曽山哲人氏。インターネットサービス大手サイバーエージェントの取締役人事本部長として、社員に挑戦を促す施策を打ち続けている。その取り組みをまとめた書籍『サイバーエージェント流 成長するしかけ』(日本実業出版社)は人事担当者たちの間で話題を呼んだ。

 再会した2人は社員が挑戦する組織風土づくりやそうした風土を支える人事のあり方について論じ合った。その模様を2回に分けてお届けする。

サイバーエージェントの曽山哲人人事本部長がゲストスピーカーとして登壇した「Learning bar@Todai」の様子(特記以外の写真:陶山 勉)

中原 前回のLearning barにご登場いただき、改めて御礼申し上げます。曽山さんは以前からいろいろなところで講演をされていますが、通常の講演と比べて何らかの違いは感じられましたか。

曽山 そうですね。Learning barでは、始まる前から聴衆のみなさんが周囲の人と名刺を交換して、雑談を交わしていました。これは、通常の講演ではまず目にすることのない光景でしょう。

 そうした雰囲気の中、私も聴衆に混ざって開始の時を待つ。それまで経験したものとは異なる緊張感がありました。でも、いざ始まってみると、意外とスムーズに話せましたね。スタート前の雑談を通じて、聴衆の方々も私も“ウォーミングアップ”ができていたのでしょう(当日の様子はこちら)。

中原 曽山さんにゲストスピーカーをお願いした理由は、実は3つありました。第1の理由は、「挑戦」をテーマとして取り上げたかったからです。

 背景には、人材の育成において「挑戦させることが大事だ」と盛んに言われるようになっていることがあります。人が仕事を通じて成長するには、難しい課題に挑戦して、その結果を振り返り内省するという「PDCA」のサイクルを繰り返すことが重要だという認識が広まってきている。

ただ「挑戦しろ」と言うだけでは、人は挑戦しない

中原 ですが、これは簡単なことではない。「挑戦しろ」と言われても、それだけで人はなかなか実行しようとはしないからです。まず、挑戦して失敗するのが怖いということがある。さらに、日々の仕事に追われて忙しく、「何か新しいことに挑戦したくても、そんな余裕も気力もない」ということもある。

 こうしたハードルがある中で、曽山さんのご著書などを拝読すると、サイバーエージェントでは社員に挑戦を促す組織風土をうまく作って、成果を挙げているという印象を持ちました。その秘訣をLearning barで話していただき、参加者の方々と共有したいと考えたのです。

コメント0

「中原淳のラーニングバー@日経ビジネスオンライン」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者