• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「日本のゲーム」に足りないこと

舞台設定した場所を知り尽くせ

  • 安西 洋之,中林 鉄太郎

バックナンバー

2011年2月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 欧州-日本間の長距離フライトに乗っていて気づくことがある。

 コンピューターゲームに熱中している人を見ていると、その多くが日本人なのだ。機内備え付けのゲームや携帯型ゲームを持ち込んで、遊びに興じているわけだ。

 もちろん、欧州の人だってゲームをやることもある。しかし、機内で使用比率は低いと思う。欧州の街中でも、駅のベンチなどでケータイのゲームにはまっている若者もいる。だが、彼らはスーツを着ていない。

 スーツを着た人たちがゲームに夢中になっている――。日本の通勤電車では、よくある風景だが、欧州ではほとんど見られないのだ。

 公の場でゲームをすることに、社会的な壁があるのだろうか。「壁がある」と断言はできない。ただ、ゲームの位置付けが、日本と欧州で異なることは容易に想像できる。

 イタリアで生まれ育ったからだろう。小学生の息子は、インターネットゲームについて、こうつぶやく。

「日本のゲームは、なんかぬるいね。あんまり好きじゃない」

 ところが、そんな言葉とは裏腹に、息子は任天堂DSで『スーパーマリオブラザーズ』に夢中になっている。Wii でサッカーゲームにはまると、時間が経つのを忘れるようだ。当然、私はイライラしてくる。「言っていることと違うじゃないか」と。

 つまり、欧州でも熱狂的に受け入れられる日本のゲームだって、あるわけだ。

 その境界線はどこにあるのか。ゲームの出来の問題なのか。はたまた文化の問題なのか。よく分からないが、欧州の人に受けるゲームには、何か傾向がありそうだ。

 そこで今回も、その道のプロにご登場頂こう。

 日本のゲーム会社が加盟する社団法人「コンピュータエンターテインメント協会(CESA)」。その団体が主催する「CEDEC」というイベントがある。ゲームを含むコンピュータエンターテインメント開発者に向けた日本最大のカンファレンスで、次々と最新技術の情報が発表され、関係者が交流する。

 CEDEC運営委員会委員長をつとめる吉岡直人氏に、最新のゲーム事情を聞いていく。

コンテンツでのジャンル分けが重要

安西:まず、基本からお願いします。世界のゲーム動向を見るには、どういう分類で見ていくべきか。例えば、ゲームの種類は「ゲーム機」「オンラインゲーム」「モバイルゲーム」という分け方でいいのでしょうか。

吉岡:つい最近までは、その区分けがメーンでした。しかし、現在ではハードウェアによる性能差が縮まり、携帯電話でも一昔前のゲーム機を凌駕します。また、ネットワーク接続も、デバイス間で大きな差はありません。そこで、ゲームコンテンツの特性によって、プラットフォームを選ぶようになりつつあります。

CEDEC運営委員会委員長の吉岡直人氏

安西:まず、ゲームの特性が重要になっているわけですね。では、どのようなカテゴリーに分けられますか。

吉岡:一般には「ロールプレイング」「シューティング」「アドベンチャー」といった感じで分類されます。でも、こうした分類は、今や「分類のための分類」になってしまったように感じます。

安西:では、どう分類すべきでしょうか。

コメント2

「「ローカリゼーションマップ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック