• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

はやぶさ救った「1個のダイオード」

削られなかった“ムダ”がニッポンの快挙をたぐり寄せた

  • 吉田 就彦

バックナンバー

2011年1月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今やビジネスの世界はITが普及して、コンピュータによる事業管理が全盛の時代である。POS(販売時点情報管理)システムで瞬時に現場の売り上げ状況が分かるようになり、経営者やマネージャーにとっては、社内イントラネットに駆け巡る情報が次の手を打つ際に有効な情報となっている。ビジネスの最適化や「見える化」が志向され、効率化によるROI(投資収益率)が求められているのだ。

 しかし、果たしてそれだけがビジネスにおいて最善の道なのだろうか。その効率化指向が、実は今の日本の閉塞感を生んでいるひとつの原因なのではないか。特にメーカーなど大ヒットを生む事が命題である開発の現場では、排除されがちなムダや試行錯誤が必要なのではないか。

 自社にヒット商品やヒットサービスが出ないと嘆く経営トップの悩みや、結果がなかなか出ないことから焦燥感を感じている現場の原因は、実はいつの間にか社内にはびこった行き過ぎた効率化の後遺症なのではないか。

 ITを駆使する効率的経営を指向するあまり、せっかく生まれようとしているヒットの芽を摘み、ビジネスチャンスにチャレンジする勇気が削がれているのではないか。現在、日本の閉塞感の本当の原因は、このような「最適化の罠」にはまっていることなのではないかと思うのである。

 今その罠から脱出しなければ、これからの日本の成長はない。

 この連載コラム「ムダこそが大ヒットへの近道――最適化の罠」では、その罠にはまらなかった好例や、はまってしまった悪例を交えて論じることで、日本が元気になっていく知恵の1つとして「最適化の罠」からの脱却を提言する。

 第1回目のテーマは、2010年の日本の元気印となった「はやぶさ」の快挙に見る「最適化の罠」からの脱却である。

日本国民を熱狂させた「はやぶさ」

 2010年6月13日の小惑星探査機「はやぶさ」の地球への帰還劇は、多くの日本国民を熱狂させた。「はやぶさ」本体が大気圏に突入して燃え尽きる様は幾度となくテレビでも放送され、これまで伝えられてきた幾多の困難を思う時、その「はやぶさ」の最後の雄姿はまるで自分が頑張ったことのように国民の感情を揺さぶった。

 天皇陛下が、2010年のうれしい出来事としてこの「はやぶさ」のことを挙げ、「決してあきらめず、様々な工夫を重ね、ついに帰還を果たしたことに深い感動を覚えました」と話されたということにも象徴されている。

コメント39

「ムダこそが大ヒットへの近道――最適化の罠」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO