• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「TOEIC730点」「海外勤務」高まる就職ハードル

人気300社ランキング、最後の「草食系」就活か

2011年1月31日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「イマドキの学生は内向き志向」
 「ゆとり世代はガッツに欠ける」

 そう評される2012年卒の学生たち。「草食系」な彼らは、一体どんな企業で働きたいと考えているのか。

 そして採用する企業にとっても、そんな彼らをどう引きつけるか、悩むところだ。一体、何が彼らの心を捉えるのか、と。

 2012年度就職戦線の実情を探るべく、日経ビジネスは一大調査に乗り出した。

 学生の志向を探るため、「就活」学生の必須サイト「みんなの就職活動日記」(楽天)と協力して、約5000人の学生に「就職したい企業」を5社選んでもらった。

 その結果を詳報する。そこから見えてくるのは、「チャレンジよりも平穏無事」を願う、「リスク回避」志向の高まりだ。

2012年度「就職人気企業ランキング」
順位 全体 票数
1位 伊藤忠商事 346
2位 三菱東京UFJ銀行 275
3位 全日本空輸(ANA) 266
4位 資生堂 255
4位 明治グループ(明治製菓・明治乳業) 255
6位 オリエンタルランド 252
7位 電通 246
8位 大日本印刷(DNP) 245
9位 ベネッセコーポレーション 243
10位 味の素 232

調査概要:「みんなの就職活動日記」(楽天)が主体となり、日経ビジネスと協力して、「みん就」サイト上のウェブアンケートと、「みん就」主催の就職イベント会場でのアンケートを実施。調査期間は2010年10月1日~12月12日。調査対象は2012年卒業予定登録学生会員で、4959人から回答を得た。

※11位から100位までのランキングはこちら

※101位から200位までのランキングはこちら

※201位から300位までのランキングはこちら

伊藤忠、ダントツのトップ

 総合ランキングの上位には、商社やメガバンク、大手メーカーなど、名の知れた企業が並んだ。

 1位は伊藤忠商事。2位と約70票の大差をつけ、ダントツの人気を勝ち取った。今回、他の総合商社も軒並み高い人気を集めている。だが、食料分野などが好調な伊藤忠商事は、学生から圧倒的な支持を受けた。2010年3月期決算で売上高、営業利益ともに業界第2位に躍進したことも効いた。海外の大学も含めて幅広い採用活動を行い、応募資格に「伊藤忠商事の役員・社員の親子・兄弟姉妹でないこと」と明示した。それがリベラルな社風をうまく学生に伝えることにもなり、人気を後押ししたと見られる。

 昨年1位だった全日本空輸(ANA)は順位を2つ下げて第3位に滑り込んだ。経営再建中の日本航空(JAL)が新卒採用を控えているため、航空会社志望の学生はANAに一極集中した格好だ。

 不況が長引く中、食品関連の企業も人気が高い。明治グループ(明治製菓、明治乳業)は昨年より順位を7つ上げ、資生堂と並ぶ4位に急上昇した。

 10位の味の素も、昨年の16位から順位が6つも跳ね上がった。「食品産業は不況に強い」という定説を、学生の人気からも裏付けた。

 その一方で、これまではあまり注目されなかった企業の大躍進も見られる。その典型例が8位に入った大日本印刷だ。昨年の55位から大きくジャンプアップした。

 学生にとって、BtoB企業の存在感は総じて薄い。だが、「最近は就職が困難なだけに、大学のキャリアセンターは学生に対して『中小企業やBtoB企業にも目を向けるように』と指導している。BtoB企業でも、情報開示に力を入れれば学生を集められるご時世になった」と、楽天の矢下茂雄・みんなの就職事業長は指摘する(大日本印刷の取り組みについては、「日経ビジネス」1月31日号をご覧ください)。

コンサル、外資、マスコミが下落傾向

 次に、業界別ランキングから2012年度の傾向を見てみよう。

コメント10件コメント/レビュー

武田には技術力がないということがよくわかった投資不適だねうちの会社に来るアメリカ人、中国人は日本語の勉強を一所懸命するね、生活かかってるから。英語で話しかけると、逆に怒るよ・・本当に武田には魅力のあるものがないのでしょう。投資家のみなさんもよく考えましょう。(2011/02/02)

「あなたの会社は学生が殺到してますか?」のバックナンバー

一覧

「「TOEIC730点」「海外勤務」高まる就職ハードル」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

武田には技術力がないということがよくわかった投資不適だねうちの会社に来るアメリカ人、中国人は日本語の勉強を一所懸命するね、生活かかってるから。英語で話しかけると、逆に怒るよ・・本当に武田には魅力のあるものがないのでしょう。投資家のみなさんもよく考えましょう。(2011/02/02)

私は30代半ばの会社員ですが、就活関連のニュースなどを見るたびに違和感を感じています。企業は大卒・院卒の即戦力を求め、大学は就職内定率を競う。何かおかしくないでしょうか?大学は仕事の仕方を学ぶ場所ではありません。企業が即戦力を欲しがる気持ちも解りますが、効率を求めすぎて学生が専門知識を学ぶという大学の姿まで歪めるのが正しいとは思えません。大学側も、学生の確保のために就職率を稼ごうと、企業に合わせた社会人養成所の様な事はやめるべきです。仕事ができるできないは学歴では計れませんし、ましてやTOEIC730点あれば仕事ができるなんてありえません。新人の採用条件に730点を課すのなら、課長以上で800点未満の方は解雇してもらいたいですね。(2011/01/31)

自分を追い越さない程度に優秀な学生を採用しているんだよね。本当に会社が生き残るために必要な人材を取るなら、年功序列の抜け殻を捨てて、グローバルな実力主義で会社を回せばいいんだよね。でも、それは、怖くてできないんだよね。自分がクビになっちゃうかもしれないから。だから、えらそうなことはいわずに、年功序列で戦える会社にしたらいいと思うけど。よく日本らしさを出せというじゃない。(2011/01/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長