• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最終講 イノベーション力の再生に欠かせない「身体性の復権」

人間主体のマネジメントが知識創造を誘発する

  • 野中 郁次郎,勝見 明

バックナンバー

2011年1月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 暗黙知と形式知の相互作用による知の創造プロセスをモデル化し、ナレッジマネジメント(知識経営)の世界的第一人者として知られる野中郁次郎・一橋大学名誉教授──。

 その野中氏が、本来持っていたイノベーションのDNAを失い、国際的な競争力を低下させ続けている日本企業の現状を憂慮。イノベーションの創出力を取り戻すための方策を緊急に説く。

 野中氏による緊急特別講義を、同氏とともにイノベーションの事例研究に取り組み、『イノベーションの知恵』(日経BP社)などの共著を世に送り出してきたジャーナリストの勝見明氏が書き下ろしでお届けする。

 最終講となる今回は、日本発のイノベーションモデルを取り戻すカギを握る「身体性の復権」とその方法について、企業の実践例を交えながら明らかにする。

 企業活動における大きな流れとして、「身体性の復権」が始まろうとしている。身体と身体で触れ合い、向き合うことの大切さを再認識する傾向だ。端的な話、日本企業で最近、社員運動会や独身寮が復活しつつあるのも、その一例だろう。

 この特別講義ではトヨタ、ホンダをはじめとする自動車メーカーやサントリーの商品開発、「新横浜ラーメン博物館」やJR東日本のエキナカ商業空間「エキュート」といった施設の開発、「死の湖」と呼ばれた霞ヶ浦の再生など、多様なプロジェクトを紹介してきた。

 どの事例にも共通しているのは、リーダーとメンバーが現場でさまざまな事柄を体感し共体験する、あるいは、真正面から向き合って議論するなど、人間の身体性を重視していたことだ。

身体性が軽視され、知の停滞が始まった

 人間は身体(ボディ)とマインドとで成り立っている。身体性を重視する仏教文化が根づく日本では本来、「体で覚える」「手で考える」といった表現がよく使われるように、身体とマインドは不可分のものだった。

 身体に埋め込まれた知が暗黙知であり、マインドの知が形式知であるとすれば、我々日本人はそれぞれが相互に作用し合う中で新たな知を生み出してきた。第1講で紹介したSECIモデルは、それを理論化したものにほかならない。

画像のクリックで拡大表示

 ところが、ある時から形式知ばかりが横行するようになり、知の停滞が始まった。日本発のイノベーションを取り戻せるかどうか。そのカギは、身体性の復権にある。

 身体の持つ意味合いや役割について、その重要性を再認識する動きは欧米でも広まっている。欧米ではこれまで、身体とマインドを分けて考える傾向が続いてきた。

 典型が米国流のビジネススクール(経営大学院)だ。身体とマインドを分離し、初めから言語化されて抽象化された知識を与えてきた。これに対し、米国の国内などでも警鐘を鳴らす声が上がっている。

ミンツバーグが展開したMBA教育批判

 経営学の世界的権威、カナダ・マギル大学教授のヘンリー・ミンツバーグ教授は著書『MBAが会社を滅ぼす~マネジャーの正しい育て方』(日経BP社)の中で、米国流のビジネススクールで行われるマネジメント教育の現状に対して鋭く批判した。

 ミンツバーグ教授によれば、マネジメントとは本来、「『クラフト(=経験)』『アート(=直観)』『サイエンス(=分析)』の3つを適度にブレンドしたものでなくてはならない」という。

 ところが、米国流のMBAプログラムは、サイエンス、すなわち分析とそのテクニックが中心になり、現場をろくに知らない卒業生たちが、現場経験の豊富な部下たちを管理するという事態を招いていている。その結果、分析至上主義が横行し、「決定的な悪影響」を及ぼしてしまうと危機感を募らせたのだ。

コメント0

「野中郁次郎の緊急特別講義 日本発イノベーションモデルを取り戻せ!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手