• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

即戦力をめぐる企業と大学の“共犯”関係

自分都合のオトナたちが若者の芽を摘む

2011年1月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大学って、いったい何をするところだったのだろうか?

 かつての大学は間違いなく「学問」をする場だった。少なくとも大学進学率が3割に満たなかった1970年代前半までは、「貧乏人には学問は必要ない」なんて言い回しがドラマなどでよく使われていたように、大学が存在する目的も、そこに行くのも学問のためだった。

 仕事に就くために大学の学問が必要だったケースもあるかもしれないが、おおむね大学と仕事は、別ルートに存在する立場にあったと考えられる。

 ところが大学に行く人が次第に増え、高等教育を受けることが特別なことではなくなったころから、大学が仕事へのルート上に組み込まれるようになる。加えて、「入る時は難しいけれど、出るのは簡単」とばかりに、大学に入学することが目的と化し、大学の存在意義が揺らぎ始めた。

80年代にレジャーランドと化した大学

 私が大学受験をした1980年代後半には、既に大学は「遊ぶ」場だった。

 代返は日常茶飯事だったし、テストでカンニングするのも当たり前。部活やサークル、そして、バイトに明け暮れた4年間で、学問漬けになった記憶は一度もない。卒論だって提出期限前の2カ月間くらい必死やったくらいで、いわば一夜漬け。情けない話ではあるが、真面目に学問に取り組んだ記憶がほとんどない。

 あれほどバカで、無責任で、ヒマで、ぜいたくな時間はなかったように思う。そんな自分たちの怠惰な学生時代を、「ああいう無駄な時間って、人生に必要だよね~」などと、ついつい正当化してしまうのだが、はっきり言って恥ずかしいし、申し訳ない、とも思っている。

 学費を出してくれていた親にも、国立で税金を使っていた立場からも……。今からどうすることもできないけれど、当時は遊ぶ目的で大学に行くことに何ら疑問を抱かず、「若さの特権だ!」などと豪語していたのだから、余計に始末が悪い。

 もちろん学問をしっかりやっていた学生もいたのだろうけど、私のように遊んでいても卒業できたことは事実であり、私が言うのも何だが、そういった大学の仕組みには大いに問題があったと思う。

 そして、今。そんな“大バカ大学生”を輩出していた大学が、再び、様相を変えようとしている。

今の大学は企業の“下請け”に

 「キャリア教育を充実させようってところまでは良かったんです。今じゃ、完全に就職予備校。いや、下請けっていってもいいかもしれない。企業が求める人材を教育する場に大学がなってるんですよ。大学も生き残りをかけてるから、就職に強い大学にすることが使命になってきました」

 「この先も新卒の雇用が増える気配はありません。その一方で、企業が学生に求める資質は急激に高まっている。で、その資質っていうのが即戦力だと。おかしな話です。学力が低いって散々言っていたと思ったら、今度は人間力を高めて即戦力になる人材が欲しいと。企業も勝手だし、それに右往左往している大学も大学ですよ」

 こう嘆くのは知人の大学教授である。

 経営危機におびえる大学と、厳選採用を豪語し、なぜか強気な企業サイド。

 報道によれば、文部科学省が昨年11月に経済同友会などの企業側と大学側が参加する懇話会を設置した際にも、企業側から「大学教育の中で、即戦力となる人材を育ててほしい」との要望が出されていたという。

 即戦力って何なのだ? 中途採用でもあるまいし、新人で即戦力などあり得るのだろうか?

 そもそも、いったいいつから人材を育てるのが大学の役目になってしまったのか? これじゃ企業は、子供のしつけをすべて学校に委ねるモンスターペアレンツと同じじゃないか?

 「やっと専門分野の学問を習得できる3年生になった途端、就職することしか考えず、学問をしようという熱意など全くない学生に、授業をするのは苦痛だ」

 前出の教授の話では、こうこぼす同僚の先生も多いらしい。

 というわけで、今回は、大学と企業の不条理な関係性について、考えてみようと思う。

コメント61件コメント/レビュー

かくも深き、理系と文系の溝ですね。 コメントのように理系終身者は、大学教育の重要性とその後の仕事とのつながりを肯定します。実験レポートの提出の厳しさは、社会人としての仕事のやり方の基本となるものでした。論理指向、レポートの書き方(論理的日本語の使い)勿論専門分野の基礎知識等、どれ一つ無駄なものなどありませんでした。残念ながら、バブル時代に技術職より金融業という大きな流れから、理系に進むべき優秀な学生が大幅に減り始め、私大は経営のため入学レベルの低下を図り、結果企業の期待すべきレベルに達しない新人の応募に対処せざるを得ない状態なのです。(正に即戦力にならない) 勿論文系は昔からレジャーランド化しており、講座の内容も十年一昔変わっていないようです。企業もこの事から、専門性など期待せず、ただ、体力気力で体育系とか、有名ブランド出身とか、何らかのコネとか、万を越す応募の断りのため、「即戦力」の必要性(本当は期待等ない)をことさらに言うのです。(2011/01/21)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「即戦力をめぐる企業と大学の“共犯”関係」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

かくも深き、理系と文系の溝ですね。 コメントのように理系終身者は、大学教育の重要性とその後の仕事とのつながりを肯定します。実験レポートの提出の厳しさは、社会人としての仕事のやり方の基本となるものでした。論理指向、レポートの書き方(論理的日本語の使い)勿論専門分野の基礎知識等、どれ一つ無駄なものなどありませんでした。残念ながら、バブル時代に技術職より金融業という大きな流れから、理系に進むべき優秀な学生が大幅に減り始め、私大は経営のため入学レベルの低下を図り、結果企業の期待すべきレベルに達しない新人の応募に対処せざるを得ない状態なのです。(正に即戦力にならない) 勿論文系は昔からレジャーランド化しており、講座の内容も十年一昔変わっていないようです。企業もこの事から、専門性など期待せず、ただ、体力気力で体育系とか、有名ブランド出身とか、何らかのコネとか、万を越す応募の断りのため、「即戦力」の必要性(本当は期待等ない)をことさらに言うのです。(2011/01/21)

「学生の質が落ちた」ごもっとも。「政治家の質が落ちた」確かに。では「社会人の質」「日本人の質」は?(2011/01/19)

「CAがトイレ掃除することは論理的でない」というのは間違っていると思います。 論理はただの計算ではなく、人の気持ちや周囲環境も考慮して判断することです。人の気持ちは論理的じゃないと言われるかもしれませんが、景気や顧客満足度に換算できるから論理的根拠になります。ですから、「トイレを使うお客さんが気持ちよくなるからCAが掃除する」は論理的な行動です。顧客満足度を上げ、お客さんが次もANAを使う可能性を高めます。 問題は「論理的である」ことを「要領よく効率よく仕事をやること」だとベテラン方が勘違いしていること、そして何がムダで何が必要かについて理由も考えずに取捨選択しようとしていることだと思います。 ちなみに、「立ち席を作って乗れる人数を増やし、チケットを安くする」は「当時やっている会社がない」という理由で却下されたのですよね。最初にやるリスクに見合ったリターンが得られないと判断するのも論理なら、大きなリターンを得られるかもしれないからやろうと判断するのも論理です。(2011/01/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授