• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人の成長は「問い」から始まる
リーダー研修には限界と弊害がある

【第1回】人をもう一段伸ばす質問とは?

  • 鈴木義幸

バックナンバー

2011年1月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 好評いただいていたNBOコラム「風通しのいい職場づくり」「リーダーシップは磨くもの、磨けるもの」の執筆者・鈴木義幸さんによる新コラムです。

 新コラムのテーマは「人を動かす問いの力」。

 株式会社コーチ・エィの社長であり、自らコーチングのトッププロとして活躍する鈴木さんは、コーチングにおける「質問」は、質問者が何か情報を手にする場合だけでなく、相手に何かを得て欲しい場合の有効な手段になるといいます。

 新連載「鈴木義幸の人を動かす問いの力」では、上司が部下に「既成概念を破るような思考」を培ってもらうための、上司の「質問」の方法を、隔週で連載します。上司が質問能力を高めれば、部下の問題解決能力はみるみる高まっていくものだ、ということを伝えていきたいと思っています。

 ある若手の経営者に問いかけたことがあります。

「本当は、どうしたいんですか」

 病気で倒れたお父様の会社を、20代後半で突然継ぐことになった彼は、日々窒息しそうな量の仕事を抱えながら、どこか「自分は好きでこの会社を継いだわけではない」という意識を捨てきれずにいました。

 そんな彼に、私はコーチとして、「べき論」や「先人の事例」ではなく、「問い」を投げました。

「本当は、どうしたいんですか」

 彼は、このひとつの問いかけを起点に、自分自身で、自分の過去を整理し、未来を想像し、そしていま何をすべきなのかをその手に掴みました。

 タイミングよく投じられた問いは、相手が自らの成長に対して心からコミットすることを促す力をもっています。

 「問い」についての連載をスタートするにあたり、そもそも、なぜ問うということが人の成長に寄与するのかを、示したいと思います。

考える人は知識・経験と結ばれる

 まず、成長をする人は、つねに考えているものです。

 「どうすればリーダーとして成長できるだろう」と考え続けている人は、“リーダーアンテナ”がつねに高く伸びて感度がビンビンとなっています。

 この日経ビジネスオンラインを読むにしても、つねに考えている人は、「こんなやり方もあるのか。試してみよう」と思うし、お客様と話していても、「こんな立ち居振る舞いを自分もリーダーとして身につけたい」と思うし、映画を見ていても、「この主人公のチームのまとめ方は参考になるかもしれない」と、思うわけです。

 逆に、「どうすればもっとよいリーダーになれるだろう」という考えが埋め込まれていない人は、どれだけ日経ビジネスオンラインを読んでも、記事の内容はただの情報に過ぎず、右から左へと抜けていきがちになります。行動を起こすことに結びつく知恵には転化されません。

 成長する人は、つねに「考えている」わけです。

 哲学者の野矢茂樹さんは、著書『はじめて考えるときのように』の中で、「考える」ということを次のように表現しています。

〈答えの候補が現れたとき、いつでもぼくはそれをつかまえられるように、「チューニング」してるってわけだ。何かが思い浮かんだときに、「これがあの問題の答えかもしれない!」って声が響く。その声に耳を澄ましていること。集中して考えているときには、それを鋭敏に研ぎ澄まされている。他の声に耳をかさず、すべてをその問題に関係させて、「これだ!」という声を待つ。そういうとき、ぼくたちは「考えている」って言うんじゃないだろうか〉

コメント3件コメント/レビュー

大変共感した。職務上,多くの学生に話をし,又話を聞く機会に恵まれた。その中で感じるのは,最近の学生の「うなづく力の無さ」である。話を聞き,それに肯定・否定の意見を持てば自然に「しぐさ」に出るだろう。その一つが「うなづき」だと思う。それがないのだ。彼らはこれまでの教育の中で「考えない訓練」を受けてきたように見える。義務教育を挟んで12年以上に亘って「正解」を教えられ続けていると感じる。そうした素地を持った学生にいきなり「考えろ」といっても,あるものは戸惑い,あるものはパニックになり,あるものは暴走して自説に突っ走りだす。そして,多くのものが,周りにある「答え」にすがりつこうとする。 もっとも,人間とは本来そうした行動を取る生き物だとも思える。彼ら学生にどう「考え」させたらいいのか。大変興味がある。以前から,「質問」は有効なツールとして利用してきたが「質問」,「問い」にはデメリットがある。時間がかかるのだ。又,「アハ!」という経験の価値は認めているが,それを待つ「ゆとり」が無いのだ。 「ゆとり教育」とは本来それを目標の一つにしていたのではないのかと思う。しかし,現実には大勢としては失敗したのではないだろうか。その成果(負債?)を負った大学生が就職の時期に入ってきた。彼らにどう「考え」させ,「問いを持ち続け」させるか。悩ましいところである。限られた時間の中でどうやって,相手の潜在する「問題意識」を掘り当て,掘り起こし,的確な「質問」を与えるか。今後の記事の中でお答えいただけたら望外の喜びです。「答え」を求めてはいけないのでしょうが…(2011/01/19)

「鈴木義幸の人を動かす問いの力」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

大変共感した。職務上,多くの学生に話をし,又話を聞く機会に恵まれた。その中で感じるのは,最近の学生の「うなづく力の無さ」である。話を聞き,それに肯定・否定の意見を持てば自然に「しぐさ」に出るだろう。その一つが「うなづき」だと思う。それがないのだ。彼らはこれまでの教育の中で「考えない訓練」を受けてきたように見える。義務教育を挟んで12年以上に亘って「正解」を教えられ続けていると感じる。そうした素地を持った学生にいきなり「考えろ」といっても,あるものは戸惑い,あるものはパニックになり,あるものは暴走して自説に突っ走りだす。そして,多くのものが,周りにある「答え」にすがりつこうとする。 もっとも,人間とは本来そうした行動を取る生き物だとも思える。彼ら学生にどう「考え」させたらいいのか。大変興味がある。以前から,「質問」は有効なツールとして利用してきたが「質問」,「問い」にはデメリットがある。時間がかかるのだ。又,「アハ!」という経験の価値は認めているが,それを待つ「ゆとり」が無いのだ。 「ゆとり教育」とは本来それを目標の一つにしていたのではないのかと思う。しかし,現実には大勢としては失敗したのではないだろうか。その成果(負債?)を負った大学生が就職の時期に入ってきた。彼らにどう「考え」させ,「問いを持ち続け」させるか。悩ましいところである。限られた時間の中でどうやって,相手の潜在する「問題意識」を掘り当て,掘り起こし,的確な「質問」を与えるか。今後の記事の中でお答えいただけたら望外の喜びです。「答え」を求めてはいけないのでしょうが…(2011/01/19)

著者の主張そのものには共感できます。しかし、甘すぎる。昨今の「ゆとり世代」にはほぼ通用しないでしょうね。「教えないで教える」つもりで彼らに接すると、「この先輩はなぜ答えをさっさと教えてくれないのだろう。まったく無能な人間だ」と思われておしまいです。もちろん全員が全員ではないでしょうが、よほど「リーダーになりたい」と思っている人でもないかぎり、最近の若者には通用しないと思います。(2011/01/19)

まったくそのとおりです。私も問題解決のために考え続けて解決策がひらめいたことを経験しています。今国を相手に5年以上の裁判を続けています。これこそ最高裁までを相手にした問いかけの連続です。私は考え続けることでこの戦いに必ず勝てると信じています。(2011/01/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授