• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

チュニジアもエジプトも「革命」ではない!

「G20後」食料価格の高騰監視は奏功するか

2011年2月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「G20」が日本時間の19日未明から2日間、パリで開かれました。食料や原油など原材料価格の高騰の予防、監視体制が議論され、不均衡是正を旗印とする共同声明を出して終わった形になっています。

 が、その実どうなのでしょう? 昨年来のこうした一次産品の価格上昇が、金融危機後米国が採った規制緩和の影響による投機的資金の流入と言われます。新興国や途上国に流入したマネーはインフレを引き起こし、食料価格の高騰はエンゲル係数の高い低所得層の生活を直撃する。

 それが何を引き起こしたか・・・言わずと知れた12月から1月にかけてのチュニジア動乱であり、まさかと思われたエジプトの政変、そして現在進行形で動いている中東や北アフリカのキナ臭い状況にほかなりません。

 サルコジ大統領が1月末「食料価格の高騰に監視を!」と、とりわけ声高に叫ばねばならなかった背景には、「チュニジア後」のアルジェリアなどへの波及が念頭にあったでしょう。そして実際に動乱のうねりはエジプトで政変を引き起こし、アルジェリア、リビア、バーレーンと、事情はさまざまですが、おのおの矛盾を抱える各地で、不安定な状況を作り出しています。

 そしてその不安定状況そのものがマーケットを冷やし、あるいは原油価格に跳ね返ってくる・・・困った状況ですが、いま考えたいのは3歩下がった視点からの「おさらい」です。

「ジャスミン革命」ではない!

 1月14日、軍に反旗を翻され、もはやこれまでと思ったチュニジアのベン=アリー前大統領は、亡命先として旧宗主国のフランスを希望しますが、ホットラインでつながったサルコジ大統領はこれを拒否、詳しい経緯はわかりませんが、ベン=アリー氏はサウジアラビアに亡命します。

 フランスは、民衆からノーを突きつけられた大統領を、いわば切ったわけです。ベン=アリー氏は冷戦末期の1987年、無血クーデターで政権を奪取してから、いわゆる「ソフト・イスラム」の優等生として、欧州各国とりわけ旧宗主国であるフランスの良き友人であり続けました。しかし政治の判断は厳しいものです。フランスはベン=アリー氏の命運ではなく自国の、いや欧州連合(EU)全体の、と言った方が良いでしょう、国益・メリットを優先しました。

 さらに追い打ちをかけるように、フランス系の報道機関はベン=アリー氏の親族が金塊を持ち出そうとしたなど、いくつかの報道を流します。結果的には間違いだったものもあったようで、このあたりにフランスとしての「情宣対策」の戦略がよく見えます。既に崩れ去ったものには用はない。むしろ石もて追ってでも、「次」を担うパワーとともに「チュニジアとフランスの良好な関係」を確保することに、分かりやすい舵取りをしたのだと思います。

 この1月14日のベン=アリーの脱出劇を含む政変が、直後から「ジャスミン革命」などと呼ばれていますが、あまりに早すぎるネーミングに、やや胡散臭いものを感じました。まだ次の政権首班も決まっていない、というより本当に民主的な選挙が実施されるかのも分からない。矢継ぎ早に暫定大統領に就任したモハメッド・ガンヌーシ元首相、フアド・メバザ元下院議長とも、ベン=アリー体制での長年の重鎮です。この政変がチュニジア史にとって本当に「民主革命」になるか、ならないかは、これから先に決まること。つまり現時点での「ジャスミン革命」というネーミングは、きわめて広告代理店的なキャッチフレーズだと言わねばなりません。

コメント11件コメント/レビュー

革命でしょう? 既存政権が選挙などの通常の手続きを踏まずに変わったのだから。(2011/02/24)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

革命でしょう? 既存政権が選挙などの通常の手続きを踏まずに変わったのだから。(2011/02/24)

白人がつくった世界が崩壊している延長上にある現象のような気がします。アフリカにまっすぐ引いた国境線。世界の終わりのはじまり?(2011/02/23)

「これが革命だ」と断言はせきないのですが、<チュニジアもエジプトも「革命」ではない!>という断言もできないと思います。市民の力でこれだけ長く続いた独裁政権が倒されたのは事実なのですから。人々が変革を求めて動き、そして独裁政権が倒された、という事実は日本社会と比較すれば、どれだけすごいことか、と私は考えます。その上で、これからどんな社会が現れるかは確かに未定型です。しかし、軍がいいかげんなまとめかたをしたら、あの広場に集まった民衆がそのまま引き下がるとは思えないのですが、どうでしょう。 また、日本のチュニジア研究の第一人者ともいえる明治大学の福田邦夫教授がWeb上で「誰もがベン・アリやムバラクは悪漢だ、と叫ぶ。悪漢には違いないが、彼らの背後でほくそ笑むグローバル資本こそが、独裁者を飼い馴らしていたことに注目しなければならないのではなかろうか」と発言しているのも注目に値すると思います。(2011/02/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長