• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ユーモアが分かると英米人に親しみがわく

“日英言語の最大の違い”を理解する

2011年3月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 英米人は、会話を楽しくしようと努力します。その気持ちは分かるのですが、銅メダル時代のぼくには、まじめな会話の時の方が気楽でした。彼らのユーモアが理解できなかったからです。今週は英米人のコミュニケ―ションの根底に流れるユーモアを解説します。

ユーモアは日本語に翻訳できない

「英語が話せるようになって、いちばん変わったことは何ですか?」
 とよく聞かれます。

 ジムに通い続けると体が頑丈になる。経営者は事業が成功し始めると自信にあふれた顔つきになってきます。英語ができるようになると、自分がどう変化するのでしょうか。

 実を言えば、大きな変化はほとんどありません。英語が話せるようになって、より論理的な日本語で話せるようになったということはありません。感情表現に変化が現れたということもありません。日英の両国語ができるということは、コインに例えれば、表には日本語が書いてあり、裏には英語が書いてある状態です。コインを投げたときにどちらの面が出るかの違いはあるにせよ、コインの価値(話す中身)は全く同じです。

 ところが、ユーモアだけは例外で、英語から日本語に訳しても通じません。アポロ11号が月に着陸したときの同時通訳で有名になった名通訳の西山千は、アメリカの要人の通訳をする前に、「ユーモアはやめてください。通訳できないから」と諭していたといいます。

 ぼくは、英米人的なユーモアのセンスを身に着けることができました。これは良いことなのですが、困った問題もあります。英米風ユーモアを日本語でも言ってしまうことがあるのです。ぼくのことを「面白くない洒落を言う人」と思っている人がいるかもしれません。これが英語を話すようになって起きた最大の変化です。

 なお、本論に入る前に、用語の定義をしておきます。この稿ではユーモアをジョークの一部としています。図表にあるように、「ジョーク」を「ユーモア」と「駄洒落、小話」の2つに分けます。これを「英米人にとって面白いか」と「日本人に分かるか」の2つの軸で見ることにします。

 概して、

(1) 駄洒落や小話は日本人にも分かり、英語でも面白い場合が多い。
(2) ユーモアは日本人には分かりにくいが、英語では面白い場合が多い。
(3) ただし、ユーモアには日本人に分かりにくく、英語でも面白くない場合もある。これは日本語 では皮肉になる。
 となります。

 ユーモアは日本人に分かりにくいとしましたが、笑える場合もあります。例えば、アメリカのレーガン大統領は狙撃され意識が朦朧とする中で、医師に向かって 「君は共和党員なんだろうね」 と尋ねたと言われています。ただし、このような例外を除けば日本人には理解できないユーモアの方が圧倒的に多いようです。

 今日は(2)と(3)に関する話が中心です。

コメント22件コメント/レビュー

すごく的を射た内容で面白かったです。自分もこんな風にユーモアを言えるくらいになりたいものです。でも何でもまじめに受け止めてしまうんだなあ。大阪の人は日本人の中でもユーモアが上手で素晴らしいですよね。(2011/03/07)

「英語は道具:銅メダル英語を目指せ」のバックナンバー

一覧

「ユーモアが分かると英米人に親しみがわく」の著者

林 則行

林 則行(はやし・のりゆき)

投資家

投資家。全く英語が話せないのに資産運用のノウハウ修得のため渡米、コロンビア大学MBAにぎりぎり合格。仕事力と日本人の強みを生かすことで、社内最低の英語力ながら海外運用機関で株式運用部長。現在独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

すごく的を射た内容で面白かったです。自分もこんな風にユーモアを言えるくらいになりたいものです。でも何でもまじめに受け止めてしまうんだなあ。大阪の人は日本人の中でもユーモアが上手で素晴らしいですよね。(2011/03/07)

毎週楽しく拝見しています。特に今回の記事は「あぁ、なるほど」とすごい感心して、しばらく考えさせられました。私事で恐縮ですが、現在オーストラリアの大学院へ在籍しておりまして、ネイティブのジョークについていけないことが多いです。ただ、ジョークと皮肉が紙一重というのは妙に納得しました。というのも、真剣なディスカッションの場においても頻繁にジョークが出てくるので、これも一つの表現なんだと理解しています。「笑い」に対する姿勢も的を得た表現をされているので、頭をかち割られた様な、良い意味で感動を覚えました。今後も継続して拝見したいと思うので、よろしくお願いします。毎回、英語に対する一般的な疑問に答えていただいているので、うれしい限りです。(2011/03/05)

本当に素朴な疑問なのですが、何故雑誌は届かなかったのに封書は手元に届いたのですか。まさか別の住所に発送するよう指定したわけでは有りませんよね。(2011/03/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員