• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

まだテレビ持ってる?

PCで人気ドラマを楽しむ時代

  • 津山 恵子

バックナンバー

2011年3月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ねえ、テレビ持ってる?」

 米国人の友人に、初めてそう聞かれた時は、面食らった。日本ではどんな貧乏学生だってテレビは持っている。

 もちろん、持ってますよ。しかし、この質問が多いこと。

 実は、米国の若者や学生は、アパートを借りてもテレビを買う人が少ない。しかも、ケーブルテレビ(CATV)を契約すると、月額数十ドルという視聴料がかかる。そんな余裕のある若者はあまりいない。

 だから、テレビを持っている友人を見つけたら、押しかけて人気番組を一緒に見よう、というわけだ。

テレビドラマをスタバで見る

 ところが、その質問がすっかり聞かれなくなった。

 なぜって、今ではテレビの人気番組は、オンライン上で無料で見られるからだ。日本の主要民放にあたる米ネットワークテレビ局の番組だけでなく、ニュースやドラマの専門チャンネルの番組まで視聴が可能だ。

 だから、「あー、まずい。見逃した!」という人気ドラマやリアリティーショーを、パソコンをクリックすればいつでも見ることができる。テレビ番組表で放映時間を調べて、ビデオの予約をする必要もない。ノートパソコンやiPadがあれば、見る場所も選ばない。

 刑事・犯罪ドラマをこよなく愛する私の場合、週に一度、米最大のネットワークテレビ局CBSのウェブサイトに行く。夜中過ぎにソファの上で、あるいは昼間スターバックスで、仕事の合間の息抜きにドラマをチェックする。

 実は、プライムタイム(米国の午後8時から午後11時)に放送されるドラマの視聴率ランキングでは、トップ10の半分以上をCBSのドラマが占めている。だから、CBSのウェブサイトに行くと、友人の間で話題になっている人気ドラマがずらりと並んでいる。

 目移りしてしまうが、そこは我慢して、犯罪ドラマに的を絞る。

 私のお気に入りは「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」。有無を言わせない厳格なリーダーの下に集まった3人の捜査官が、リーダーに取り入ろうとコミカルな競争心を見せながら、陰謀やテロといった事件を、最後には協力し合い解決していく。

 「クリミナル・マインド FBI行動分析課」は、FBI(米連邦捜査局)の捜査官たちが、全米で起きる奇妙な事件に、プロファイリングという犯人の行動・心理分析を駆使して立ち向かうドラマ。NCISに比べるとかなりシリアス調で、「何をまじめくさって」と、逆に吹き出してしまうこともある――。

 まあ、ドラマの紹介をはじめたらきりがない。数が半端じゃないので、パソコン画面をスクロールしながらドラマを選び、感心したり、吹き出したりしながら見ている。

 もちろん以前は、見逃した番組を見るためには、再放送を待つか、あるいは録画されたビデオを入手するしかなかった。しかし、今では、「そうそう、ネットで見ればいいんだ」とパソコンを開くだけ。

 「ねえ、テレビ持ってる?」

 そう聞いて回っていた若者たちも、今では夜中に宿題を終えてから、人気のトーク番組やドラマをオンラインで見ている。同時に、パソコン画面の片隅にフェイスブックの画面を表示して、友達とチャットする。

 「今、あのドラマを見てるんだけど、もう見た? このサイトに詳しい情報が出ているよ。ほら!」などとメッセージを投げながら、番組を視聴する。

コメント30件コメント/レビュー

ほかのコメントにもあるが、「まだテレビ持ってる?」というタイトルは、まだテレビ番組を見てる?という意味かと思った。アメリカのテレビ番組はそんなにおもしろいのだろうか。日本の番組がパソコンなどで自由に見られるようになったとしても、見たいものはほとんどない。(2011/03/04)

「津山恵子の「NY発 メディア新世紀」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ほかのコメントにもあるが、「まだテレビ持ってる?」というタイトルは、まだテレビ番組を見てる?という意味かと思った。アメリカのテレビ番組はそんなにおもしろいのだろうか。日本の番組がパソコンなどで自由に見られるようになったとしても、見たいものはほとんどない。(2011/03/04)

関連機器の進歩によりそりゃあテレビの見方も変るだろうが、放送法・電波法の関係で国ごとに事情は違うわけで、至ってローカルなことなんだから、NYはこんなことになってますと自慢げ(?)に言ってみた所で羨ましくもなんとも無いんですが。筆者はジャーナリストと自称するぐらいだから既に「若者」の域は超越しておられることとは思いますが、そもそも日本のお一人様の若者はテレビなんか見ないからね。勤め人とてテレビ内臓のディスクに大量に録画しておいてヒマな時に観るのが主流。無理してiPadなんぞの小さい画面で観るお一人様生活が先進的とは思いませんなあ。(2011/03/04)

こういう記事を見るとアメリカいいなあと思いますね。日本のテレビも面白い番組あるけど、いかんせんムダが多すぎます。じっと長時間テレビの前に座っていられるほどヒマじゃないですって。デマンドだとそういうムダはサクサクすっ飛ばせるのでいいのですけど(YouTubeには本当助かってます)。日本メディアのネット嫌いはなんとかならないもんですかね。(2011/03/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長