• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「内向きな若者」論議のまやかしと不毛

伝統工芸の老舗主人に教わった「本当に世界に通じる」ということ

2011年1月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「日本で平凡に暮らしたい」
 「時差のある海外で忙しく働きたくない」

 こう主張して海外勤務を拒否する「内向き」若手社員の処遇に企業側が苦悩している。そういった内容の記事が先週、新聞に載っていた。

 内向き──。最近やたらとメディアに登場する言葉だ。

 もっと海外に目を向けないと国際競争力が失われる。日本が生き残るにはグローバルに活躍できる人材が必要だ。日本で1番を目指しても世界では通用しない……。

 内向き非難派から、内向き肯定派まで。いろいろな立場の人が、さまざまな意見を展開している。

 また、海外勤務を拒否する傾向が強まっている原因については、「共働き夫婦が増えた」「イクメンが増えた」といったライフスタイルの変化や、昔と違い途上国への転勤が増えているといった社会状況の変化などが指摘されている。

 どれもこれもごもっともに聞こえる意見で、「なるほどね~」とうなずきそうにもなるのだが、う~む、やはりどうにも合点がいかない。

 私事ではあるけれど、私が小学校4年生の時に、父親が海外に転勤することになった。まだ、子供だったので記憶にあいまいな部分もあるが、当時の『我が家の出来事』を思い返すと、最近の内向き問題に関する議論にかなりの違和感を覚えるのだ。

 そもそも、本当に『内向き』傾向が強まっているのだろうか? 内向きな人たちが目立つようになっただけで、昔と何ら変わっていないのではないか、と。そんな素朴な疑問がわいてくる。

 そこで今回は、「本当に内向きなのか?」というテーマで考えてみようと思う。

父の海外転勤が家族に投じた波紋

 私の父は海外出張の多い人だった。私が生まれる時も、七五三の時も、小学校に入学する時も、運動会の時も、一緒にいてほしかった大切な行事の時にはいつも海外出張で、どの写真にも父の姿は残っていない。

 そんな父に長期間の海外勤務が命じられたのは、私が小学4年生、兄が中学校1年生の時である。場所はアメリカ南部のアラバマ州。

 それまでの海外出張は長くても1年半だったから父は単身で行っていたのだが、この時は3年以上にわたるため、「家族で行くように」と会社から要請されたのだった。

 「現地では、夫婦で出席しなくてはいけないパーティーがたくさんあるから、奥さんもパーティー用のドレスや着物を準備していくように」とも言われたそうだ。

 そんな事態を我が家族は、「はい、行きます!」と諸手を挙げて喜んだ……。となれば良かったのだが、残念ながらそうはならなかった。兄の進学問題が両親を悩ますことになったのである。

 当時、中1だった兄は、海外駐在の時期と高校受験が重なることになる。赴任先のアラバマ州ハンツビルという街に日本人学校はない。しかも、ビザの関係でよほどのことがない限り、一時帰国は許されない。つまり、海外に引っ越せば、帰国時に兄は高校1年生。「帰国子女」を受け入れてくれる高校に編入しない限り、戻る場所がなかったのである。

 今であれば、帰国子女枠なるものを設けている高校は結構ある。だが当時は「帰国子女」という言葉も普及していなかった時代だ。編入を受け入れてくれる都内近郊の高校はたった1校。しかもかなりの進学校だった。

 運良く編入試験に合格することができれば問題はないのだろうが、日本の勉強をしないで受験をすることには、両親も兄も不安を感じていた。通らなければ一浪して、翌年に後輩たちと一緒に高校受験をしなくてはいけなくなる。中学生という難しい年齢で、一浪し後輩と一緒に受験することは、兄にとって厳しい選択だと両親も懸念したのだ。

 そこで毎週、仕事が休みで父が家にいる日曜日に家族会議が開かれた。応接間に父、母、兄、私の4人が集まり、「アメリカに家族みんなで行くべきか、それとも父だけ単身で行くべきか?」について話し合ったのである。

コメント52件コメント/レビュー

身内に留学した人が3人おりますが、うち2人がいわゆる「外こもり」になりました。海外のどこに行っても日本人コミュニティがある現代では、モラトリアムのために進学し、さらなる逃げ場を求めて留学し、結果、留学先で社会人になることも出来ず、かといって日本の社会にもなじめずに時間をかけてドロップアウトしただけの人が相当数いるように思います。ちなみに海外にそれなりの期間いたのに、日本人コミュニティに浸っていたので、語学力も残念とか…。そういう人を見ると、海外に行ったから何なんだろうなぁとしか思えませんね。 仕事での赴任はまた別でしょうけれど。 個人的には、極めて単純に、日本より不衛生で治安の悪い場所には行きたくないです。(2011/02/01)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「内向きな若者」論議のまやかしと不毛」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

身内に留学した人が3人おりますが、うち2人がいわゆる「外こもり」になりました。海外のどこに行っても日本人コミュニティがある現代では、モラトリアムのために進学し、さらなる逃げ場を求めて留学し、結果、留学先で社会人になることも出来ず、かといって日本の社会にもなじめずに時間をかけてドロップアウトしただけの人が相当数いるように思います。ちなみに海外にそれなりの期間いたのに、日本人コミュニティに浸っていたので、語学力も残念とか…。そういう人を見ると、海外に行ったから何なんだろうなぁとしか思えませんね。 仕事での赴任はまた別でしょうけれど。 個人的には、極めて単純に、日本より不衛生で治安の悪い場所には行きたくないです。(2011/02/01)

すっきり。なんでも若者の資質だけにすりつけようとする昨今の論調は気持ち悪かった。(2011/02/01)

留学生数や意識調査の統計数字の解釈と、自身の経験を語った結論が「どっちでもいい。内向きなんて言葉に惑わされるな」では、あまりにプアと思います。惑わされるな、と言っているご本人が、内向き非難派の「もっと海外に目を向けないと国際競争力が失われる。日本が生き残るにはグローバルに活躍できる人材が必要だ。日本で1番を目指しても世界では通用しない」という言葉について、なにも指摘が無いのも残念です。本来は、このように企業や国の視点から、人のことをとやかく言う言葉にこそ、惑わされる必要が無いはずです。多極化、多様化していく世界の中で、日本が独力で今までの繁栄を続けられないのは事実なのですから、その中で自分の人生戦略をどうするのかを考え、そこで外向きになるのか、内向きになるのかの是非を論ずるべきでしょう。ご多忙とは思いますが、表面的な言葉にばかり反応するのではなく、もう少し熟慮したコラムを御執筆戴きたいと思う次第です。(2011/01/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長