• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「忙しい」社員はいい仕事ができない?

会社発展の原動力になる「あそび」の効用

  • 常盤 文克

バックナンバー

2011年2月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年度末が近づき、慌ただしい日々を送っている人も多いことでしょう。そうは言っても多くの企業で働く人たちは、年度末であるかどうかに関係なく毎日せわしなく動き回り、「時間がない」「時間が足りない」と嘆いているのではないでしょうか。

 それでは、ここで「足りない」という時間とは、そもそも何なのでしょうか。足りないのは量的で物理的な時間、つまり時計の目盛りで刻まれていく時間だけではありません。人間の心のうちにある時間、つまり人間が人間らしく生きることを可能にしている時間が失われ、足りなくなっているように思えてなりません。

時間に追われるばかりでは、心も仕事もやせ細る

 以前このコラムでも触れたことがありますが、ドイツの作家ミヒャエル・エンデの「モモ」という童話があります。この「モモ」は生きることや働くことの意味、そして人生のあり方を考えさせる作品です。

 モモの中でエンデは、「時間とは、生きること」「人のいのちは心が住処(すみか)」と書いています。つまり、人が時を過ごすことは、生きることそのものだというのです。エンデが言うように、人の命の本当の住処が心の中にあるのだとすれば、私たちは心の中の時間を大切にしなければなりません。

 ところが、時間に追われて暮らしていると、心も生活も、仕事もどんどんやせ細ってしまうように思います。「ワーク・ライフ・バランス」という言葉があるように、ただ働くだけでなく、たまにはゆっくり時間を取って体も頭も休めた方が、本来はいい仕事ができるはずです。

コメント13

「常盤文克の「新・日本型経営を探る」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長