• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

就活でファン層を増やせ

採用戦略が企業の未来を決める

2011年2月3日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第1回の記事では、「2012年度 就職したい企業ランキング」上位300位の企業を紹介すると同時に、業界別ランキングを掲載した。

 第2回目は、より詳細な分析を元に、どの企業・業界に、どんな学生が集まる傾向があるのか探っていこう。

 まずは「男女別×文理別」で、人気の企業上位100社を見てみたい。


男子文系は商社とメガバンクが圧勝

 男子学生は、文系と理系で志望企業の傾向がはっきりと分かれた。

男性-文系ランキング
順位   総合順位
1位 伊藤忠商事 1位
2位 三菱東京UFJ銀行 2位
3位 三菱商事 14位
4位 丸紅 13位
5位 三井住友銀行 16位
男性-理系ランキング
順位   総合順位
1位 パナソニック 12位
2位 ホンダ 21位
3位 ソニー 17位
4位 旭化成 25位
5位 東芝 46位

調査概要:「みんなの就職活動日記」(楽天)が主体となり、日経ビジネスと協力して、「みん就」サイト上のウェブアンケートと、「みん就」主催の就職イベント会場でのアンケートを実施。調査期間は2010年10月1日~12月12日。調査対象は2012年卒業予定登録学生会員で、4959人から回答を得た。

※男子学生の100位までのランキングはこちら

 文系は商社とメガバンクが圧倒的な人気を集める。上位10社中、7社が商社もしくはメガバンクという「圧勝」ぶりだ。

 一方、理系は1位パナソニック、2位がホンダ、3位にソニーと、世界規模でビジネスを展開する大手メーカーが名を連ねた。「技術力を生かすなら、世界に通用する商品を手がけたい」との、理系男子の熱い思いの現われか。

 注目すべきは、文系男子の間で女性向け商材を多く扱うメーカーの人気が高まっている点。資生堂(68位)やユニ・チャーム(78位)など、女性的なイメージの強い企業が100位以内に続々と入っている。

 「女性向けの商品を多く扱うため、どうしても男性の応募が少なくなりがち。仕事内容を見ると、ガテン系でかなりハードなのに」(大手メーカー)。そう悩む企業にとっては、男子学生の目が向き始めていることは朗報かもしれない。

 一方、女子学生が志望する企業は、どういった傾向になっているのか。

女性が活躍するベネッセ、資生堂が人気

 ランキングから読み取れることは、女子学生は文系、理系問わず、「女性が働きやすい」というイメージが強い企業に人気が集まった点だ。

女性-文系ランキング
順位   総合順位
1位 ベネッセコーポレーション 9位
2位 オリエンタルランド 6位
3位 資生堂 4位
4位 全日本空輸(ANA) 3位
5位 JTBグループ 11位
女性-理系ランキング
順位   総合順位
1位 味の素 10位
2位 明治グループ(明治製菓・明治乳業) 4位
3位 花王 28位
4位 資生堂 4位
5位 カゴメ 44位

※女子学生の100位までのランキングはこちら

 文系では、旅行やレジャー関連業界、出版業界などの人気が高い。中でも、ベネッセコーポレーションや資生堂など、役職を持ち、最前線で活躍している女性がいる企業は「長く働き続けられそうで安心」とのイメージがあるようだ。

 ウェディング業界の人気も高い。22位のPlan・Do・Seeグループや41位のノバレーゼがその代表例。女性が現場で活躍している姿を目にする機会が多く、女性の感性を生かせる点も魅力に感じる女子学生は多い。

 理系は化粧品、日用品、食品系企業に多くの票が集まった。同じ理系でも、女子学生の場合はより身近な商材を扱う企業に惹かれるようだ。特に食品系は、上位10社中4社を占める。

 男性の収入だけでは生活するのが難しいご時世。結婚しても働き続けたいと考える女性が増えている。企業を選ぶ際にも、「産休・育休が取りやすいか」「福利厚生はしっかりしているか」といった点を気にする女子学生は多い。

 とはいえ、「働きやすそうだから」とのイメージだけで志望されるのは、企業としては手放しで喜べないところだろう。やる気のある女性をどう集め、どう活躍の場を与えるか。イマドキの企業が抱える課題のひとつといえそうだ。

 続いて、「企業に感じる魅力」別に、人気企業のランキングを見てみよう。

コメント0

「あなたの会社は学生が殺到してますか?」のバックナンバー

一覧

「就活でファン層を増やせ」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長