• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「シューカツは、中小企業から先に回れ!」の本当のわけ

働く人にとって「人生のモノサシ」発見の近道はあるか

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2011年2月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『ブレない生き方』の第一歩は、「人生のモノサシ」の発見

 前回のコラムではサッカー日本代表の本田圭佑選手を話題としながら、人生の目的や価値観、そして個性といったものは、「ハタチくらい」(社会に出る前の子供時代という意味)までにできあがっているものだと申し上げた。この人生の目的を指し、価値観を測る“モノサシ”は大人なら誰でも持っている

 このことは私のコラム内で何度かお話ししてきた。過去に1万人以上のインタビューを経験し、その中で多くの「人生理念の整理」にかかわらせていただいて得た実感だが、心理学や精神医学上もほぼ正しいそうだ。

 正確にはハタチくらいまでにできているのは、“モノサシ”の8割くらいと言うべきかもしれない。大人になって後に、それまでの人生観を根本からひっくり返すような経験をして、モノサシが変わる人がいる。詳しくはまたの機会とするが、実際にはそこまでの衝撃的な経験をする人は限られている。

 従ってハタチくらいまでにできあがったモノサシがほぼすべてと言っていい。もちろん、モノサシの種類は変わらなくても、目盛りの幅が広がったり、長くなったり、形などが少し変化することはある。それでも大きくは変わらない。ゆえに一人ひとりにとって自分の人生の目的を指し、価値観を測るモノサシが見つかれば、『ブレない生き方』ができることになる。

 ブレないモノサシがあると何が良いのかについては、このシリーズの最初に書いた。繰り返すが、仕事においては、会社として目指す目的や大切にする価値観が明示できれば、トップにとっても、それを共有できた幹部や管理職、現場にとっても迷いがなくなる。そしてあらかじめ提示された目的、価値観の下に、各人が自ら考え行動できるようになる。同じ仕事ならただ命令されるより、自分で考え工夫をした方が楽しい。

 目指すこと、大切にすることが一致していれば、自然と全社は一丸となれる。逆に一致していないことが分かった個人にとっては、そこで働き続けることのつらさを知り、より一致している場所を早く探せることにもなる(あるいはほかに選択肢がなければ、ひたすら石になって働くという覚悟もできる)。

 働くうえでも、生きるうえでも、モノサシの発見は早ければ早いほど、その後の人生の時間を充実させられる可能性が高くなる。

 だが、現実には多くの人が自分のブレないモノサシを見いだせないでいる。または目の前に見えていても確信が持てないでいる。だから周りの声や、環境の変化、葛藤する場面に出会うと時として判断がブレてしまうのだ。

 「では自分のモノサシをどうやって見つければいいのか」「発見には近道はあるか」という話になるだろう。それが今回のテーマだ。

 実は、私たちにとって「人生のモノサシ」発見の最初のチャンスは、新卒でのシューカツ(就職活動=就活)にあったのだ。そのことに気づいて意識している人は意外と少ない。

コメント15

「武田斉紀の「ブレない組織、ブレない生き方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック