• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2010年の「ブレなかった大賞」は?

ブレると何がいけないのか、ブレないと何が良いのか

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2011年1月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

私が選ぶ「2010年ブレなかった大賞」は?

 あの人はブレている。あの組織はブレていない──。

 「ブレる、ブレない」という言葉は、流行語大賞にはノミネートされなかったものの、2010年のちまたでは実によく聞かれた。

 本のタイトルにも結構使われている。『絶対ブレない「軸」のつくり方』(南壮一郎著、ダイヤモンド社)、『桜井章一の「ぶれない生き方」』(桜井章一著、 PHP研究所)、『ぶれない人』(小宮一慶著、幻冬舎)、『ぶれない男 熊井啓』(西村 雄一郎著、新潮社)、『岡田ジャパン ブレない「組織脳」』(児玉光雄著、主婦の友社)、そして女優・黒木瞳さんの著書『私の場合 ブレない大人への段階』(講談社)。アマゾンで2010年発刊のものを検索しただけでもこれだけある。

 私自身もこのコラムの中で頻繁に使ったように記憶している。そこで“ブレウォッチャー”の一人として、誠に勝手ながら「2010年ブレなかった大賞」を選ばせていただこうと思う。インターネットアンケートでも無作為抽出による電話アンケートでもない、武田斉紀が勝手にセレクトさせていただいた。「いつの間にそんな賞が新設されたのか」と信じてしまった方、ごめんなさい。

 では早速発表しよう。栄えある「2010年ブレなかった大賞」は、サッカー日本代表の前監督、岡田武史さんにささげたい。先ほどご紹介した本の中にもあったが、この結果には読者のみなさんにとってもそれほど異論がないのではないか。

 岡田さんの代表監督としての一歩は、さかのぼること1998年のサッカーワールドカップ・フランス大会に向けたアジア地区最終予選の途中で前任の監督が更迭され、コーチという立場から昇格して始まった。そして何とかアジア最後の出場枠を勝ち取り、日本にワールドカップ本大会への初出場をもたらしてくれたのだ。残念ながらフランスでの本大会では予選リーグ3連敗。むしろ注目されたのは、当時主力で現在も現役で活躍中の三浦知良選手らを大会直前に外したことだった。

 マスコミやファンからは大いにたたかれたが、岡田さんは自分の信じるやり方を変えずに貫いた。そうだ、この時も彼は周りに流されず、ブレなかったのだ。

 因縁はこれで終わらなかった。2010年のワールドカップ・南アフリカ大会。今度は前任のイビチャ・オシム監督が突然倒れたことで、2008年より再び監督に就くことになる。岡田さんは、本大会での目標を「ベスト4で世界を驚かせる」と宣言した。現実離れした目標だったが、夢を見るのもいいじゃないかという声も少なくなかった。日本代表は2009年、アジア地区最終予選でオーストラリアに次いで2位ながら、早々に本大会出場を決める。だがその後本大会の直前になって、全く結果を残せなくなる。

 2010年4月に行われた国際親善試合で主力のいないセルビアに完敗し、大勢のサポーターから解任要求が日本サッカー協会に寄せられた。次戦の韓国にも完敗。進退伺いとも取れる発言で波紋を呼ぶも、岡田さんは続投する。連敗はイングランド、コートジボアールと続き、バッシングは頂点に達する。それでも彼は自分の信じるやり方を貫いた。

 敵がボールを持ったら2人以上で囲んですぐに奪うという守備重視の戦術。パワーや身長で勝る相手に、日本人ならではの強みで勝負する。岡田さんはどんなにたたかれても「ベスト4」の御旗を降ろさなかった。

 もはやサッカー解説者やサポーターだけでなく、国民の多くが「本大会では1勝だって無理」とあきらめた。ニュースに映る成田空港で選手たちを見送る人影はまばらだった。私の周りにも本大会が始まる前から「ワールドカップは終わった、日本戦は見ない」という人が少なくなかった。しかし結果はご存知の通りだ。

コメント17

「武田斉紀の「ブレない組織、ブレない生き方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長